サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

フットコンエレキ×レンタルボートで始めるボートフィッシング入門 :第2回(全5回)

フットコンエレキとは?

Basser編集部=写真と文

第1回:ボートフィッシングの魅力とレンタルボートの選び方
第2回:フットコンエレキとは?
第3回:ボートのセッティング手順と注意点
第4回:バッテリーの取り扱い
第5回:操船の初歩と釣るためのコツ

「ボートフィッシングを始めてみたいけど、乗り方がわからない」というアングラーへ、2014年3月号に掲載した茂手木祥吾さんによる解説記事を紹介します。
茂手木さんがオススメするのはフットコンエレキ×レンタルボートのスタイル。
第2回は、動力であるエレキについて解説します。


motegia 解説=茂手木祥吾(もてぎ・しょうご)
1974年5月26日生まれ。JB TOP50で活躍(2012年桧原湖戦優勝)するとともに、ダイワのスタッフとしてルアー開発に携わっている。総合釣り具店・キャスティングに勤務しており、エレキにまつわる相談を受けることも多い。

この記事は2014年3月号に掲載したものを再編集しています。

フットコンエレキが断然お薦め


 ボートフィッシングは手漕ぎでもハンドコントロールエレキでも楽しめるが、僕のイチ推しはフットコントロールエレキ(フットコン)。手漕ぎでは移動が大変ですし、釣り中にボートが動かないようにするのも難しいので、慣れないうちは「ボートフィッシングって大変……」となりかねない。フットコンは手がフリーになるので圧倒的に釣りに集中できる。

1-1船首に装着されているのがフットコンタイプのエレキ。水中にのびるシャフトの先にモーターがある

x3_dis エレキ本体はこんな形。写真はモーターガイドX3

6-2aこのようにペダルを使って操船する。両手がフリーになるので操船しながら釣りができる

3-7 これがペダル(※写真はFWシリーズのもの。取材時はモーターガイドFWシリーズとTRシリーズを例に解説してもらった)。前後にシーソー式に傾けることで方向転換が行なわれる。右上の白い部分がマイクロスイッチ。ここを踏むとモーターが作動する。また、ペダルから伸びる+と-のケーブルは販売時は短いので延長が必要。ショップで伸ばしてもらったり、延長コードを購入して自分で接続しよう。短いままだとバッテリーをフロントに置かなければならないため、船のバランスをとりにくい

3-9 ヘッド部の矢印が進行方向を示してくれる。ペダルを前に踏み込むと右に、後ろに踏むと左に向かう

3-6 ペダルには3つの小さなスイッチ(トグルスイッチ)が付いている。コンスタントオンモード(FWシリーズでは白丸)にするとマイクロスイッチを踏まなくてもモーターが回転し続ける。モメンタリーモード(FWシリーズではTマーク)ではマイクロスイッチを踏んだときだけモーターが作動する。ハイバイパスモード(FWシリーズではウサギマーク)では、設定スピードに関係なく、マイクロスイッチを踏むと最速でモーターが作動する。基本的にはモメンタリーモードを使用。コンスタントオンとハイバイパスは長距離移動のときに便利。ただし、「気付かないうちにハイバイパスモードになっていて、マイクロスイッチを踏んだ瞬間落水」「セッティング時にコンスタントオンモードに切り替わり、プロップでケガをした」などのトラブルもよく起きている。ことあるたびにこのスイッチを確認する癖をつけよう

3-10a 3-10b マウント装着済みのバウデッキ。エレキをボートに取り付けるにはマウント(エレキを固定する金具)が必要。マウントがレンタルボートに直接付いている場合もあるが、ほとんどの場合はマウント付きバウデッキをボートに装着する仕組み。バウデッキはショップオリジナル品やサウザー製のものが出回っており、釣具店で1万円前後で購入できる。ちなみにマウントはモーターガイドの場合エレキとセットになっている。ショップによってはエレキとバウデッキを同時に買うと、バウデッキにマウントを取り付けてくれるサービスもある。セット販売も多い

フットコンエレキの選び方

 僕は故障が少なく扱いやすいモーターガイド製のフットコンを愛用している。予算と釣行スタイル、回数に合わせたセレクトがいいと思うが、バスフィッシングとライフワークとして関わるのであれば80Lbクラスの無段階変速モデルを推奨する。バッテリーの減りが遅く、パワーがあるのでアルミボート、バスボートへの転用も可能だ。

 とはいえ、ひとり乗りであれば40Lbクラスのモデルでも充分なパワーを備えている。ローパワーのモデルは遠出には向かないが、落水などのトラブルが起きにくいというメリットがある。

 また、エレキは定期的にオーバーホールに出すようにしよう。大事に使っていても多少はコイルが焼けたり、ブラシが磨耗したりするからだ。たとえばエレキ限定フィールドに月に2回釣行するアングラーであれば、2年に一度はメンテナンスしてもらおう。これを欠かさなければ10年以上故障なしで長持ちしてくれる可能性が高い。モーターガイドの場合、オーバーホールに出すには販売店に持ち込めばOKだ。

5段階変速と無段階変速の違い

 エレキの速力を5段階で選べるものと、最小から最大速力まで無段階でスピードを選べるものがある。

3-3 FWシリーズの5段階変速ダイヤル(ロータリースイッチ)。画像中央の窓の部分に1~5までのダイヤルが表示される。バッテリーの減りが速い

3-4 TRシリーズの無段階変速ダイヤル。無駄な電力が消費されないので5段階変速と比べてバッテリーが長持ちする。スピードの微調節も可能

シャフト長

 ヘッド部からモーターまでのシャフトの長さも何種類かラインナップされている。

3-5 レンタルボートの場合は32in、36inなどの短いほうが使い勝手がいい。水上に出ているシャフトが長いと、キャスト時にエレキヘッドにロッドやルアーをぶつけるトラブルが起きやすくなり、逆に水面下のシャフトが長いとシャローに入りにくくなるうえに、シャフトが水の抵抗を受けやすくなるのでスピードが出にくい。水面からプロップ(中心)の距離は30~40cmになるようにセッティングしよう。水面下ギリギリだとスピードは出やすいが、波があるときにプロップが水面上に出やすくなり操作性が著しく損なわれる

siteBがお薦めするフットコンエレキ

X3シリーズ(モーターガイド)
x3_dis
エントリーモデルでありながら、操船しやすさを追求したモデル。VRSテクノロジーを採用しており、直進性が高い。また、シャフトにコンポジット素材を使っているためモーターが障害物にヒットした際など、衝撃を吸収してくれる。

■X3-45-36″
45Lb・12V・シャフト長36in・5段階変速・8万5000円+税
■X3-55-36″
55Lb・12V・シャフト長36in・5段階変速・10万5000円+税
■X3-55V-36″
55Lb・12V・シャフト長36in・無段階変速・14万円+税

X5シリーズ(モーターガイド)
x5_display 茂手木さんをはじめ多くのアングラーに愛用されるTRシリーズの後継機種。VRSテクノロジーやコンポジットシャフトの採用に加え、ローランスの魚探と互換性のある振動子を内蔵したSNRモデルもラインナップされている。

■X5-80V-36″
80Lb・24V・シャフト長36in・無段階変速・22万円+税
■X5-80V-45″ SNR
80Lb・24V・シャフト長45in・無段階変速・振動子内蔵・22万8000円+税


日相園
nissouen
取材時にお世話になった相模湖のレンタルボート店。目の前に大場所(旧橋脚跡や島周り/冬から春にかけて実績多数)があるため、操船初心者の練習を兼ねた釣りにぴったり。バーベキュースペースやコテージもあるので家族旅行にもお薦め。
■レンタルボートラインナップ
免許不要艇(10ft) 3000円
ローボート(12ft) 3000円
14ft 3000円
10馬力エンジン付きアルミボート 6500円
※料金は一名乗船の場合
・フットコンエレキのレンタルあり(2000円)
・バッテリーのレンタルあり(1000円)
・ライフジャケットの無料貸し出しあり







 Basser2月号では、「操船技術次第で、獲れるバスの数に雲泥の差がでます」と断言する伊藤巧さんに「釣れる操船技術」を教わりました。ボートフィッシングのステップアップに、ぜひ参考にしてください。

  
 

 

動力付きボートに乗ってバスを釣るためのノウハウを、成田紀明さんが分かりやすく解説!

 

バスフィッシングwithボートの教科書
成田紀明

2017/1/26

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING