サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic THE WILD CARD競技経過まとめ!

試合前のインタビューと、11:30までの釣果を一気見!

サイト・ビー=文
wc

2016年8月27日(金)、茨城県霞ヶ浦・北浦を舞台に開催したBasser Allstar Classic THE WILD CARD。

当日更新した各選手のインタビューと、競技中に続々届いた釣果報告をまとめました。

選手たちの意気込み


スタート前、17名の選手たちにこの試合への意気込みをインタビューしました。

※紹介は50音順です。

五十嵐誠選手


市川哲也選手


市村直之選手


井上泰徳選手


蛯原英夫選手


片岡壮士選手


川口直人選手


黒田健史選手


小池貴幸選手


国保 誠選手


斉藤真也選手


篠塚 亮選手


杉戸繁伸選手


高梨洋平選手


橋本卓哉選手


平本直仁選手


三原直之選手

6:30にスタート!


今回の競技時間は6:30~14:00。

フィールドは台風通過の影響で状況が一変したようす。

勝利をつかむためには臨機応変にこの状況にアジャストしていくことが必要かと思われます。

DSC_2524
DSC_3006

朝マヅメは杉戸選手が1歩リード!


競技中に釣果の報告があった選手を時系列で紹介していきます!

※ここに掲載している釣果がすべてではありません。
※ウエイトは推定です。



6:41ごろ

小池選手が400gクラスをキャッチ!

ルアーはシンセンコーの0.9gネコリグ。

小池001


6:45ごろ

黒田選手が800gクラスをキャッチ!

ルアーはファットイカのノーシンカー。

KURODA001


6:55ごろ

斉藤選手、500gクラスをキャッチ!

ルアーはドライブシャッド3.5 ヘビキャロ。

斉藤001


7:07ごろ

篠塚選手が600gクラスをキャッチ!

「何回も入れ直して喰った」と篠塚選手。

篠塚001


7:13ごろ

橋本選手が500gをキャッチ!

橋本001


杉戸選手、7:24までに1000gクラスと800gクラスをキャッチ!
杉戸001
ルアーはジャスターホッグ33+ジカリグ7グラム。



7:33ごろ

市村選手、950gクラスをキャッチ!

ルアーはモコリークローのテキサスリグ(スゴイシンカー5g)。



7:40ごろ

井上選手が500gクラスをキャッチ!

ルアーはバイズクローポートリー3インチ。

井上001


8:05ごろ

平本選手が500gクラスをキャッチ!

ルアーは4inセンコー

hiramoto001

8:30ごろ

三原直之選手が目測ウエイト400g前後のバスをキャッチしました。

ルアーはプロストレート5インチ+ピアスフック2/0。

三原001


8:35ごろ

片岡壮士選手が900gクラスをキャッチしました!

ルアーはストレートワームノーシンカー。

ロッドはゼナック・BLACKART B2.5-66 FirstPilot。このロッドで精度の高いキャストを続けてキャッチしました。

片岡001


8:49ごろ

市村直之選手のプレスより連絡あり!

ゲーリーシュリンプのバックスライドチューンにて600gクラスをキャッチ!

「かわいこちゃんだったなぁ~」by 市村選手



8:54ごろ

篠塚亮選手、2尾目のキーパー、600gクラスをキャッチ!

篠塚002

時合いか!? 9:30前後に多くの選手がバスをキャッチ!

9:15ごろ

三原直之選手が2尾目を追加。

ルアーは1尾目と同じでプロストレート5インチ+ピアスフック2/0。

三原002

9:00~9:40ごろ

市川哲也選手が9:03、9:08、9:37にそれぞれ推定300gをキャッチ。

市川哲也選手のこの時点での推定ウエイトは900g。

ルアーは3尾とも4インチシュリンプの5グラムテキサス。


9:15~9:30ごろ

片岡壮士選手が立て続けに3尾を追加。

3尾目は700gクラス。

これで合計4尾、ウエイトは2000gを突破している可能性あり。

ルアーはストレートワームノーシンカー。

ロッドはゼナック・BLACKART B2.5-66 FirstPilot

驚くほどの集中力で、ストラクチャーの際へアプローチ。

片岡002
片岡003
片岡004

9:35ごろ

川口直人選手が推定1500gのウエイトをマーク。

9:00の時点ですでに400g~500gクラスを2尾キャッチ済み。

川口001
川口002
さらに9:35ごろ、600gクラスをキャッチ!

これで3尾、推定1500g。

ルアーは3尾ともネコストレート5インチ。

川口003
川口004

9:58ごろ

井上泰徳選手が850gをキャッチ! 2尾目。

ルアーはバイズクローポートリー3インチのスルーリグ。

井上002

12:00時点で五十嵐選手がリード

10:20ごろ

小池貴幸選手がリミットメイク!

朝イチの1尾に引き続き、9:00~10:20までに4尾を追加! 

推定3000g。

クリーチャーの5グラムテキサスでのブッシュうちがメイン。

10:30からは「勝負の時間」と小池選手。

さらなるウエイトアップを目指します。

小池002
小池003
小池004
小池005
10:07ごろ

斉藤真也選手が3尾約2100gのスコアに。

6:55ごろの1尾目に加えて、1000gクラス(9:10ごろ)と600gクラス(10:07ごろ)を追加!

合計3尾、約2100g。

ルアーはパワーホッグ3in ヘビキャロ。

斉藤002
斉藤003
10:27ごろ

市村直之選手が550gフィッシュをキャッチ!

杭のロープに巻かれながらもゲット。


10:42ごろ

篠塚亮選手が3尾目、500gクラスをキャッチ。

「ビッグフイッシュの予感♪」と篠塚選手。

篠塚002a
さらに10:56ごろ、予感が的中! 1000gクラスをキャッチ!

篠塚003
篠塚選手、喜びのあまり妻の名を叫ぶ!!

全てのバイトを得ているレインズホッグ
篠塚004

10:47~11:20

国保誠選手が10:47に推定450g、11:20に推定330gをキャッチ!

国保001
ルアーはバックスライド系リグ。

国保選手のデッキには、普段の琵琶湖でのガイドでは並ばないタックルが多数並んでます。

国保002

10:50ごろ

杉戸繁伸選手のプレスより連絡あり!


7:24の2尾目に引き続き、1000gオーバーをキャッチ!

杉戸002
ルアーはジャスターホッグ33+ジカリグ7グラム。

3尾のウエイトは2800g以上になっている可能性が高いです!



10:53ごろ

高梨洋平選手が1尾目、推定600g をキャッチ!

高梨001
ルアーはダイレクションジグ+アバカスシャッド

高梨002
11:13ごろ


三原直之選手が3尾目、約600gのバスを追加。

ルアーは3尾ともプロストレート5インチ+ピアスフック2/0。

三原003
11:30ごろ

五十嵐誠選手がリミットメイクを達成。

さらに1尾入れ替えも行ない、推定4kg強のウエイトをもっています。

連絡がついている選手のなかではトップのウエイト。

水門周りのネコリグでの釣果です。

wc

競技中の釣果報告は、結果発表を楽しんでいただくため、競技終了まで2時間半を残したこの時点の報告をもって終了させていただきました。

各選手の釣りの詳細は、後日siteBにてレポートいたします。

取材にご協力いただきましたプレスアングラーの皆様、ありがとうございました。

今大会の結果はこちらをご覧ください。



TrippinBanner







2016/8/27

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING