サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

関和学 早春のオカッパリはミノーがオススメ :第2回

ジャーキングのコツは"脱力"と"ラインスラック"【3~4月】

関和学=文
006
3月下旬、霞ヶ浦を含む利根川水系にはさまざまなパターンが存在する。
とはいえ、いずれも易しい釣りではないのだが、だからこそ開き直って「いち早く春の魚をねらう意識」が好釣果をもたらしてくれることがある。
そんなこの時期、関和学さんがお薦めするのはミノーシェイプのルアーたちだ。
第2回は前回挙げたルアーのうち、ふたつのジャークベイト、サイドステップとフェイスの使い方を解説しています。


※この記事は2015年5月号に掲載された「オカッパリで行こう! 第84歩」を再編集しています。

「気づけ!」のジャーク「寄ってこい!」のポーズ


 サイドステップSFはジャーキングで、フェイスはジャーキングをメインにリーリングやポンプリトリーブでも使用する。ジャークベイトとしては、単純に潜行深度の違いで使い分けている。

004 サイドステップSF(エバーグリーン)
11.7cm /18g/スローフローティング/潜行深度0~1.6m
利根川水系で実績が高いカラーの「トロピカーナ」。膨張色がこれでもかと盛り込まれている


007 008 「ルアーが見える」って大事なことです。今にも下からグワッとバスが出てきそうでドキドキしますな

014 フェイス(エバーグリーン)
11.5cm /18.6g/スローフローティング/潜行深度1~2m


 「ジャーキング」という操作の解釈の仕方はさまざまだけど、僕はリアクション効果はあまりねらっていない。ルアーが水中をビュンビュン跳びはねているときにガツン!と食ってくるよりも、ポーズ中にラインがポンと跳ねたり、ツツーっと動きだしたり、ポーズ後1発目のジャークで重みが乗ったりと、止めているときに「食う」ことのほうが断然、圧倒的に多いからだ。

 というわけで、「気づけ!」「ルアーはここだよ!」とジャークして、ポーズ中は「寄ってこい!」「食え!」と念じている。

ジャーキングのコツ
水中でキレイにアクションさせるために「脱力」と「ラインスラック」を意識しよう。

009 ①力まずにジャーク


010 ②ジャーク後は脱力。曲がったロッドが戻るとき、オートマチックにラインテンションが抜ける。このラインのたるみがないと、ジャークベイトはキレイにステップを踏んでくれない


011 ③続けてもう1発ジャーク


012 ④上手くできていれば、これでサイドステップは左右に跳ねてくれる。2ジャーク後は、ルアーをしっかりポーズさせるためにも、ラインテンションを抜いてあげよう


013 ⑤次の2ジャークへ移るためにラインスラックを回収するときは、ルアーを引っ張って動かしてしまわないように注意。静と動のメリハリは大事だ



  
 
 Basser4月号では、三寒四温と言われる悩ましい早春を釣るヒントを数多く紹介。実釣記事では、川島勉さんと田辺哲男さんが亀山湖で、並木敏成さんが相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。


 
 

クランキング・テクニックの基本から応用まで関和学さんが丁寧に解説!

 

「関和 学 クランキング講座」
DVD-115分

 

 

リザーバーを舞台に菊元流ハードベイトの使い方をレクチャー。

 

MOMENTUM2 ハードベイト・タクティクス

菊元俊文 DVD-150分

  
 

2017/3/15

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING