サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

多摩川フィッシングフェスティバル2018

200名が秋のハゼ釣りを堪能

Basser編集部=写真と文
dsc_8401
多摩川フィッシングフェスティバル2018」の取材に行ってきました。

公益財団法人日本釣振興会主催のイベントで、9月17日に多摩川下流部殿町エリア(殿町第2公園先)で開催されました。

家族での参加がほとんどで、1~2家族につき講師がひとり付いてハゼのウキ釣りを楽しみました。

dsc_7527
参加人数が200名ということもあり、無事釣れるのか?とも思いましたが、そこは多摩川。

午前9時(上げ七分)のスタートとともにあちこちのウキが走って数多くのハゼが釣り上げられました(なかには50尾以上をキャッチされた方も)。

上げ潮のときにシャローに差してくるのはバスもハゼも同じで、足もとの浅いエリアでヒットが多発。

dsc_8693a
ゲスト参加していた秋丸美帆さんはサイトでアタリをとって楽しんでいました。

今回の会場になった殿町第二公園先の護岸は足場がよくキャパシティーもあり、駐車場が近く(9月17日時点で1日最大600円と料金も安め)、そして何よりハゼが多い最高の場所でした。

dsc_8296
ちなみに朝の準備時にはイナッコがシーバスに追われているエキサイティングなシーンも目撃!

休日の釣りにオススメな場所です!

2019年度も、多摩川フィッシングフェスティバルが実施される予定です。

2017年にスタートした同イベントは、上流部のオイカワ、ウグイ釣り、中流分のコイ釣り、下流部のハゼ釣りを5〜9月の間で3回開催。

2019年度も、3回開催を予定しているとのことなのでこれから釣りを始めてみたいと考えている方は、ぜひ日本釣振興会のサイトをチェックしてみてください!

ササキ

2018/9/18

<< 2018/9 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
つり人社の刊行物
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない 本体1,800円+税 B5判並製112P
バスを知り、自分を知るとストロングにならざるをえなかった!? フィネスの向こう側へ行くためのキムケン流パワーゲーム入門 「普通の釣りで釣れる」っていうのは釣りがうまい人。 でも、他のアングラーよりもポンと突き抜けた釣果を出したい僕は、ルア…
つり人社の刊行物
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない 本体1,800円+税 B5判並製112P
バスを知り、自分を知るとストロングにならざるをえなかった!? フィネスの向こう側へ行くためのキムケン流パワーゲーム入門 「普通の釣りで釣れる」っていうのは釣りがうまい人。 でも、他のアングラーよりもポンと突き抜けた釣果を出したい僕は、ルア…

おすすめ記事

最新号 2019年6月号

水辺へ行こう。一緒に釣りしよ

今号は、私たちが友人、子ども、家族の先生となって一緒に釣りを楽しむための特集です。
たとえば、近年の学校では「友だち同士で水辺に近づかない」と教育されます。つまり、大人たちが積極的に水辺に連れ出さないかぎり、子どもたちが自分から釣りに親しむようになることはほとんどありません。
「バス釣り」という素晴らしい遊びをもっと多くの人に知って楽しんでもらうために、まず私たちに何ができるのか。その方法を一冊にまとめました。
鬼形毅さんは、自分の子どもを釣りにのめり込ませる方法を教えてくれます。
そのほか、釣りへの導入としてのガサガサの楽しみ方や、釣り掘りの上手な利用の仕方、オススメのタックルや初心者でもバスをキャッチしやすいルアーカタログなど、5月の連休に読者の方が誰かにとってのよき「先生」になるためのヒントが満載です。
また、国内外の熱いトーナメントレポートも見逃せません。
BPTの設立とそれに伴う主要選手の大量流出を受け、トップレベルのトーナメントアングラーが集うのは今回が最後になる可能性が高いバスマスタークラシック。その節目の大会を制したオット・デフォーの戦略と、クラシックの行く末とは……。
日本国内ではJBTOP50が開幕。サイトの達人である三原直之さんと山岡計文さんの手に汗握る一騎打ちのもようを掲載。また、W.B.S.やTBCなどのウイニングパターンも必見です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING