サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

モノの舞台裏
インフィニットブレイド

素材とパーツが互いを補い合うセッティングで組み上げた市村直之の右腕

Basser編集部=文
mono-01-2a

自他ともに認めるロッド・フェチ


「僕はロッドオタクなんで(笑)」

 市村直之さんのブランド「ISM(イズム)」の新製品第一弾がロッドである理由を聞くと、彼はすぐにこう言った。

「もともとバスロッドが本当に好きで、自分でイチからこだわったロッドを作りたいと思っていました。だから自分のブランドで最初に何を作るかということには悩まなかったです」

ism-2
 では、今回紹介するインフィニットブレイドとはどんなロッドなのか。

「僕は琵琶湖でガイド業をしながらトーナメントに出場しています。なので、その両方の釣りをこなすことができるロッドがほしかった。具体的にはトーナメントで求められる軽さやそこからくる感度、そして琵琶湖のロクマルにノされないパワーを1本のロッドに込めたかったんです。それを目標に開発したのがインフィニットブレイド。ですがそれは簡単なことではありませんでした。琵琶湖の釣りとトーナメントでは、ロッドに求められる方向性が異なるからです。『軽さとトルクの両立』というフレーズはよく聞きますが、本当にそれを求めようとしたらロッドのすべての特性やパーツがお互いに殺し合わないようなセッティングを出す必要があります」

2軸の強みと、弱みを消すガイドセッティング


 ロッドの特性やパーツが互いのよさを打ち消さないセッティングとはどのようなことなのか。

「こだわったことがありすぎて止まらなくなりそうなので、大事な部分をひとつずつ話しますね(笑)。

 まず、ブランクに使用するカーボンシートは縦横2軸のものを使用しています。これはロッドを軽量化するためです。近年のロッドは斜め方向のカーボンも巻いた多軸カーボンブランクが多いですが、それだと重量が増してしまいます。かといって特定の位置にだけクロス補強を入れてしまうとそこでベンドが止まってしまい、キレイに曲がりません。

 2軸ブランクには弱点もあります。それは斜め方向の支えがないのでネジレに弱いこと、そしてロッドのパワーが不足しがちだということです。これを解消するために、まずはカーボンシートの接着剤であるレジンの量を減らし、それによって軽量化された分、カーボンを密に巻いてパワーと強度を出しています。

 さらに多点型マイクロガイドを採用することで、ラインがロッドの曲がりに綺麗に寄り添い、ネジレが起きにくくなっています。ロッドを曲げたときのパワーがダイレクトにラインに伝わるので、フッキングも決まります。

 この辺りの話は少し難しいので、たとえばバット部とティップ先端の2ヵ所のガイドにしかラインが通っていないロッドを想像してください。ゾッとしますよね。その状態では、いくらロッドを曲げてもラインはロッドの根元から先端まで一直線のまま。つまりロッドパワーがラインに伝わっていない状態です。よりロッドのパワーを伝えるためには、いかにラインがブランクから離れず(浮かず)、綺麗に寄り添っているかということが大切なのです。その方向性を推し進めたのが多点型ガイドであり、究極形はノベザオやインターラインロッドですよね。

 マイクロガイドの欠点としてよく『ガイド部の抵抗が増えるから飛ばない』という声を聞きますが、僕はそうは思いません。ストリッピングガイド(リールに一番近いガイド)でラインをしっかり収束させることができれば、そこからラインは一直線に放出されるので、ガイド点数が多いことはほとんどマイナスにはなりません」

 しかし、すべてのロッドに画一的なガイドセッティングがなされているわけではない。内径の小さいマイクロガイドはラインの遊びを出しにくいため、ラインスラックを利用したいロッドのガイドは内径をやや広くするなど、ロッドの使用用途に応じて最適なガイドセッティングにしている。

グラスティップ搭載の巻き物ロッド「IBCI610MMLGT」


 具体例として、インフィニットブレイドシリーズのなかから特徴的な1本を紹介したい。

 「IBCI610MMLGT」はベリー~ティップ部にグラス素材を使用した巻き物専用ロッドだ。このロッドは、小型のシャロークランクからディープダイバーまでを幅広く扱えるモデル。ブランク全体をカーボンとグラスのコンポジットにするのではなく、セクションによってはっきりとソリッドグラス、カーボンチューブラーと区切ったのには理由がある。

 「グラスにはグラスの仕事を、カーボンにはカーボンの仕事をさせるためにこのような構造になっています。グラスの仕事は、バイトを弾かないこと、クランクが障害物に突っ込みすぎるのを防ぐことです。また、このミディアムライトパワーのティップのおかげで軽量なシャロークランクもキャストすることができます。

 カーボンの仕事はルアーがスタックしたウイードを切るため、そしてグラスティップで絡め取ったバイトを確実にフックアップするためです。カーボン部分はミディアムパワーなので、ディープダイバーのキャスト&リトリーブにもストレスを感じませんし、スピナーベイトなどのシングルフック仕様のルアーもしっかりフッキングできます。

 また、グラス部のみブランクを無塗装にしているのも理由があります。ソリッドグラスはカーボンチューブラーより重量があるため、ロッドが先重りになりやすいです。巻き物はロッドを下に構えることが多いのでそれでいいのですが、クランクのレンジコントロールや着水直後のバズベイトのリーリングなど、ロッドを縦に構えることもありますよね。そこで少しでもティップ部の重量を減らすため、あえて無塗装にしました」

 インフィニットブレイドには、画期的な機能や真新しい素材などは使用されていない。しかし、目的に応じてロッドの素材、各セクションの弾性、テーパー、ガイド、そして塗装に至るまで、すべての要素が互いを支え合うように組み合わされ、相乗効果的にロッドの性能を引き上げるようなセッティングがなされている。

 最初に発売されるのはベイト4機種、スピニング2機種の6モデル。これを手に取りロッドフェチ・市村直之のこだわりを感じてほしい。

                        
モデル名 適合ルアー(oz) 適合ライン(lb) テーパー 税別価格
IBS-61ULST1/32-3/162-5 エクストラファースト 3万9800円
IBS-61LST3/64-1/42-5 エクストラファースト 3万9800円
IBC-610M3/16-3/48-16 レギュラーファースト 4万1800円
IBC-610MH3/16-110-20 ファースト 4万2800円
IBC-610MMLGT3/16-5/810-20 レギュラー 4万1800円
IBC-71H1/4-212-25 レギュラーファースト 4万2800円

ISM(INFINITE SEEDS MAKERS)
オフィシャルWEBサイト
facebook 


2017/8/31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING