サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

青木大介が実践するフィネス・ビッグベイティング :第5回(最終回)

冬の相模湖でもビッグバスをキャッチ

Basser編集部=写真と文
dsc_0345a
ビッグベイトはその強烈な個性とアピール力から、バスの活性が高いハイシーズン用と思われがちだ。
しかし、青木大介さんは水温がひと桁台となる極寒の時期に投入し、驚くべき実績を残している。
この記事では相模湖を舞台に冬のビッグベイト使用法を解説してもらった。


この記事はBasser2010年4月号に掲載されたものを再編集しています。

相模湖でも通用したフィネス・ビッグベイティング!


 リザーバーである相模湖は基本的に急深なバンクが多く、シャローフラットは少ない。しかも取材当日(2010年1月下旬)は上流で工事をしていたらしく、水質は思いのほか悪かった。早朝の水温は本湖で6℃後半。ボートをレンタルした柴田ボートの情報によると年始の大寒波の影響が色濃く残り、バスはもちろんワカサギも不調だという。また本湖よりも勝瀬橋から上流の川筋のほうが水温は高いという情報を元に、青木さんは「むやみにエリアを広げても時間のムダ」という理由から勝瀬橋から秋山川とのインターセクションまでの区間を徹底的にチェックすることにした。

no220_aoki-big-009 この取材時は、相模湖で釣りをするのは2度目だったという青木さん。限られた時間で効率よく釣りをするため、水温が高い勝瀬橋から秋山川とインターセクションまでの区間にエリアを絞り込んだ

no220_aoki-big-002 早朝の気温は氷点下……。「ガイドとリールのラインガイドが凍って釣りにならないんですけど(苦笑)」

 勝瀬橋をくぐると水温は7℃台に上昇。ただし、気温は氷点下でキャストするとトップガイドとリールのラインガイド周辺がすぐに凍りつく状態だった。そこで水温が下がりきっている時間帯はエリアのチェックに費やし、水温が上昇する午後から本格的に勝負することにした。

 しかし、5時間かけて念入りにチェックするもバイトはおろか、シャローでバスの姿を1度も確認することができない。あまりの生命感の薄さにさすがの青木さんも困惑気味だったが、昼食前に何気なく寄った”揚げ沢”でようやくチャンスを得た。マウス部周辺にあるブッシュと杭が絡む小さなワンドにボートを寄せると、さっと身を屈めて近寄ろうとする取材艇に向かって手を上げて近寄らないように制した。そしてジョインテッドクローをピッチングで投入した数十秒後、これまでの苦労がウソだったようにあっさりと青木さんのロッドが弧を描いた。その曲がり具合から、かなりのサイズであることが容易にわかる。ブッシュに巻かれないように沖へ誘導すると慎重にバスとの距離を縮めていき、最後は抱えるようにランディング。デッキにバスを置くと緊張から一気に開放された青木さんは破顔一笑した。やや痩せてはいたが、49cm、1500gのナイスフィッシュである。

no220_aoki-big-011a 周囲に比べて水温が高い”揚げ沢”のマウス部にあるブッシュで初めてバスを視認。一撃でバイトに持ち込んだ! 

no220_aoki-big-011d no220_aoki-big-011e ヨッシャ~~~!!!!


「最初は枝かと思いながらも、近くに落とすとブッシュに根掛かってしまいます。そこで、離れたスポット(約5m)に静かに着水させてステイするとルアーの存在に気づいて動き出したので、そこで初めてバスだと確信しました。でも、警戒しているのかなかなか距離が縮まらなかった。軽くトゥイッチしたら”ビクッ”と反応はしたんですけどバイトには至りませんでした。それならと、そのまま超ゆっくりただ巻きしてフラフラ泳がせたら、再度ルアーに付いてくるのが見えたので、そこでステイさせたんです。そうしたら一気にガブっとバイトしました」

「この一連のやりとりは河口湖とまったく同じでした。ゆっくりとルアーに近寄ってくるんですけど、食う瞬間だけまるで高活性時のように大きく口を開けて激しくバイトするんです。冬にビッグベイトと聞いてびっくりする人も多いでしょうけど、バイトの瞬間を見たらもっと驚きますよ。反転しながら横からかっさらうように大口を開けてバイトしてきますから、バラシもかなり少ないです。それよりもバスがデカすぎてラインを切られることが多いですね」

 フィネス・ビッグベイティングは、水温がひと桁台まで有効で、冬を引きずりつつもスポーニングを意識してシャローに上がってくるバスが増えてくる3月がもっともバスと出会う確率が高くなる。ぜひ大興奮必至のビッグゲームを楽しんでほしい。

no220_aoki-big-012 フィネス・ビッグベイティングの威力を魅せつけると同時に、河口湖以外でもこのパターンが有効なことを証明した49cm、1500gのビッグフィッシュ! 結局当日にバスを視認したのはこの1尾だけ。ワンチャンスをモノにする青木さんの引きの強さに脱帽だ

no220_aoki-big-shop 柴田ボート
今回レンタルボートを借りた柴田ボート。ローボートは一人乗り3000円、二人乗り4500円、エンジン付きボートは7000円~(馬力、人数により異なる)。また併設されている食事処のトンカツ定食はオススメ!
〒229-0203 神奈川県相模原市藤野町吉野54 
●アクセス
自動車の場合
中央自動車道相模湖インターチェンジ出口を右折してすぐ。
電車・バスの場合
JR中央線藤野駅もしくは相模湖駅から神奈川中央交通「勝瀬橋」停留所下車徒歩1分




 Basser2月号の巻頭記事では、宮廣祥大さんが琵琶湖で62cmをキャッチ。マグナムクランクベイトの真価とは? 並木敏成さんが相模湖をモデルケースとして季節に応じたリザーバーの釣りを解説する「リザーバー・マネジメント」も好評連載中!


  
 

 

JB TOP50 2016年第5戦を戦う青木大介選手と北大祐選手に密着。
初日40位に沈んだ青木選手が2日目に5kg超を持ち帰ったパターンとは!?
この試合で年間タイトルを獲得した北選手。
翌週のオールスター優勝にもつながるクランキングパターンは見逃せない!

 

SERIOUS 10 2016 JB TOP50参戦記 5th STAGE編
青木大介 北大祐
DVD-130分

  
 

 

「ビッグベイトの釣りでも考え方はフィネス」という青木大介さんのフィネスフィッシング論

 

フィネスフィッシング講座
青木大介
DVD-80分

2017/1/18

おすすめ記事

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING