サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

最新号の内容器その2(再アップ)

最新号の内容器その2(再アップ)

Basser編集部=写真と文
最新号の「免許仮伝」、先生は小森嗣彦さん。

小森先生といえば

ダウンショットリグ!

TOP50で霞ヶ浦戦を勝ち、年間優勝を決め、オールスターでも2位に入った

原動力となったリグです。



これを覚えておけば、いつ、どこに行ってもバスが釣れる!
といっても過言ではなさそうな気がする!
1
この日のために(?)僕もササキも初釣り&初バスを我慢していました。
場所は亀山湖、天候は土砂降り&爆風……
……ツライ……取材でした……



続きましては

見えバス対策!
2
自転車のホイールの間に、ほら、バスが……

釣りたい! けど、見えバスが苦手! って人は少なくないはず。

今、釣り方を覚えておけば、シーズンイン後に役に立つこと間違いナシ! です。

教えてくれたのは江口俊介さん!
3

スーパースペシャルなやり方とか
超絶テクニックとか
一部のアングラーにしかできないようなものではなく

基本的な見えバス対策について教えてもらいました。



場所は江口さんが通い込んだ印旛沼。

サイズがいいバスをねらいつつ、息抜きに小型のバスを釣っていって

釣果はなんと18尾!

取材を終えて感じたのは

「自分の見えバスのねらい方は雑だったんだ……」
という反省でした。



ちなみに、最初の1尾を釣るまでは

江口さんも6時間くらいかかりました。

いろいろなことがマッチしないと

たとえ小さいバスでも釣れないんです。

けど、ハマってしまえばバカスカ釣れる。

バスの反応を見ながら答え合わせをしていくのが

サイトフィッシングの楽しさなんですね。

(ヤマガタ)

2010/2/25

<< 2010/2 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING