サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

多摩川フィッシングフェスティバル2018

200名が秋のハゼ釣りを堪能

Basser編集部=写真と文
dsc_8401
多摩川フィッシングフェスティバル2018」の取材に行ってきました。

公益財団法人日本釣振興会主催のイベントで、9月17日に多摩川下流部殿町エリア(殿町第2公園先)で開催されました。

家族での参加がほとんどで、1~2家族につき講師がひとり付いてハゼのウキ釣りを楽しみました。

dsc_7527
参加人数が200名ということもあり、無事釣れるのか?とも思いましたが、そこは多摩川。

午前9時(上げ七分)のスタートとともにあちこちのウキが走って数多くのハゼが釣り上げられました(なかには50尾以上をキャッチされた方も)。

上げ潮のときにシャローに差してくるのはバスもハゼも同じで、足もとの浅いエリアでヒットが多発。

dsc_8693a
ゲスト参加していた秋丸美帆さんはサイトでアタリをとって楽しんでいました。

今回の会場になった殿町第二公園先の護岸は足場がよくキャパシティーもあり、駐車場が近く(9月17日時点で1日最大600円と料金も安め)、そして何よりハゼが多い最高の場所でした。

dsc_8296
ちなみに朝の準備時にはイナッコがシーバスに追われているエキサイティングなシーンも目撃!

休日の釣りにオススメな場所です!

2019年度も、多摩川フィッシングフェスティバルが実施される予定です。

2017年にスタートした同イベントは、上流部のオイカワ、ウグイ釣り、中流分のコイ釣り、下流部のハゼ釣りを5〜9月の間で3回開催。

2019年度も、3回開催を予定しているとのことなのでこれから釣りを始めてみたいと考えている方は、ぜひ日本釣振興会のサイトをチェックしてみてください!

ササキ

2018/9/18

<< 2018/9 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING