サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

川村光大郎×高滝湖 食わせとナチュラルリアクション :第1回(全4回)

テクニックの前に、まずはアプローチの基本を

Basser編集部=写真と文
k-001
バスの口を閉ざす重圧(=プレッシャー)には、低水温に代表される環境要因とアングラーによる人的要因の2種類がある。
そのいずれにも対応して難解な状況下でも確実にバスを手にするのが川村光大郎さんだ。
この記事では、2010年2月に行なった高滝湖でのオカッパリ取材の模様を紹介しよう。
第1回はオカッパリで自らプレッシャーを掛けないために気をつけたい基本をおさらいしたい。


この記事はBasser2010年4月号に掲載したものを再編集しています。

オカッパリならではの釣り


 そもそも川村光大郎さんは、なぜオカッパリのスペシャリストとして認知されているのか。答えは単純で「オカッパリで釣りまくるから」である。しかし、それだけではない。川村さんが駆使するテクニックには、ボートフィッシングに流用しにくいものが多く含まれているのだ。川村さんは「オカッパリならではの釣り」を実践する、まさにスペシャリストなのである(プライベートではボートフィッシングも楽しんでいるけれど)。

kazari05
 「ボートフィッシングに流用しにくい」と書いたが、その理由はおもに「オカッパリのほうが高い精度でルアーを操作できる」からである。川村さんのオカッパリは接近戦がメインであり、とくにシャローエリアの足もとをバーチカルに釣るケースが多い。その場合、ティップから延ばすラインの長さは1m程度で、短いときは10㎝ということもある(足もとでバスを水面に出してしまう)。

 ルアーとの距離は近いほど細やかにコントロールすることができる。そのためには必然的にバスとの距離を詰めなければならない。そういう意味において、川村さんがオカッパリで実践している釣りの精度の高さは、バスフィッシングの究極といって差し支えなく、ボートフィッシングではできない釣りなのである。

自分でプレッシャーを掛けない


 今回は、川村さんが得意とする釣りのなかから、接近戦での「撃つ」「落とし込む」をメインに話を進めたい。これらは釣況が厳しいときの切り札であり、川村さんの釣りの特徴がよく表われる釣りである。

 釣況を厳しくする原因はふたつ。ひとつは低水温に代表される「環境要因のプレッシャー」、もうひとつはアングラーによる「人的要因のプレッシャー(フィッシングプレッシャー)」だ。

kazari07
 川村さんの釣りは、これらのプレッシャーを打破してバスを手にするために考えられたものだが、そんな技も、まずは基本がなっていないと台無しである。その基本とは「足音をたてない」「水中に影を落とさない」「水面を覗きこむ前にロッドの長さを利用してルアーを落とし込む」といった、バスにこちらの存在を気取られずに釣るための配慮である。

 当たり前すぎることかもしれないが、川村さんを含め、オカッパリが得意なアングラーは例外なくこれを徹底している。自分でプレッシャーを掛け、わざわざ難易度を上げないようにしたい。


  
 

 
バスフィッシングにおけるフック選びの道しるべとなってくれる1冊。
k011
FINAL Ans. of Hook
ファイナルアンサー・オブ・フック
フックセレクトの結論
 

  
誰よりも釣るための
マル秘オカッパリレッスン開講!
川村光大郎 ”釣れる”オカッパリの歩き方vol.01基礎編
DVD-170分
 
 
  
 

 

千葉県・高滝湖を舞台に“本気のオカッパリ”をドキュメントタッチで紹介!

 

「川村光大郎 “釣れる”オカッパリの歩き方 Vol.02実践編」

DVD-170分

2017/1/20

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING