サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 斉藤真也選手のフットステップ

浚渫をヘビキャロとディープクランクで

川口雄司=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


saito00


斉藤真也選手

6:25
スタート。
デッドスローエリアを抜けたあと、一気に南下。
外浪逆浦から常陸利根川を抜け、霞ヶ浦本湖へ。


6:50

■西の洲の浚渫
●ドライブシャッド3.5in(3/4ozヘビーキャロライナリグ)
先行者がいたため一度はUターンしようとするが、そのアングラーを避けてやや北側のスポットへ。3/4ozのヘビキャロ(ドライブシャッド3.5インチ)からスタートフィッシング。

6:53
わずか数投でファーストフィッシュ。推定500g。しかし想定外のサイズに困惑の表情を浮かべる。

saito0653
saito0701
saito0702
7:01
漁師さんの仕掛けにウナギが掛かっており、それを取り込むのを見て「ウナギを食っているグルメなバス、釣りてぇな」。


7:22

■古渡
●ドライブシャッド3.5in(3/4ozヘビーキャロライナリグ)
「いつもは3本だけど、5本となると遠いな」
JB戦はリミットが3尾、今日は5尾。

7:34
パワーホッグ3inのヘビキャロにチェンジ。
ロングリーダー(1ヒロ半)。


7:55
■西の洲の浚渫
西の洲、入り直し。
「今日は西の洲でタコ粘りだな」


8:35

小移動、やや和田岬寄りへ。


8:43
小移動、さらに和田岬寄りへ。
「おとといより水が悪くなっているな」

9:05
「この増水は誰の味方にもなっていないだろうな」

9:10
推定1kgの1尾をキャッチ。
パワーホッグ3inのヘビキャロにて。

saito0917
saito0918

「360°イメージの魚探でしっかりと映せたときに釣れる。GPSでポイントがここにあるってマークを打ってあるんですけど、そこを何投もして入れるのではなくて、1投で入れる。360を見て1投で入れると釣れる。で、だいたいサカナがいるいい場所はルアーが通りさえすれば釣れるから。だから時間をかけない。今はブレイクの段の上で釣れるのか、下で釣れるのか見極めて、11時からラッシュをかけようかな、と。……って本に書いてありました(笑)」

「基本、段の上で釣ったほうがデカいんですけど、段の上ってあまり釣れないみたいで数もいない。今の1匹は上だった。上にも溝があって、ガラガラと砂地、みたいな。そういうところのエッジにルアーを通してみたりとか、魚群探知機かけてみたりとか、並々ならぬ努力があったりします」

「あとは風向きと、船をステイさせられる向きによって、映りやすい場所、映りにくい場所があるんです。『今、船がうまく位置どりできていて、うまく映せてるから、これ投げよう、これ投げよう』って、そのときそのときで発見して釣っている感じが多いですよね。風が吹いて食い気が立てば、ある程度の浚渫との距離感でバスを釣ればいいし。風がなかったり濁っていたとすれば360で精度を上げてルアーを投げれば意外と釣れる。バスがいるところにルアーが行っているかどうかが重要ですよね。朝なんかはフィーディング気味だからドライブシャッドでちょっと追わせて釣っちゃうんですけど、今は石の間にルアーを入れるって感じなんです」

9:30
「KVD(ケビン・バンダム)になっちゃおっかな~」
KVD Tourのロッドを取り出し、ブリッツEX-DR(チャートブルーバック)をキャスト。

saito0941
9:42
「KVD、降りてこない……」
ブリッツEX-DRを置き、ヘビキャロに持ち直す。

9:45
ミスバイト。
ワームが食いちぎられる。
「バスっぽかったな、掛かってないからなんとも言えないけど」


10:01

■西の洲の浚渫
最初に入ったスポットに入り直す。直後にバイト。
「直前に何か、違和感があった。そこでロッドをリフトするとグッと重くなって、回収しようとしたら掛かっていた」
同じくパワーホッグ3inのヘビキャロ。推定600g。

saito1014
「プラのときは浅い側で釣れてました。さっきみたいなの(1㎏クラス)が普通のサイズで、段の上側で釣るのが結構キモでしたね。あとは暑くて今日みたいに風がないと、結構上に乗っかるんですよ。水の色が上っ側だけよくなって、たぶんちっちゃいベイトもちらほら見えたから、それに期待ですね」

saito1010

「段の下とかで釣れるのは小さかったんですよね、もともと。でもキーパーが揃うからいいやと思っていて。すげぇロングキャストしていても、始めはビッグフィッシュで落ちる瞬間がキーパーねらいみたいな。上でまともに釣れるようになれば、上に乗っかってドライブシャッドに切り替えようかなと思ってるんですけど……」

「今、流れ向いてるけどな。さっきデカいの釣ったところに平本さん(平本直仁選手)が入ってましたけど、エンジンをかけていなくなってから1時間後ぐらいに入るとバス、上に乗ってるんですよね。JBだとその間に誰かが入ってくるのでビッグバスはねらえない。でも今日はこの先、誰もここに入ってこないだろうな。あとは自分がプレッシャーをかけすぎないで、どれだけバスを上に乗っけられるか」

saito1030
10:33
ドライブシャッド3.5inのヘビキャロに持ち替える。


10:47

■大山エリア
●パワーホッグ3in(ヘビーキャロライナリグ)
「『12時までゼロやってん』という(清水)盛三さんにあやかろう、と」
その後、「ダメだ、大山。釣れる気しない」と移動。

saito1041

11:08
■西の洲の浚渫
朝イチに入ったスポット。
「なんか揃わない雰囲気が出てきた。もう出てこないかな、これ、もう……」
この日、はじめてのネガティブな発言。


11:45

■古渡
再び、古渡へ。


12:08
■西の洲
「水温が下がって、キャットもアタらない」
直前のプラクティスは本番の2日前に敢行。そのときと比較しての発言。

12:35
バッテリートラブル。解消に20分ほどの時間を要した。
フロントの魚探がオフ。
「360がついていないと、目をつぶって釣りをしているみたい」

12:55
ドライブシャッド3.5inにチェンジ。
「頼むぞ、食われてこい!!」

13:06
アイドリングで小移動。
帰る道程を考えると、実質残り10分。
EX-DRを取り出し「出すか。ついにKVD降臨」。

saito1318
saito1319
saito1320
13:15
タイムアップ。
「自信あったんだけどな。台風が来なければ……自然相手だし、難しい」


13:40

■潮来マリーナスロープ前
時間いっぱいまで諦めずに粘りを見せる。


斉藤真也選手の成績
2尾1318g……14位

メインタックル
saito99 ●3/4ozヘビーキャロライナリグ用(上)
ロッド:スティーズ721MH/HXB-SVストライクフォース(ダイワ)
リール:ジリオンSV TW1016SV-XXHL(ダイワ)
ライン:シューター14Lb(サンライン)
リーダー:グランドマックスFX 2号および2.5号(シーガー)
ルアー:ドライブシャッド3.5in(OSP)またはパワーホッグ3in(バークレイ)

●ディープクランク用(下)
ロッド:TKVD7106MA(クァンタム)
リール:TKVD151HPT(クァンタム)
ライン:シューター・FCスナイパーインビジブル10Lb(サンライン)
ルアー:ブリッツEX-DR(OSP)

2016/9/17

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING