サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

TOP 50開幕戦・決勝・前編。

TOP 50開幕戦・決勝・前編。

Basser編集部=写真と文
旧吉野川には、河口堰を開ける日と閉めたままの日があり、

今大会は、予選2日間が「開」の日で、決勝は「閉」の日でした。

河口堰が閉じられているということは、水位は上がるか、変わらないかのどちらか。

いずれにしてもたいした流れは発生せず、一般的には、釣りにくい日とされています。

「開」は、潮位の下げ始めにあわせて行なわれるので、海水が逆流することはなく

……こ難しい話は次号にて。


とにかく決勝日は水があまり動かないし、朝から曇天で気温が上がらないし、冷たい雨は降るし、四国は暖かいとばかり思っていたので防寒着を持っていかなかったし、選手にとっては釣れないし、会場はぬかるんでズブズブになるし、僕はスタートから1時間くらいで相羽選手のボート上で震えだしたし、なんでこうTOP 50のとくに決勝ではやたらと雨が降ることが多いのかと腹が立ってきた一日でした。

後半のグチは防寒着を持っていかなかった自分のせいなのですが、

どうにも北(東)の人間は「南(西)は暖かい」と思ってしまうのです。日本の狭さも忘れて。

そういえば、今月号の「ザ・ミッション」でも、

同じ理由で並木敏成さんが防寒着を用意せず、

極寒の遠賀川(福岡県)で凍えるということがありました。

その並木さんは現在、フロリダにいるわけですが、

現地の気温はどうなってるのでしょうか。

30℃でしょうか、それとも0℃でしょうか。

コバケン先輩は無事に入国できたでしょうか
(去年は風体が怪しいという理由で入国時にひと悶着あり、今回もとある事情によって出発前からトラブることが決まっていました)。



そういえば、昨晩21時にW.B.S.プロの草深幸範さんからお電話をいただき、

また、聞きたいことがあって、川村光大郎さんに22時過ぎに電話をしました。

ふたりともO.S.P社員なのですが、電話したときはまだ会社で仕事をしていました。

ここで社長の並木さんに、川村さんから伝言があります。

「社長が留守でも、社員一同、サボらず懸命に業務にあたっています」、と。

jb_012
W.B.S.第1戦、草深選手はノーフィッシュに終わってしまいました。昨年の第1戦で優勝を飾るなど、春先の試合を得意としているはずなのですが……。かなり凹んでいるようでした。



……もはや軌道修正できないくらい横道に逸れてしまったので、

これを「前編」として翌日以降(もしかしたら来週になるかもしれません)の「後編」に続きます。



写真だけでも……。

jb_011
旧吉野川戦はいつもギャラリーが多く、選手にとっては張りのある試合になります。もっともお客さんが多い日曜日、ウエイインショーの主役は前日に続いて青木選手でした。

jb_010
暫定1位で決勝に臨んだ江口選手は、この日も安定したスコアをマーク。ただ、本人的には「安定している」という意識は皆無で、「その日その日を懸命に釣っていただけ」とのことでした。たしかにそうなのでしょう。この3日間、いろんなエリアで江口選手を見かけましたし、巻いたり、粘ったり、さまざまなことを試していたように見受けます。TOP 50で3年間で4勝をあげるのは凄すぎ。そして、開幕戦と最終戦にやたらと強い(2勝が開幕戦で2勝が最終戦)。今期も「年間2勝」してしまうのでしょうか。とにかくおめでとうございます。
jb_012
昨年の最終戦に続いて2連勝! TOP 50で連勝を飾ったのは江口選手が「初」です。それにしても、2005年にTOP 50が開幕してからこの試合まで全16戦、その4分の1で江口選手が勝ってるわけです。改めてとんでもないことです。

2008/4/2

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING