サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

小森嗣彦さんが解説! ダウンショットシンカーの選び方

釣果を左右するシンカーセレクト :第2回

Basser編集部=写真と文
dsc_4598
ひと口にシンカーと言ってもさまざまなタイプや形状があり、自分の中に明確な基準がないと選ぶのが難しい。
この記事では、JB TOP50の年間優勝を3度獲得し、Basser Allstar Classicでも2度優勝している小森嗣彦さんに、トーナメントやガイドを通して高い頻度で使っているシンカーを紹介してもらった。
第2回目の今回はダウンショットリグ用のシンカーについて。
シンカー選びのひとつの例として参考にしてほしい。


スリムタイプを避ける理由


 レッグワームの伝道師である小森さんとダウンショットリグは切っても切れない関係だ。ダウンショットシンカーに関しては丸型の使用率が最も高く、スリムタイプはほとんど使わないという。その理由は何なのか。

dsc_4598
「スリムタイプは、着底の瞬間倒れ込んでしまいます。そのときにリーダーが引っ張られて、ワームが動いてしまうんですよね。とくにレッグワームは、着底の瞬間の『フリーズアクション』が釣れる秘密なので、シンカーにブラブラされてしまっては困るんです。たしかにボトムに障害物が多いときはスリムタイプのほうが根掛かりしづらいですが、僕はそれでもラウンドタイプを使います。魚を釣りたいですから。僕自身はあまり使わないリグですが、リーダーレスダウンショットにはスリムタイプが適していますね。

 ダウンショットリグで最も多用するのが、ザップのラウンドシンカー。光沢のない樹脂タングステンシンカーは目立たないので、フォールの釣りにも向いています。見せたいのはあくまでワームなので、シンカーにフラッシングしてほしくないんです。スイベルがないところもいいですね。個人的な意見ですが、スイベルがないほうがワームが回転しにくくなり、イトヨレが起きにくいと思っています。

 冬の亀山湖では、スタジオ100の純タングステン製シンカーをよく使います。さすがにディープでのダウンショットリグとなると純タンの感度とフォールの速さがほしくなります。フォール中にアピールしたい時期でもないので、表面が光っててもOK。ボトムなら目立ちませんから」

komori-image

小森さんの愛用シンカー2選


■ダウンショット(ザップ) komori-04zappu
最も使用頻度が高い、ラウンドタイプのダウンショットシンカー。光沢のない樹脂タングステンは、フォールの釣りでシンカーをバスに見せたくないときにも重宝する。ここで小森さんがこのシンカーに施しているひと工夫を紹介したい。やることは簡単で、爪先でハリス止めの部分をどちらかに曲げこむだけ。「ハリス止めを折り曲げると、シェイクしたときにシンカーがクルっと回ったりコロコロ動きやすくなります。根掛かりしやすい場所ではこれが有効で、スタックしかけてもシェイクすればシンカーが勝手に動いてくれ、障害物のすき間にロックされるのを防いでくれます」。

komori-10 ハリス止めを指で曲げる。するとラインを張ったときにシンカーが回転したり暴れたりし、根掛かりしにくくなる

■タングステンドロップショットシンカー(スタジオ100) komori-04s100
冬のディープダウンショットにはこのシンカー。純タングステンならではの感度が魅力だ。樹脂タングステンのものと比較すると、若干小さいのがわかる。


※この記事はBasser2017年4月号でも読むことができます


  
 
2月26日発売! 全力投球ビッグベイト


 ビッグベイトを総力特集。コンテンツにはいま注目のワードがこれでもかと並びます。「エイトトラップ」「ディープトレーサー」「発売15周年目のジョイクロ」「世界一のジャイアントベイト」「B.A.S.S. ELITE AOY in Lake BIWA/ブランドン・パラニューク来日」。さらに、最新作を含むビッグベイトや専用リールのインプレッション、今すぐ役立つ低水温期のテクニックから理論まで、約70ページにわたるビッグな特集は読みごたえ充分。2月、3月の投げ時にピッタリ合った非常にタイムリーな内容です。

 そしてついに開幕した米国BPT(バス・プロ・ツアー)レポートやティムコ50周年史、プリティーシャッド20周年特別企画、ダイワのNewコンセプト「CT」詳報、田辺道場などなど、今月号も一冊まるごと特濃の内容となっています。


 



2019/3/15

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING