サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 三原直之選手のフットステップ

ストレートワームのノーシンカーリグで絞り出した4尾

山本訓弘=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


00


三原直之選手

スタート時
「面白いくらいみんな下流に向かっている」とひと言。三原選手は北浦上流部に向けてスタート。

0621

6:45 

■巴川
●プロストレート5in(ノーシンカーリグ)
ファーストエリアは北浦最上流の巴川。キッカーをねらうためカレントが利いているこのエリアを選択。今回メインとしているプロストレート5in+ピアスフックTC2/0の組み合わせで、縦ストに丁寧に落としていく。ときに水面を探ったり(ペンシルベイト)、アシ撃ちをしたりして状況把握をする。

0705
0718

8:00

■金上エリア東岸
●プロストレート5in(ノーシンカーリグ)
ノーシンカーの釣り。ここがプラでは反応よく本命エリア。
1尾目をプロストレート5in+ピアスフックTC2/0でキャッチ。
推定400g。

0826

8:40 

同じエリアの西岸へ。
ねらいはワンドの中の少し沖にある矢板。


9:00

■山田ワンド
ここも同じシチュエーションをねらう、第二本命エリア。
2尾目を追加。同じルアーでサイズは400gほど。

0911
0911-2
10:00 
同じエリアで粘っていると、グッドサイズがバイトしてきたが痛恨のバラシ。
ここからリズムが少し変わっていく。


10:10
 

■矢幡ワンド
●アンクルミノー(ダウンショットリグ)
バッテリートラブルで、一旦ボート屋へ。バッテリー交換だけで済んだが、流れはよくない。
その後ボート屋近くの矢幡ワンドの桟橋でアンクルミノーのダウンショットでねらっていると、ヒット。
これで流れがよくなるかと思った矢先、ファイト中にバレてしまい、流れが一気に悪い方向に。

1028

11:30
 

■北浦大橋下流付近
●プロストレート5in(ノーシンカーリグ)
蔵川ワンドへ向かおうとしましたが、ふと途中の乱杭エリアに。
今までは流れが悪かったので、自分が行きたいと思っていなかったスポットへ入ってみようと。
これで釣れれば、一気に流れがくると言って投げた1投目。
見事ヒットし釣りあげたバスは推定600gの本日最大魚。
今までの流れを吹き飛ばす1発。
ヒットルアーは同じくプロストレート5in+ピアスフックTC2/0。

1100
1125

その後はエリアを点々とランガン。


12:53

■金上エリア東岸
●プロストレート5in(ノーシンカーリグ)
1尾目を釣り上げた金上エリア東岸で推定400gをキャッチ。これも同じルアー。

1253
だがいろいろ考えてエリアを探すも、バスからの返答はなく時間だけが過ぎて行く。


帰着間際

■潮来マリーナ下流
●アベンタクローラー
アベンタクローラーで岸際を探る。終了間際にアベンタクローラーに怪しいバイトのようなものがあったが、結局バイトのみで終わってしまう。

三原選手からはやりきったという気持ちと悔しい気持ちが伝わってきた。


三原直之選手の成績
4尾2216g……12位


メインタックル
99 ●ノーシンカーリグ用
ロッド:トムアディクト TMA-WF610MLST(イマカツ×デジーノ)
リール:アルファスフィネスカスタム105HL(ダイワ)
ライン:エクスレッド8Lb(東レインターナショナル)
フック:ピアスフックTC#2/0(リューギ)
ルアー:プロストレート5in(イマカツ)

2016/9/17

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING