サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

Rubber is a lover at night.

Rubber is a lover at night.

Basser編集部=写真と文
今朝方のブログを見た、とある方から

「編集部のブログを私物化しちゃマズいんでねぇの?」

というような指摘をいただいたのですが、

なんのことやらさっぱり。

ただ「新刊の紹介」をしただけなのですが……、???


さて、


次号の編集作業で自分が脱稿(とりあえず原稿を書き終えること)したあとに

「一部」執筆陣の原稿を待ちながらしたことといえば、

10年ぶりにまとめてポークを仕込んだのと(次に仕込むときは40歳か?)

昨年末のセールで買い込んだラバージグのトリミング。

j
刈り込めば当然、ラバーの量は減るのに、そうしたほうが膨らんでデカく見えます。これは水中でも同じ。かつシルエットがボケます。

j2
トレーラーにセットするポークは、ワームと違って透明感とは無縁なので、ラバーのほうはこれくらいスカスカしてたほうが効くこともあるのかも。



自分の場合だけかもしれませんが、

同じくらいのウエイトのほかのジグと同じ使い方をしても

エーキンスジグだけが釣れることを何度か経験して、これはなんなんだろう、と。


●ただカバーに入れて、揺すって、止めてるだけなので、

ヘッド形状やアイポジションが原因ではなさそう。


●カラーか? とも思ったのですが、

色もそんなに差がでることが何度もあるような要素ではなさそう。


●ラバーの質。これはありそう。

よく使うジグにシリコンラバーの物は少ないので。


●ラバーの量。これもありそう。

エーキンスはラバーをケチってるのかと思うくらいスカスカだし。



……そういえば、橋本卓哉さんや相羽純一さんや川村光大郎さんのジグは、

刈り込まれたラバーがピンピン跳ねて、キレイにまとまってくれなくて
(個人的に「跳ねラバ」と呼んでいる現象)

撮影するとき、いつもイラっと、ムカっときて

「あ”~、もうッ! いい加減にしろ●●●●(●)の跳ねラバッ!」
(人に恨みはありません。むしろ非常にお世話になっております)

と、叫びながらラバーに煮え湯をぶっ掛けたり……。
(ちょっとしんなりさせるために、です)



じゃあ、自分もエーキンス以外のジグのラバーをすいてみるか、

と試したところ、これが何やらビンゴっぽい予感。釣れる。



フレアする早さとか、単純にボリュームとか、トレーラーとのバランスとか

ラバーをすくことで変わる要素はさまざまでしょうけれど、

どうやら同じジグでも、まんま使ったほうがいいときと、

すいたほうがいいときがあるのはたしかなようです。



そうなんです。まんま使ったほうが釣れた経験もあるのに、

あまりにも原稿待ちの夜が長かったせいで、

持ってるジグのラバーを、全部チョキチョキやってしまいました。

もうチョキチョキするものがありません……。



こんな長文を書くのも、今まさに、今もまだ、手持ち無沙汰でいる証拠。

本当にお願いします、「ごく一部」の執筆者の方。(ヤマガタ)

2009/1/20

<< 2009/1 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING