サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 平本直仁選手のフットステップ

カバーと浚渫、両方の可能性を探った7時間半

大津清彰=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


00


平本直仁選手


6:45

■麻生エリア天王崎公園付近
●チャターベイト系
●フラッピンホッグ(7gリーダーレスダウンショットリグ)

0648
ルアーはベイトフィネスジグを改造したチャターベイト系。対カバー性能を引き上げている。
「濁ってるなぁ」

6:58
「何か生命感感じた!」
ルアーはフラッピンホッグの7gリーダーレスダウンショットリグ。

7:04
スピナーベイトで同エリアを探る。

7:08
ノンキーをキャッチ。

0705
0706
7:12
シェードのできる東岸からシェード絡みを探る。

0713
7:17
4inヤマセンコーを護岸にキャスト。
ロッドはゴールデンウィングGW68CMP+J。

7:25
リーダーレスダウンショットリグのキャストを繰り返す。
「こういったカバーはテキサスよりリーダーレスダウンショットリグのほうが入りやすいし抜けやすいんです」
デカいバイトが来たがキャットフィッシュだった……。

0727
7:46
ピックアップで魚が追ってきたもののバイトには至らず。

8:05
1尾目、約500gをキャッチ。
ルアーは4inヤマセンコー。
「こんなサイズじゃダメだ!」

0801
0802

8:23

■西の洲の浚渫
●キャリラバ1/2oz+シャッドシェイプワーム4in

魚っ気はかなりある。

8:33
デカいコイをキャッチ……。75cm。

0830
9:05
周囲に選手らしき2名。
近くの斉藤真也選手がヒット!
「ありゃバスだなぁ……」

9:34
「この釣りは折れない心が大切」
天気は晴れ。微風。浚渫の壁のシェードをねらっていく。
あくまでショートキャスト。魚探とサイドイメージを駆使しブレイクラインを的確に流す。
やり始めて1時間が経過。
「今の霞ヶ浦の浚渫は、数は出ないがビッグフィッシュの確率は高い」

0839
10:23
浚渫を諦めてシャローへ移動。
4inヤマセンコー。


10:58

■洲ノ野原
「おっバスだ!」
ただし10cmくらい。
アシをフラッピンホッグジュニアのリーダーレスダウンショットリグで撃つ。

11:33
真珠棚を探る。
ルアーはキャリラバ。
「淡々と釣ろう!」

1120

12:12

■麻生エリア麻生漁港付近

12:50
リーダーレスダウンショットリグを投げ続ける。
「反応ゼロ。ヒントがない!」

12:56
沈黙を破る1尾! 推定500g。
カバーの最奥だった。

1255
1256

13:15

■牛堀
沖の杭を探る。


13:23
■北利根川潮来大橋上流
北利根のシャローをクランクベイトで流す。

1352

平本直仁選手の成績
2尾1122g……16位

メインタックル 99 ※上から……
●フットボールジグ用
ロッド:テクナPMX TPMX65CMP+J(フェンウィック)
リール:K.T.F.アルファスフィネス(ダイワ×K.T.F.)
ライン:エクスレッド12Lb(東レインターナショナル)
ルアー:キャリラバ1/2oz(ティムコ)
トレーラー:シャッドシェイプワーム4in(ティムコ)

●7gリーダーレスダウンショットリグ用
ロッド:スーパーテクナS-TAV610CMHP+J(フェンウィック)
リール:K.T.F.アルファスネオ(ダイワ×K.T.F.)
ライン:エクスレッド14Lb(東レインターナショナル)
ルアー:フラッピンホッグジュニア(ティムコ)

●ノーシンカーリグ用
ロッド:ゴールデンウィングGW68CMP+J(フェンウィック)
リール:K.T.F.アルファスフィネス(ダイワ×K.T.F.)
ライン:エクスレッド10Lb(東レインターナショナル)
ルアー:4inヤマセンコー(ゲーリーインターナショナル)

2016/9/17

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING