サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第2回

第1回大会の舞台は芦ノ湖。優勝はシャローにねらいを絞った田辺哲男

Basser編集部=写真と文
第1回大会・芦ノ湖(出場10名)
Place Name Day1(g) Day2(g) Total weight(g)
1 田辺哲男 5240 3440 8680
2 沢村幸弘 4430 3830 8260
3 河辺裕和 3600 0 3600
4 島津靖雄 2290 570 2860
ほか吉田幸二・下野正希・宮本英彦・林 圭一・鈴木隆夫・梅原栄治が出場
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します


 故・林圭一と沢村幸弘の提唱で産声を上げたBasser Allstar Classicは、1987年5月3、4日に神奈川県・芦ノ湖で第1回大会が開催された。


allstar01ab
 芦ノ湖漁協の協力によって実現した第1回大会だが、実はこのとき「オールスタークラシック」という呼び名はまだ採用されていなかった。そしてオールスタークラシックの伝統であるプレスアングラー(審判兼記録員)の同船は当時としては異例中の異例であり、2日間にわたっての開催も珍しいものだった。


 出場10名は、林が思い描く「理想のトーナメント像」に呼応した精鋭ぞろい。さらにプレスアングラーのなかには、のちにB.A.S.S.バスマスタークラシック出場を果たした築山滋の姿もあった。


allstar01b勝敗決定後、お互いの健闘を讃えて握手をする田辺選手と沢村選手
 試合は、シャローにねらいを絞った田辺哲男が、対象的にブレイクを釣った沢村幸弘の猛追をかわすかたちで第1回大会を制した。


掲載は1987年秋号
b-1987-09-10-11-01-L

2016/6/27

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING