サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

今週末開催のメディアウォーズ、バサーチームの布陣を紹介

ワイルドカード枠にはあの「黒鱒道中」コンビも!

Basser編集部=文
zenin
昨日ブログで書いたメディアウォーズ、バサーチームの選手を紹介します。
他誌のメンバーは釣りプラスさんで紹介してもらっています。

◆釣りPLUS
https://tsuri-plus.com/_ct/17152592

まずはディフェンディングチャンプの大森カメラマンとライター水藤さん。
国内リーグである編集部ガチンコバトルでは大魔王、小魔王として恐れられているコンビ。
なぜ魔王かって、釣りが凶暴極まりないからですよ、あなた。

omori-suito 大森カメラマン&ライター水藤
ハードコアなパワーフィッシングで国内リーグを何度も制してきた「魔王」同士のペア。ディフェンディングチャンプ!


大森カメラマンは1/2ozのフルサイズジグにビッグエスケープツインを付けたものを「オレはフィネスって呼んでる」と言い、実際ものすごく丁寧に操作して釣りまくりますし(たしかにフィネスだと思わせられる)、去年のメディアウォーズではカワシマイキーでキッカーを釣っていました。

ライター水藤さんもデンジャラスな釣りが身上。
何度この人の10XDとカワシマイキーに泣かされたことか……
ちなみに今年の初バスは1月の房総ダムでブザービーター。
当日は編集部ササキも同行していましたが(でこ)、釣りが斜め上すぎてよくわかりませんでした。



続いては編集長ホリベとタニガワ最高位ペア。

horibe-tanigawa 編集長ホリベ&タニガワ最高位
釣りのタイプはふたりとも堅実丁寧。エレキのスピードは常に「1」。センター返しが身上で打率3割、けどホームランも2桁打っちゃう隠れスラッガーでもあります。


編集長は編集部ガチンコバトルで無双中。
10月の河口湖対決ではシャロークランクのマッハ巻きで1500アップを連打し圧勝。
スコアはよく覚えてないというか忘れたいですが6本で8600gとかだったような気がします。
それ以来、本人がいない場所では「マッハ」と呼ばれることも。
愛する釣りはカバー撃ちとクランキング。
とくに3/4ozテキサスリグを握ると必ず釣ります(ササキ経験談)。

そんなマッハ伝説が生まれた河口湖で編集長と同船しフロントでエレキを踏んでいたのが「最高位」タニガワです。
編集長のクランクに次々とビッグフィッシュが襲いかかる極限状況のなか、タニガワのルアーはバスからの攻撃をかわしつづけるという驚異のディフェンス力を披露。
なんとルアーに傷をつけることなく帰着というスーパープレイは編集スタッフ一同の記憶に強く刻まれました。
ちなみに最高位と呼ばれているのは新利根川で開催された鋼派で初出場、初優勝を決めたから(新利根川でバズベイト&クランク)。
次号に掲載する編集部ガチンコバトルでもすさまじい釣りを見せています。ぜひご覧ください。



そしてわたくしササキはライター金澤さんとタッグ。

kinsan-sasaki ライター金澤さん&ササキ
とりあえず巻いていれば幸せなふたり。三振多め


金澤さんはまさにBasserの屋台骨を支えるスーパーライター。
そんな金澤さんの担当編集につかせてもらって7年。
以来、ササキの月間通話時間は金澤さんが常に1位。嫁よりも親よりもはるかに長くコミュニケーションをとっている相性抜群のペアなのです。

その電話頻度は「ぱぱ、またかなざわさんにげんこうさいそくしているの?」と4歳の娘にたびたび指摘されるほど。
釣りに関しても心配なし。
ふたりとも巻き物好きであり、何を隠そうわたくしササキはH1グランプリの2012年AOY。
あの伊藤巧さんに競り勝ちトロフィーをゲットしたことは世界中に拡散してほしいファクトであります。
もうみんな忘れていると思うのでここで言わせてもらいました。
ってことで、優勝はいただきます!2年連続のビッグフィッシュ賞とともに!



そしてそして、ワイルドカード枠で出場するチームも紹介します!

人気連載、黒鱒道中で共に日本全国を巡ったマイケル&ジミーです。

img-320165045-0001a マイケルさん&ジミー(Basser1998年8月号より)
黒鱒道中でブイブイいわせた名コンビ。マイケルさんはつい先日アメリカ取材に行きTOのクランキングをナマで拝んだとの噂も。おそろしや!


マイケルさんは今はルアーマガジンの総合プロデューサーなわけですが、国境を超えてコンビ復活というわけです。
チームワークは問答無用の◎でしょう。

ちなみにジミーさんは編集部ガチンコバトルで3デコ中。メディアウォーズにかける思いは誰よりも強そうです。

ササキ


3月26日発売のBasser2018年5月号では、Basser編集部員による誌上対決企画「編集部ガチンコバトル」を掲載します!

現在発売中の4月号はリール特集号!
表紙をタップすると試し読みができます hyo1


大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バスフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリールの左右巻きを選択しているのかが明かに。さらに国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。この一冊が今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。









2018/3/20

<< 2018/3 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING