サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

日曜日のタックル

日曜日のタックル

Basser編集部=写真と文
「あのチューブ何?」とたった2名にですが聞かれたので、望まれていないことまで必要以上に答えてみたいと思います。

●テキサス
具:3.5inレジェンドチューブ
重:3/32oz(2.7g)
針:がまかつ310ストレート♯2/0/収縮チューブのキーパー付き
他:ビーズとシンカー止め
竿:784(6.5ftヘビー)
糸:東レフロロカーボン14Lb
巻:TD-Z105HL

●ジグヘッドワッキー
具:ネジリー
針:ワッキージグヘッド3/64oz
竿:スーパーオペレーター60L
糸:サンラインPE0.8号にリーダー東レ7Lb
巻:2506

●フロッグ
具:ポッパーフロッグ+ワンタッチラバーとブレード2枚
竿:76MHF
糸:サンラインPE4号
巻:TD-X103HL

●クランクベイト
具:FSRとHPFクランク・スペック2
竿:630V
糸:サンラインPE3号
巻:TD-X103H

 ちなみに、先日、亀山湖でレンタルボートに乗ったときのまんまのタックルです。横着ではなく、釣りの幅が狭いことが原因です。だからコレでいいんです。

 テキサスは、小さくて軽いワームに、1.8gや2.7gのシンカーを組み合わせることがよくあるのですが、カバーを釣る機会が多いので、瞬間的に何かに巻かれてもバスが残っているように(※修弥さんの受け売りです)ストレートフックの使用頻度が100%で、フックサイズもワームに対して目一杯の物を組み合わせることになります。そうなると、軟らかいロッドや伸びやすい細いラインではフッキングパワーが足りないという理由で、普通のカバー用「ベイト」タックルに、「フィネス」なのはルアーだけ、という「なんちゃってベイトフィネス」に。

 カバーでストレートフックを使っている限り、ロッドは軟らかくしようがないし、ラインも14Lb以下には落とせません。ロッドはともかく、リールはK.T.FとかNewピクシーを使ってみたいのですが……、みたいだけで買えはしません。ま、そういう「上」を知らない現状、15年物の「Z」に不満はありませんし、このタックルでも割と投げられてしまうもんですけど。

(ホリベ)

2010/5/26

<< 2010/5 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING