サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

雑誌の枠を超えた四誌合同編集部対決! その名も『MEDIA WARS』

ついに内輪揉め卒業!?

Basser編集部=文、画像は釣りPLUSより
titletrophy
みなさんこんにちは、タニガワです。

タイトルにあるとおり、なんと『ロッドアンドリール』、『ルアーマガジン』、『アングリングバス』、そして弊誌『バサー』のバス釣り雑誌四誌による対決企画が持ち上がりました。

同じジャンルの雑誌を作っていると、やはり他紙のことはかなり意識します。記事の内容はもちろん、誰々が釣りが上手いとか、誰々がどこぞででかバスを釣ったらしいなどなど……。

私は当初、そんなに大規模なものにはならないと思っていたのですが、気がつけば総勢参加人数は26人、レンタルボート14艇の大所帯(笑)。総力戦の様相を呈してきたのです。

参加者は以下のとおり(敬称略)。

Basser:堀部政男、佐々木徹、谷川駿介、小谷中純一、水藤友基、大森忠明 team-basser
Rod&Reel:志水優太、市川貴啓、大場未知、望月俊典、原 太一、柳澤輝夫 team-rodreel
Luremagazine:長瀬達哉、西村和徳、深谷 真、古川和弘、福重智宏、今村修平 team-luremaga
AnglingBASS:田沢寛、大道智洋、西村十吾、光田高彬 team-angling
チームドラハン:横沢鉄平、上岡庸助 team-darahan
チーム黒鱒道中:松島秀樹、金澤一嘉 team-matsukin
普段なかなかコミュニケーションを取れない他紙の方と親睦を深めるのも重要な目的ですが、やはりみな考えることは
「絶対に負けられねぇ」

その証拠に、プラクティスに複数回入る参加者が続出。
同じボート屋さんから同日プラクティスにでた編集部員同士がヒットルアーを明かさないという牽制まで行われている模様です。

ちなみにワタクシは3回プラに入り、感触はまずまずといったところ(注:釣れてません)。

決戦は明日、3月26日! 結果などについては後日詳報します!

タニガワ

2017/3/25

<< 2017/3 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
SERIOUS 14 2018 JB TOP50参戦記 1st&2nd STAGE編
SERIOUS 14 2018 JB TOP50参戦記 1st&2nd STAGE編 本体3,800円+税 DVD-160分
第1戦 愛媛県 野村ダム(朝霧湖) 第2戦 茨城県 北浦 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本シリーズ。 2017年シーズンは自身3度目となる年間タイトルを見事手に…
つり人社の刊行物
SERIOUS 14 2018 JB TOP50参戦記 1st&2nd STAGE編
SERIOUS 14 2018 JB TOP50参戦記 1st&2nd STAGE編 本体3,800円+税 DVD-160分
第1戦 愛媛県 野村ダム(朝霧湖) 第2戦 茨城県 北浦 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本シリーズ。 2017年シーズンは自身3度目となる年間タイトルを見事手に…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING