サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

エンジン羽生和人さんに教わった亀山湖スイムジグパターン

営業部コヤナカが押しかけ弟子入り!

Basser編集部=写真と文
960
こんにちは!
つり人社営業部のコヤナカです。
急な投稿ですが、軽く自己紹介をさせていただきます。
最近ちょくちょくBasser編集部ガチンコバトルに参加している33歳既婚者。
バス釣り歴は5年程度です。

dsc_0955コヤナカです。たまに編集部ガチンコバトルにも参加しています

今まではおかっぱり中心にバス釣りをしてましたが、2年前くらいからボートフィッシングも始めました。
僕がボートフィッシングにハマるきっかけになったのが、エンジンプロスタッフの羽生和人さんのガイド受けたこと。
亀山湖は1年に何度も通っていますが、この関東屈指のハイプレッシャーレイクで人より釣るのは至難の業。

でも「この春にどうしてもデカい魚が釣りたい!教えて羽生先生!」ということで同船修業をさせてもらいました。
今回のテーマは「デカい魚を釣る」ですが、当日の天候や水温により思いどおりいかない場合もありますよね。
もうやめようかな……ってときに次の手段は? どうすればいいの? と言うところまで参考になったのでお伝えしたいと思います。

亀山湖の最新情報やガイドサービスの詳細はこちら
羽生和人さんブログ:hablog


今回の亀山湖釣行は4月11日。
「デカいバスが釣りたいです!」
そう伝えると、「この時期ならスイムジグでしょ~!」と羽生さん。
でも、なぜスイムジグ?

個人的にはイマイチ使いどころがわからないという理由で1度も投げたことがないリグです。

「スピナーベイトで良くないですか?」と質問を投げてみたところ、「この時期のスポーニングを意識してるプリスポーンのメスバスはアピールが強すぎるルアーを嫌うんです。もうひとつは、最近の亀山湖は水がキレイなことが多く、それもローインパクトなスイムジグを選ぶ大きな理由です」という答え。

なるほど……、難しいな。

朝イチは小雨がパラパラ降っていて釣れる気マンマンの雰囲気。
ただ、この日の水温は13℃前後。昨年の同時期に比べると2℃近く低いようで、季節の進行が遅れているらしい。
それに加え、この日は前日の初夏の陽気から一転、朝の冷え込みが強まったタイミングでした。

しかし、そんな不安もなんのその、開始まもなく羽生さんのスイミングマスターにヒット!
立ち木が沈むエリアをアプローチしていた矢先のことです。
ねらいのサイズには及ばない35cmほどのバスですが、さすが羽生プロ!

959
羽生さんは、スイミングマスターを水深2m~3mのラインでゆっくりと一定の巻きスピードで丁寧に探っていました。
この”ゆっくり”のスピード感をお伝えするために、スマホで動画を撮影しました。それがこちら……。


「プリスポーンのメスバスがサスペンドするような立ち木の先端に当てながら引いてくるのがポイントです」とのこと。また、巻いているときに少し”コン”と立ち木をかすめるタイミングがバイトチャンスなのだといいます。

この調子で僕もキャッチしたいところだったのですが、天気は次第に土砂降りの雨に。
バイトが遠ざかり、反応のない時間が過ぎていきます……。

こんなとき僕だったらメンタル崩壊して同じ釣りをやり続けてしまうところですが、羽生さんはというと移動しながら次の展開も考え、ところどころに現われる厚いカバーをリーダーレスダウンショットリグでチェックしながら流しています。

958
休む暇がないほどの集中力で次々とカバーにモコリークローを入れていく釣りは、まるでマシーンのような確実性。

すると、すり抜けが抜群な羽生さんオリジナルのセッティングのリグに押切沢入り口のカバー奥でヒット!! サイズは35cm程度でしたが、状態の良いバスが反応しました。

「魚はシャローにいますね。もう少し時間がたてばスイムジグにも反応があるかもね」と励ましてくれた、残念ながらその後は強風&大雨が吹き荒れ、僕にはますます釣るのが難しい状況になってしまいました。

そんななかでも羽生さんは釣ります。15時を過ぎたあたりでトキタボート付近のカバー奥のインレットをモコリークローのリーダーレスダウンショットリグでチェック。すると直後にバイト!

956
「ラインが横に走ったのでしっかり送り込んでからアワせました。カバー絡みでバイトがあったのは、すべて降雨によるインレットができていたスポット。完全に今日だけのボーナスゲームだったね」と羽生さん。

今回は結果的にビックバスに出会えなかったけど、スイムジグはパターンがハマればビックバスを手にするチャンスが大きいと羽生さんは言います。とにかく”立ち木にコンタクト”と”巻きスピード”がキモなのだと感じました。中層に魚の反応があるときはぜひとも投入してみたくなりました。いつかは僕だけがオイシイ思いができますように(笑)。

また秋ごろにスイムジグのパターンがハマる時期があるらしい。
それがいつかは教えてくれなかったけど、今回釣れなかったから教えてくれますよね?

聞きだしたらsiteBをご覧の皆様にこっそり報告しますね。

ちなみに……。
羽生さんが今回使用していた「スペルバウンドコア」。
ビックバスがかかっても確実にキャッチできるようにこだわりをもった製品になっているそうです。
亀山湖のようなレンタルボートエリアでも使いやすいように羽生さんのこだわりが盛りだくさん。
近くで見ていて僕も欲しくなりました。

◆関連記事
エンジン スペルバウンドコア dsc_8707a JAPAN FISHING SHOW 2017ジャパンフィッシングショー見聞録

ラスバス・初バス挑戦記 :第5回 羽生和人×亀山湖 p50-51-habu-1a 1月4日、初バスへの最短距離はディープのライトリグ


羽生さんいわく「スペルバウンドコアの僕のモデルは亀山湖を攻略するうえで絶対に必要なロッドばかり。各モデルともベストな使用ルアー、使用方法はありますが、レンタルボートという環境を考えて、ある程度、使用の幅ももたせています。確実に釣果に繋がることだけを考えて作ったロッドなので、ぜひ使ってください」とのこと。

コヤナカ

羽生さん使用のタックルデータ
●スイミングジグ用
ロッド:SBC‐610H-ST(プロトタイプ/エンジン)
リール:Zプライド(オフィスZPI”×シマノ)
ライン:トーナメントジーン14Lb(G7)
ルアー:スイミングマスター3/8ozステインシャッド(エンジン)+スイングインパクトファット4.3in(ケイテック)

●リーダーレスダウンショット用
ロッド:SBC-610H-ST(プロトタイプ/エンジン)
リール:レボMGX(アブ・ガルシア)+NRC933MオフセットハンドルOS92RハイスペックノブRL(オフィスZPI”)
ライン:トーナメントジーンMARK1ベイト16Lb(G7)
ルアー:10gリーダーレスダウンショット(自作)+モコリークロー(ゲーリーインターナショナル)
  
 
 好評発売中のBasser2017年6月号。巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦! 「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。人気連載「オカッパリで行こう!」、「THE TAKE BACK」のほか、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法を紹介。実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。お見逃しなく!



  
 

 

亀山湖と高滝湖の超詳細ガイドブック。
ストラクチャーや等深線、過去の実績ポイントはもちろん、50㎝アップの実績場所やスクールがよく見られるピンスポットもマップ内に表記。

 

亀山湖 高滝湖バス釣り大明解MAP

  
 

 

スイムジグのイロハを松下雅幸さんが解説!

 

スイムジグ徹底攻略

松下雅幸
DVD-100分

2017/5/9

<< 2017/5 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING