サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

モノの舞台裏
HPミノー3.1in

静(I字)と動(ダート)で食わせるミノーシェイプ

Basser編集部=文
mono-01_002

釣れるI字はブレない

dsc_9708HPミノー3.1in(O.S.P)


 O.S.Pから発売された「HPミノー」は一見するとフルーク系のソフトジャークベイトのよう。このルアーにはどのような特徴があるのか。開発を担当する麻生雅之さんに話を伺った。

「開発の発端は、亀山湖レコード(63㎝・5270g)保持者のプロスタッフ、大塚高志です。彼は高水温期の亀山湖で威力を発揮する表層ワカサギパターンにおいて、水面下を安定したI字姿勢で泳ぎながらも、ダートアクションもさせられるソフトベイトが欲しいとのことでした。それまでは小さいフルーク系のものを使っていたそうなのですが、鋭くダートはしても、I字引きのアクションが安定せず魚に見切られてしまうとのことで『HPミノー』の開発に着手しました」

 安定したI字姿勢とは、ノーシンカーでただ巻きしたときにふらついたり回転したりせず「スーッ」と綺麗に直進するということ。シンカーのウエイトで姿勢を安定させることのできないノーシンカーリグでこのアクションを出すのは簡単なことではないが、ボディーの両サイドをややへこませた「サイドコンケーブ形状」がそれを可能にした。ヘッドにより左右に分散された水流がこの窪みに溜まり、ボディーを挟み込むように支えることで姿勢が安定するという。

鋭くも艶めかしいダートを可能にした適切なマテリアル選択


「ナチュラルに食わすI字引きに対して、バスの捕食スイッチを一瞬でオンにするのがダートです。鋭さのなかにも動きを出すため適度にハリのあるマテリアルを採用し、ダート後の自然な『漂い感』を出すために、フックの重みを考慮してノンソルト仕様にしました。1投のなかでi字アクションだけではなく、トゥイッチやジャーク、ときには速めのリーリングをすることで、ベイトが瀕死→パニック→逃げるといった、食わせるためのコンビネーションを可能です」

 また、貫通式スリットを採用することで、フックセットが容易になった。このようなタイプのルアーはフックセットが少しでもズレたりすると回転してしまったり、バランスを崩してしまったりするが、オフセットフックを合わせる際はこのスリットを通すだけでオートマチックに中心線をとったフックセットができる。O.S.Pのソフトベイトはパッケージに適合フックサイズが書いてあったり、ソフトベイト本体にセット位置がわかる突起が付いていたりと、誰もがルアーの性能を100%引き出せるようにという親切設計が随所に見て取れる。

dsc_9704 貫通式のスリットはボディー後方のみが「ブルルッ」と奮えるダートを生みだし、センターを外さないフックセットを可能にする

dsc_9706 スプリットテールの縁にあえてバリを残すことで水噛みがよくなり、ラインスラックを揺するようなシェイクでもテールが微振動する

出し時と具体的な使い方


 このルアーの出しどころと具体的な使い方を、大塚高志さんに伺った。

「何らかのベイトフィッシュを模すことが前提となるので、まずはバスが小魚を捕食しているような状況で、そのベイトの種類やスピード、レンジに合わせて使うのが基本です。

 私がホームとする亀山湖を例にすると、1年でまずこのワームの出番があるのが3~4月。ワカサギが産卵のため川筋のサンドバーなどを目指し、それを捕食しているバスをねらいます。産卵に絡んだワカサギの動きはスローなので(年魚のため産卵後は死ぬ)、水面下30㎝をスローなI字引きで誘います。

 6月になると、シャローに増えたオイカワをバスが積極的に追うようになります。オイカワは動きが速い魚なので連続ジャークで使い、バスにスイッチを入れます。

 7~8月は高水温で酸欠となったワカサギが水面付近を漂う『酸欠ワカサギパターン』の季節。ワッキー掛けにしたルアーで水面ピクピクもいいのですが、そのアクションにはスレてしまったバスも多く、晴れや雨になるとバスが沈む傾向もあります。そこでこのルアーを水面下でI字引きし、チェイスしてきたバスをトゥイッチで食わせます。

 11~12月にもなるとディープの釣りをする方が多いですが、実はこの時期のワカサギは朝イチはシャローフラットのブレイク付近に浮いていることが多いのです。そういったときはやはり『HPミノー』を水深1mレンジでI字引きし、バスを誘い出します。

 このルアーのよいところは、とにかく泳ぎのバランスが崩れないこと。I字引きではブレずに泳ぎ、ダートさせたときも回転したり水面に飛び出たりしません。今回は亀山湖を例に解説しましたが、バスがベイトフィッシュを食べている状況なら必ず活躍してくれるはずです」

 大塚さんがこう話すとおり、開発段階では試さなかった霞ヶ浦の風表シラウオパターンなどでもかなりの実績が出ているようだ。このルアーのポテンシャルはまだ計り知れない。

O.S.P 

2017/6/27

最新号 2017年8月号

精鋭5人による初夏のオカッパリバトル勃発!  「第9回 オカッパリAllstar Classic」を開催。伊豫部健さん、内山幸也さん、木村建太さん、松下雅幸さん、水野浩聡さんが長良川、大江川、五三川を舞台に火花を散らします。バズベイト、フロッグなどの表層系ルアーにグッドサイズのバスが次々と飛び出し、勝負は驚愕のウエイトで結末を迎えます。  競技経過のほかにも、各選手の勝負ルアーやテクニックの紹介、そしてフィールドのポイントマップなど見どころが満載です。  JBTOP50では、第2戦を制した青木大介さんに3日間完全密着。サイトフィッシングの名手たちがしのぎを削った弥栄湖で、青木さんのチョウチンが他を圧倒した理由とは。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING