サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

H-1グランプリ2019第2戦@亀山湖の入賞ルアー

アフタースポーンのリザーバーをハードベイトで攻略

サイト・ビー=まとめ
1th-fisha
title
5月26日、千葉県亀山湖でH-1グランプリ第2戦が行なわれました。
ハードベイト縛りのレンタルボートトーナメントです。
バスたちの産卵が終わってからあまり日が経っておらず、基本的にはソフトベイトによるスローな釣りが有利な状況。
参加人数170名超というハイプレッシャー状況で、上位入賞者はどんな釣りを展開したのでしょうか?


優勝 柴田英紀 3220g(3尾)

●ルアー
ベビーシャッド50SP
ビースイムトリガー70
グリマー6

1th シャッドによるサイトフィッシングの名手、柴田選手が1kgアップでリミットメイクし優勝。折木沢にある流れ込みに競技時間のすべてをささげるという判断が奏功しました。その流れ込みにはオイカワの群れが差してきており、それをねらったバスが時おりボイルするという状況。柴田選手はシャッドなどをジャークすることでオイカワの群れを散らしてボイルを誘発し、次のキャストで高速巻きしてバイトをとっていったそうです。オイカワの群れがいないときはキャストせずひたすら待つ忍耐も必要でした。柴田選手はこれでH-1グランプリ3度目の優勝です。

2位 佐藤信治 3000g(1尾)

●ルアー
X80プロップダーター

2nd 琵琶湖プロガイド・サトシン選手がH-1グランプリのビッグフィッシュレコードを更新! サトシン選手はビッグフィッシュだけに的を絞り、巨大なサイズがいる本湖エリアをメインにしていました。沖のオープンウォーターに定位するビッグフィッシュをX-80プロップダーターのスプラッシュ音で浮かせて食わせる釣りで掛けたのは圧巻の55cm。「優勝だけをねらって釣りをしている」という言葉どおりのゲームでした。

2nd-fish

3位 伊藤雄大 2540g(2尾)

●ルアー
レアリス・スピンベイト60

3rd 折木沢筋でナイスフィッシュ2尾を釣った伊藤選手が3位。プラの時点では最上流に魅力を感じていましたが、直前にやや減水したことを受けて、当日は一段下ったゾーンをメインにしました。スピンベイトをカーブフォール気味に引き、見えバスが興味を示したら高速引きに移行して追わせるという釣りでした。

4位 渡辺 睦 2390g(3尾)

●ルアー
ソウルシャッド45SP、タイニーシケイダー

4th 亀山湖をホームとする渡辺選手が4位。メインエリアは猪ノ川と折木沢で、ソウルシャッド45SPとタイニーシケイダーによるサイトフィッシングでリミットメイクを達成しました。ソウルシャッド45SPはリップ先端にオモリを貼ってシンキング仕様にし、ワームのノーシンカーをフォールさせるイメージで見えバスに口を使わせたそうです。タイニーシケイダーはチョウチン釣りで使用。

5位 馬場孝介 2290g(3尾)

●ルアー
ヤマトクローラー、レゼルブJr.、小真虫

5th 5位は亀山湖のローカルトーナメントで活躍中の馬場孝介さん。折木沢筋のシャローでレゼルブJrを高速巻きして1尾、岩盤際でヤマトクローラーを泳がせて1尾をキャッチ。ルアーが違うのは岩盤際は水深があるためパワーが必要と判断したからです。その後、小真虫で2尾をキャッチしナイスウエイトを出しました。

以上がトップ5の釣りです。
アフタースポーン期にバックウォーターにバスが差すという亀山湖に限らないリザーバーの定石を証明する結果だと思います。
全体の結果はこちら

_mg_5031
_mg_5006
_mg_3483
_mg_3145


表紙をクリックすると試し読みができます

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。







2019/5/29

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2019年12月号

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。
 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。
 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING