サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

小森嗣彦さんが解説! ダウンショットシンカーの選び方

釣果を左右するシンカーセレクト :第2回

Basser編集部=写真と文
dsc_4598
ひと口にシンカーと言ってもさまざまなタイプや形状があり、自分の中に明確な基準がないと選ぶのが難しい。
この記事では、JB TOP50の年間優勝を3度獲得し、Basser Allstar Classicでも2度優勝している小森嗣彦さんに、トーナメントやガイドを通して高い頻度で使っているシンカーを紹介してもらった。
第2回目の今回はダウンショットリグ用のシンカーについて。
シンカー選びのひとつの例として参考にしてほしい。


スリムタイプを避ける理由


 レッグワームの伝道師である小森さんとダウンショットリグは切っても切れない関係だ。ダウンショットシンカーに関しては丸型の使用率が最も高く、スリムタイプはほとんど使わないという。その理由は何なのか。

dsc_4598
「スリムタイプは、着底の瞬間倒れ込んでしまいます。そのときにリーダーが引っ張られて、ワームが動いてしまうんですよね。とくにレッグワームは、着底の瞬間の『フリーズアクション』が釣れる秘密なので、シンカーにブラブラされてしまっては困るんです。たしかにボトムに障害物が多いときはスリムタイプのほうが根掛かりしづらいですが、僕はそれでもラウンドタイプを使います。魚を釣りたいですから。僕自身はあまり使わないリグですが、リーダーレスダウンショットにはスリムタイプが適していますね。

 ダウンショットリグで最も多用するのが、ザップのラウンドシンカー。光沢のない樹脂タングステンシンカーは目立たないので、フォールの釣りにも向いています。見せたいのはあくまでワームなので、シンカーにフラッシングしてほしくないんです。スイベルがないところもいいですね。個人的な意見ですが、スイベルがないほうがワームが回転しにくくなり、イトヨレが起きにくいと思っています。

 冬の亀山湖では、スタジオ100の純タングステン製シンカーをよく使います。さすがにディープでのダウンショットリグとなると純タンの感度とフォールの速さがほしくなります。フォール中にアピールしたい時期でもないので、表面が光っててもOK。ボトムなら目立ちませんから」

komori-image

小森さんの愛用シンカー2選


■ダウンショット(ザップ) komori-04zappu
最も使用頻度が高い、ラウンドタイプのダウンショットシンカー。光沢のない樹脂タングステンは、フォールの釣りでシンカーをバスに見せたくないときにも重宝する。ここで小森さんがこのシンカーに施しているひと工夫を紹介したい。やることは簡単で、爪先でハリス止めの部分をどちらかに曲げこむだけ。「ハリス止めを折り曲げると、シェイクしたときにシンカーがクルっと回ったりコロコロ動きやすくなります。根掛かりしやすい場所ではこれが有効で、スタックしかけてもシェイクすればシンカーが勝手に動いてくれ、障害物のすき間にロックされるのを防いでくれます」。

komori-10 ハリス止めを指で曲げる。するとラインを張ったときにシンカーが回転したり暴れたりし、根掛かりしにくくなる

■タングステンドロップショットシンカー(スタジオ100) komori-04s100
冬のディープダウンショットにはこのシンカー。純タングステンならではの感度が魅力だ。樹脂タングステンのものと比較すると、若干小さいのがわかる。


※この記事はBasser2017年4月号でも読むことができます


  
 
2月26日発売! 全力投球ビッグベイト


 ビッグベイトを総力特集。コンテンツにはいま注目のワードがこれでもかと並びます。「エイトトラップ」「ディープトレーサー」「発売15周年目のジョイクロ」「世界一のジャイアントベイト」「B.A.S.S. ELITE AOY in Lake BIWA/ブランドン・パラニューク来日」。さらに、最新作を含むビッグベイトや専用リールのインプレッション、今すぐ役立つ低水温期のテクニックから理論まで、約70ページにわたるビッグな特集は読みごたえ充分。2月、3月の投げ時にピッタリ合った非常にタイムリーな内容です。

 そしてついに開幕した米国BPT(バス・プロ・ツアー)レポートやティムコ50周年史、プリティーシャッド20周年特別企画、ダイワのNewコンセプト「CT」詳報、田辺道場などなど、今月号も一冊まるごと特濃の内容となっています。


 



2019/3/15

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING