サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

戸面原ダムでデビルな初釣り!

メタルバイブであけました

ササキ=写真・文

title
ササキです。初釣りは戸面原ダムへ行ってきました。
「デビル会」という釣り大会に呼んでもらったのです。
なぜデビルかというと、デビル平川さんの知人が参加する大会だから。
デビル平川さんは相模湖のスーパーロコで、スピニングPE+強ガードスモラバというパワーフィネススタイルの達人。BasserやサイトBでも記事にさせてもらいました。

◆関連記事
ラスバス・初バス挑戦記 :第2回 平川征利×相模湖
相模湖ロコ・デビル平川はパワーフィネス×サイトでねらう!

1 24名が参加した「デビル会」

大会はデジタルウエイイン方式でリミット3尾。
長寸をポイント換算する独特の方法が採用されていました。
たとえば30cmは3ポイント、40cmは10ポイント、50cmは20ポイント。
「25cm2尾が50cm1尾と並ぶのはどうか……」
という発想から生まれた素晴らしいルールです。

わたくしササキ、2019年の釣りの目標は「正しくデコる」。
何かしらテーマをもって釣りに行くことが多いのですが、デコりそうになった結果、本来のテーマから離れた釣りでこざかしく完封回避をすることが多かった2018年。

生涯フルスイングを貫いた故・衣笠祥雄選手(広島東洋カープ)を思い出してください。
2ストライクになったからといってスイングがコンパクトになりましたか?
いえ、フルスイングでした。骨にヒビが入っていてもブンブンでした。

2018年を振り返ってみると、「今日はフルスイングする」と言って釣りに出かけ、最終的に当てに行くバッティングに切り替えることがなんと多かったことか……。
反省。

ということで2019年の一発目。
戸面原ダムの冬を釣るのは初めて。
せっかく未知なるシチュエーションなので、大場所ではなく、自分で場所を探して釣ることを目標としました。
あと、完全に未知のディープで釣ったほうが達成感ありそう。
ということで、ディープ開拓だ!

んが、しかし……。
シャクれどシャクれど反応ゼロ。
HE5700に魚も映らず打つ手なし。
川幅が狭いゾーンの小規模な8mフラットから始め、アカンので立ち木ねらいに切り替え、別のフラットを探し……とかやっているうちに10時30分。
帰着まで残り2時間30分。

あきらめかけたその時!

同じく参加していたライターの水藤さんとすれ違いました。
「この上のほうで釣れてたよ~。人もたくさんいた~」

……即決で直行しました。
意志弱すぎじゃね? と思う方もいるでしょう。
いまこのブログを書いている僕もそう思います。
しかし、現場は寒風が吹きつける気温一桁の湖上。4時間のノーバイト。
責めないでください。
正直に言うと「人が釣っている姿だけでも見たい」と思いました。

上流方向へ行くと釣れているらしいゾーンはすぐにわかりました。
川幅が広くなる露骨な変化がある場所に絡む8m前後のフラットな地形。
ほかの場所より人口密度高め。
幸いスペースはあったのでオーバーライド1/4ozをシャクってみると、すぐにバイト。
ウソみたいにあっさり初バスが釣れました。32cm。

う、うれしい~!!

2 初バスはオーバーライド1/4ozで釣れた!

3 2尾目も32cm

しかも連発。2尾目も32cm。
2尾ともフォールで食った模様。リフトしようと思ったらグングンきてました。
しばらくバイトは途絶えましたが、帰着間際に3度目の幸福が訪れリミットメイク(29cm)。
満足感に包まれ帰着した次第です。

4 帰着間際の3尾目はサーキットバイブ1/8ozで。スピニング+0.6号PEで使いました

周囲を釣っている凄腕たちはキャロを投げている人が多かったのも興味深かったです。
人の釣りを観察できるのも大会の楽しさのひとつ。満足です。

サイズが足らず5位入賞はできませんでしたが、新春リミットメイクはおめでたい。
今年もいい一年になりそうです。
「正しくデコる」は今後の課題とさせてください……。

そして、優勝者の釣りは衝撃的なものだったので、のちほど別の記事を書かせていただきます。

 
第10回オカッパリオールスタークラシック
ザ・キャノンボール/四国の四人編



 前号のBasser Allstar Classicに続き、今号ではスターたちの「オカッパリ」バトルを特集! 10回目の開催を数える今回の舞台は、なんと四国四県! 折金一樹さん、北大祐さん、早野剛史さん、藤田京弥さんら2018年に輝きを放った、いま大注目のアングラーたちがお遍路道を駆け巡ります。

 4名全員が旧吉野川以外のフィールドでオカッパリをするのは初めて。これまで見たこともなかった釣り場がほとんどを占めるなか、たった2日間下見をしただけで、四国各地で引き寄せ合うように出会う選手たち。このメンバーがガチでエリアを見極めるとこうなるのか……。

 ボートを降りてもトッププロ半端ないって! テクニックも、釣果も、節目の第10回大会にふさわしい素晴らしいものに内容になっています。

 「米国ツアー最前線」では、前号に引き続き雨貝健太郎さんが激動のアメリカトーナメントシーンを詳報。B.A.S.S.からの移籍を決意した選手、そして招待を蹴って残留した選手へのインタビューから競技フォーマットまで、26ページの大ボリュームでお届けします! 年末年始にゆっくりできる人にも、できない人にも、とにかく読み応え充分の一冊です。


 








2019/1/9

<< 2019/1 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING