サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ライン「に」キレた週末。

ライン「に」キレた週末。

Basser編集部=写真と文
週末の釣果です。

釣果ですったら釣果です!
f
バイト、アワセ、ヘタるまでのファイトは興奮できました。

bv
43cm。メジャーをあてて撮影したのなんて15、16年ぶり?
ルアーはパワーホッグ3inの3.5gテキサスリグ。
ロッドはオールスターT40X、リールはTD-Z105HL、ラインはフロロの14Lb。

詳細は後日アップしますが
関和さんがアドバイザーを務めるショップ、リミットの
ウォーカー・ウォーカーカップに参加してきたのです。
超楽しく、燃えました。なので、かなり悔しい。



このニゴイの前に、これよりデカいバスを掛けたのです。

ちなみにラインは、先月購入し、前日の夜に巻いたばかりのフロロ16Lbだったのですが…

プチン。



朝からイヤな感じはしていたんです。

ここ5、6年間ずっと同じ製品を使ってきたから異変に気づいたというか。

●「湿らせて」ユニノットで結節するだけでザラつく。

●ゆっくりやっても、最後の締め込みでクリンとなる。

●不意にキャスト切れする。

●根掛かりを外そうと引っ張ると、表示強度に対して異常なくらい簡単に切れる。

同時に購入した16Lbと12Lbの両方が同じ状態でした。あり得ない。

前に購入したときまで、まったくこんなことなかったのに。



なので、神経質なくらいマメにラインをチェックし、

結節にも気を遣ったのですが…



現場ではかなりラインにキレましたが、

今になってみると、ニゴイを釣ったタックルはラインを巻き替えていなかったので、

その1セットだけで釣りをするべきでした。気づいてたんですから。



バスに悪いことをしました。反省です。(ヤマガタ)

2009/4/13

<< 2009/4 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おすすめ記事

最新号 2018年3月号

[特集]トレーラーベイツ

わき役が輝くすてきなドラマ

 ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。  巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。  並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。  また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING