サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「Pride of STEEZ」で小池貴幸さんを取材して思ったこと

いたるところでスティーズ・プライドを感じることができました

Basser編集部=写真と文
steez-cover

ササキです。
好評発売中の「Pride of STEEZ」で小池貴幸さんのバイブレーション活用術を取材しました。

1 T.D.バイブSTEEZカスタムを活用するための方法を教わりました

舞台は3月上旬の琵琶湖。
水温はまだ一桁。おまけに当日は爆風。
ただ、第一目的はあくまで記事を書くためにテクニックや理論を現場で教わることであり、魚は出なくても仕方がないと思って取材しましたし、小池さんにもそう伝えていました。
ただ、小池さんは「せっかくですし釣りますし、釣れますよ!」と前向き。

しかし現実は非常に厳しい。
開始から8時間以上たってもノーバイト。
ここで普通だったら、「いやー、まだちょっと早かったですね」とか「風が強すぎる……」などと言いたくなるものだと思うのですが、そういったコメントは一切なし。

それどころか……。

こちらが「この状況だしさすがに厳しいですね」と言ったときの返答が胸に残るものでした。

「いやいや、違いますよ。琵琶湖はこんなに広いんです。僕が今日のバイブレーションの魚を見つけられていない、それだけです」

ルアーを追うバスが必ずいることと琵琶湖のポテンシャルを信じ、そして自分に厳しいプロフェッショナルだからこそ出てくるとことんポジティブな言葉だと僕は思いました。

ちなみにこの時点で残り30分。
このあとマリーナの近くのウイードエリアを探って残り5分。
「ウイードが残っていないからマンメイド系もアリだったかもな~。最後にあの取水塔やったら時間切れですね」と小池さん。
時間的にラストキャストだと思われる1投で、取水塔の沖向きの面スレスレをT.D.バイブが通るキレイなキャストが決まりました。
そして、柱にコンタクトしたときに絵にかいたようなバイト!
上がってきたのは50cmに迫る1尾でした。

2 喜びのランディング! 日没が近かったこともあり光量が少なく、ファイトシーンの写真はブレてしまったものもありました。これもその1枚

3 いい魚でした!

最後まで前向きに状況を捉え、そして考え続けながらキャストしたからこそ釣れた魚だと思いました。
ちなみにノーバイトの時間、小池さんはこうも言っていました。
「道具は完璧だから、釣れないのは自分の責任」と。
いたるところでスティーズ・プライドを感じることができた1日でした。

ササキ


2017/4/3

<< 2017/4 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING