サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

フットコンエレキ×レンタルボートで始めるボートフィッシング入門 :第5回(最終回)

操船の初歩と釣るためのコツ

Basser編集部=写真と文


第1回:ボートフィッシングの魅力とレンタルボートの選び方
第2回:フットコンエレキとは?
第3回:ボートのセッティング手順と注意点
第4回:バッテリーの取り扱い
第5回:操船の初歩と釣るためのコツ

「ボートフィッシングを始めてみたいけど、乗り方がわからない」というアングラーへ、2014年3月号に掲載した茂手木祥吾さんによる解説記事を紹介します。
茂手木さんがオススメするのはフットコンエレキ×レンタルボートのスタイル。
最終回は湖上での操船テクニックの基本を解説します。


motegia 解説=茂手木祥吾(もてぎ・しょうご)
1974年5月26日生まれ。JB TOP50で活躍(2012年桧原湖戦優勝)するとともに、ダイワのスタッフとしてルアー開発に携わっている。総合釣り具店・キャスティングに勤務しており、エレキにまつわる相談を受けることも多い。

この記事は2014年3月号に掲載したものを再編集しています。

ペダルで方向を決め、スイッチで進む


 セッティングが終わったら湖上へ出てみよう!

 エレキの動かし方は単純明快。「ペダルの踏み込みで方向を決め、スイッチを踏むとその方向へ進む」だ。理屈は簡単でも思いどおりに動かすのには慣れが必要なので、最初に上手くいかなくても焦る必要はない。

 操船については湖上での実践あるのみ! ではあるのだが、ここでは写真でも伝わりやすい内容を中心に、操船時の注意点とバスを釣るためのアドバイスを紹介するので参考にしてほしい。

ペダルの踏み方 6-1 ペダルは両足で踏めるようにボートの中央に置く。ペダルの周囲には荷物を置かないようにしたい。船が揺れたりしてバランスを崩したときに足場がないと困るからだ

6-3 ペダルを中央に置いておくと踏み込んだときにボートのバランスが崩れにくいというメリットもある

6-2a 6-2b ペダルにすぽっと収まるように足を置き、マイクロスイッチは指を差している箇所で踏む(右足の場合/左足の場合は逆側になる)。これがもっとも力が入りやすく、疲れにくい

6-4a 6-4b ペダルを右足でしか踏めないアングラーが、進行方向右側のバンクを撃つと、上の写真のような体勢になり疲れやすいしフッキングなどの動作も行ないにくい。左足でペダルを踏むと下の写真のように自然な体勢をとれる。とくに腰が悪い人は絶対に両足で踏んだほうがいい

操船の基本 6-0 流しながら釣りをする際、エレキは踏みっぱなしではなく、「踏む」→ 「惰性で動く」→「踏む」→ 「惰性で動く」の繰り返しが望ましい

6-5 長距離移動の際は、水中の障害物などにヒットしたときに落水しないよう、脚立や浮力体に腰かけてペダルを踏もう。また、エレキは長距離移動用には作られていないので、連続して踏む時間は20分以内に留めよう。20分動いたら5分釣りをしてモーターを冷やし、また20分移動……というサイクルが理想。スピードはマックススピードの8割を推奨。5段階変速であれば4くらいだ。マックススピードやハイバイパスで長時間踏むとコイルが焼ける可能性がグッと上がる

6-6a 6-6b 大型船が通り過ぎたりして波が立った場合、まずは脚立や浮力体に座る。そして船首を波と垂直になるように方向転換。波が当たっている最中はエレキを中くらいのスピード(5段階であれば2か3)で踏み続けることが大事。エレキが水を噛むことでボートの向きが安定する

6-7 フルキャストは、ペダルから足を外して安定する姿勢を作ってから行なおう

6-8 エレキが故障したらパドルを駆使して船を漕ぐ。1本しかない場合は写真のように船首で漕ぐこともできる

ボートで釣るための3つのコツ

 ボートに乗り始めると、オカッパリと勝手が違うので、一時的に釣れない期間があるかもしれない。その状況を打破するために意識すべきコツはこの3つだ。

斜め前45度にキャストすべし! 6-9 エレキを踏んでいないときもボートは動いているので、真横や後ろへキャストするとラインが張り気味になってしまい、ルアーが移動しすぎたりして釣れない原因になる。斜め前方にキャストするようにすれば、常に適度なラインスラックを作れるので結果的にバイトが出やすくなる

「惰性」を大事に、できるだけエレキを踏まない! 6-10 エレキを踏みすぎると、プロップが水を掻き回すとともに音が出るのでバスを警戒させやすい。スピードはできるだけ弱く、踏む時間もできるだけ短くしよう。「これじゃ足りないかな?」というレベルでマイクロスイッチを踏み、できるだけ惰性で移動することを心がける

オカッパリのときよりワンランク重いシンカーを使う! 6-11 ライトリグの場合、オカッパリで使っていたシンカーよりもワンランク重いものをチョイスするべし。オカッパリと違い、ボートだと足場が動くためボトムがとりにくくなるからだ。風があるとなおさら重いシンカーが有利だ





日相園
nissouen
取材時にお世話になった相模湖のレンタルボート店。目の前に大場所(旧橋脚跡や島周り/冬から春にかけて実績多数)があるため、操船初心者の練習を兼ねた釣りにぴったり。バーベキュースペースやコテージもあるので家族旅行にもお薦め。
■レンタルボートラインナップ
免許不要艇(10ft) 3000円
ローボート(12ft) 3000円
14ft 3000円
10馬力エンジン付きアルミボート 6500円
※料金は一名乗船の場合
・フットコンエレキのレンタルあり(2000円)
・バッテリーのレンタルあり(1000円)
・ライフジャケットの無料貸し出しあり


 Basser2月号では、「操船技術次第で、獲れるバスの数に雲泥の差がでます」と断言する伊藤巧さんに「釣れる操船技術」を教わりました。ボートフィッシングのステップアップに、ぜひ参考にしてください。


 

動力付きボートに乗ってバスを釣るためのノウハウを、成田紀明さんが分かりやすく解説!

 

バスフィッシングwithボートの教科書
成田紀明

2017/1/29

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING