サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

Rubber is a lover at night.

Rubber is a lover at night.

Basser編集部=写真と文
今朝方のブログを見た、とある方から

「編集部のブログを私物化しちゃマズいんでねぇの?」

というような指摘をいただいたのですが、

なんのことやらさっぱり。

ただ「新刊の紹介」をしただけなのですが……、???


さて、


次号の編集作業で自分が脱稿(とりあえず原稿を書き終えること)したあとに

「一部」執筆陣の原稿を待ちながらしたことといえば、

10年ぶりにまとめてポークを仕込んだのと(次に仕込むときは40歳か?)

昨年末のセールで買い込んだラバージグのトリミング。

j
刈り込めば当然、ラバーの量は減るのに、そうしたほうが膨らんでデカく見えます。これは水中でも同じ。かつシルエットがボケます。

j2
トレーラーにセットするポークは、ワームと違って透明感とは無縁なので、ラバーのほうはこれくらいスカスカしてたほうが効くこともあるのかも。



自分の場合だけかもしれませんが、

同じくらいのウエイトのほかのジグと同じ使い方をしても

エーキンスジグだけが釣れることを何度か経験して、これはなんなんだろう、と。


●ただカバーに入れて、揺すって、止めてるだけなので、

ヘッド形状やアイポジションが原因ではなさそう。


●カラーか? とも思ったのですが、

色もそんなに差がでることが何度もあるような要素ではなさそう。


●ラバーの質。これはありそう。

よく使うジグにシリコンラバーの物は少ないので。


●ラバーの量。これもありそう。

エーキンスはラバーをケチってるのかと思うくらいスカスカだし。



……そういえば、橋本卓哉さんや相羽純一さんや川村光大郎さんのジグは、

刈り込まれたラバーがピンピン跳ねて、キレイにまとまってくれなくて
(個人的に「跳ねラバ」と呼んでいる現象)

撮影するとき、いつもイラっと、ムカっときて

「あ”~、もうッ! いい加減にしろ●●●●(●)の跳ねラバッ!」
(人に恨みはありません。むしろ非常にお世話になっております)

と、叫びながらラバーに煮え湯をぶっ掛けたり……。
(ちょっとしんなりさせるために、です)



じゃあ、自分もエーキンス以外のジグのラバーをすいてみるか、

と試したところ、これが何やらビンゴっぽい予感。釣れる。



フレアする早さとか、単純にボリュームとか、トレーラーとのバランスとか

ラバーをすくことで変わる要素はさまざまでしょうけれど、

どうやら同じジグでも、まんま使ったほうがいいときと、

すいたほうがいいときがあるのはたしかなようです。



そうなんです。まんま使ったほうが釣れた経験もあるのに、

あまりにも原稿待ちの夜が長かったせいで、

持ってるジグのラバーを、全部チョキチョキやってしまいました。

もうチョキチョキするものがありません……。



こんな長文を書くのも、今まさに、今もまだ、手持ち無沙汰でいる証拠。

本当にお願いします、「ごく一部」の執筆者の方。(ヤマガタ)

2009/1/20

<< 2009/1 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING