サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

やっぱり琵琶湖はスゴッ!

やっぱり琵琶湖はスゴッ!

Basser編集部=写真と文
ひさびさの釣りーっす!



今週の前半、サトシンこと佐藤信治さんの取材で琵琶湖へ。

5月に行なったロケの再撮です。

今回は天候にも恵まれ、撮り漏れの内容もバッチリ!



DSC_0097a

いやぁ~いい魚ですのぅ( ´_ゝ`)ノ


撮影も順調に進み、最終日、サトシンさんの好意でスタッフもサオを出すことに。

僕と同行したスタッフTはもともとフライフィッシングを専門としており、

バス釣りは約10年ぶり。

しかも、バスでベイトロッドを使うのは記憶にないほど昔のこと。

しかーーーーーし!!!

そこはさすがのスゴ腕ガイドのサントシンさん!



DSC_0140a

どどどーーーーーーーーーーーーん!
58㎝のプリプリのプリスポーンをキャッチ!! (*´Д`*)

Tは興奮のあまり、フッキングからランディングまでの記憶が飛んでいたそう。

横でそれを見ていたボクは膝ガクガクですよ・・・(((( ;゚д゚)))

でも、バサー編集部員としての意地もある!

っつーことで、サトシンさんから「反則技」ともいえる激釣れルアー

エバーグリーンのプロトルアー「プロップマジック」を借り、

ひたすらキャスト!!

すると、よーやく・・・・・



DSC_0150a


ボクにも釣れた 。゜(´Д`)゜。

50.5㎝! 

恥ずかしながら国内でゴーマルを釣ったのは初めてなんですよ。

Tの魚を見た後だったので小さく感じたんですけど。。。ウレシイッス!!!



サトシンさんは釣りの腕前はもちろんのこと、

ガイドとしても超一級でした!

サトシンさん、何から何までありがとうございました!!!

そうそう、
サトシンさんのガイドを受けたい!という方は、 コチラ から




そんでもって帰り道。

東名ではなく中央道を使って帰路に。

晩御飯に立ち寄った双葉SAで驚愕のポップをハッケン!



山梨辛味噌丼
110707_230927a


ん?見づらいですか?

左のコメントに注目!

110707_230943a


つ、ついに登場ですか?
あの、伝説の丼ぶり辛味噌丼が…
“ねぇ~ねぇ~おじ~ちゃん!よ、よだれが!”
“うるさい!だまってろ!”
“こうしちゃおれん、ばぁーさん、ばぁーさんやい!!”







・・・・・・シュールすぎる。。。



たぶん、辛味噌丼を見つけた孫がおじいちゃんに教えたんでしょう。

しかし、おじーちゃんは「うるさい!だまってろ!」と一喝。

なぜそこまで孫にきつく言うのか・・・・

しかも、最後の「ばぁーさんやい!!」の後のセリフが気になる。。。


そんなに興奮する味なのか。。。。


今度、双葉SAに行ったときはぜひ山梨辛味噌丼にチャレンジしてみようと思います。

コバヤシ

2011/7/8

<< 2011/7 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING