サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Rubber is a lover at night.

Rubber is a lover at night.

Basser編集部=写真と文
今朝方のブログを見た、とある方から

「編集部のブログを私物化しちゃマズいんでねぇの?」

というような指摘をいただいたのですが、

なんのことやらさっぱり。

ただ「新刊の紹介」をしただけなのですが……、???


さて、


次号の編集作業で自分が脱稿(とりあえず原稿を書き終えること)したあとに

「一部」執筆陣の原稿を待ちながらしたことといえば、

10年ぶりにまとめてポークを仕込んだのと(次に仕込むときは40歳か?)

昨年末のセールで買い込んだラバージグのトリミング。

j
刈り込めば当然、ラバーの量は減るのに、そうしたほうが膨らんでデカく見えます。これは水中でも同じ。かつシルエットがボケます。

j2
トレーラーにセットするポークは、ワームと違って透明感とは無縁なので、ラバーのほうはこれくらいスカスカしてたほうが効くこともあるのかも。



自分の場合だけかもしれませんが、

同じくらいのウエイトのほかのジグと同じ使い方をしても

エーキンスジグだけが釣れることを何度か経験して、これはなんなんだろう、と。


●ただカバーに入れて、揺すって、止めてるだけなので、

ヘッド形状やアイポジションが原因ではなさそう。


●カラーか? とも思ったのですが、

色もそんなに差がでることが何度もあるような要素ではなさそう。


●ラバーの質。これはありそう。

よく使うジグにシリコンラバーの物は少ないので。


●ラバーの量。これもありそう。

エーキンスはラバーをケチってるのかと思うくらいスカスカだし。



……そういえば、橋本卓哉さんや相羽純一さんや川村光大郎さんのジグは、

刈り込まれたラバーがピンピン跳ねて、キレイにまとまってくれなくて
(個人的に「跳ねラバ」と呼んでいる現象)

撮影するとき、いつもイラっと、ムカっときて

「あ”~、もうッ! いい加減にしろ●●●●(●)の跳ねラバッ!」
(人に恨みはありません。むしろ非常にお世話になっております)

と、叫びながらラバーに煮え湯をぶっ掛けたり……。
(ちょっとしんなりさせるために、です)



じゃあ、自分もエーキンス以外のジグのラバーをすいてみるか、

と試したところ、これが何やらビンゴっぽい予感。釣れる。



フレアする早さとか、単純にボリュームとか、トレーラーとのバランスとか

ラバーをすくことで変わる要素はさまざまでしょうけれど、

どうやら同じジグでも、まんま使ったほうがいいときと、

すいたほうがいいときがあるのはたしかなようです。



そうなんです。まんま使ったほうが釣れた経験もあるのに、

あまりにも原稿待ちの夜が長かったせいで、

持ってるジグのラバーを、全部チョキチョキやってしまいました。

もうチョキチョキするものがありません……。



こんな長文を書くのも、今まさに、今もまだ、手持ち無沙汰でいる証拠。

本当にお願いします、「ごく一部」の執筆者の方。(ヤマガタ)

2009/1/20

<< 2009/1 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…
つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…

最新号 2018年9月号

「自分らしさ」をボックスの中に表現しよう!

ボックスとタックルの整理術を大特集!
ボックスには、アングラーそれぞれのスタイルや考え方が色濃く反映されます。
今号では、ただ「誰のボックスに何が入っているのか」ではなく、そのセレクトの裏側や整理術に焦点を当てました。
巻頭では、国内で数々のタイトルを手にしてきたトップトーナメントアングラーである、青木大介さんと北大祐さんそれぞれのボックスに見るスタイルの違いに迫ります。
折金一樹さんは編集スタッフのボックスを独自の理論をもとに断捨離、そして再構築。釣果につながる方法論が次々飛び出し、Dr.オリキンのオペを受けた患者が直後のH-1で何と……!!
さらに、川村光大郎さんはオカッパリにおけるルアーセレクトと収納術を、伊藤巧さんはレンタルボートのスペースを最大限生かすために突き詰めたセッティングを公開。
プロアングラーだけでなく、霞ヶ浦と亀山湖に通うアングラーのリアルな持ち物を現地特派員がチェック!!
読んでタックル整理を楽しむだけでアラ不思議の釣果アップ!!(※当社比) 異色にして必読の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING