サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

「ヒッパレ!ダイスケ!」を担当したら、河口湖で5尾・7470g釣れてしまった話

「北大祐流ルアーセレクト術」でクランキングによるバスモテ期到来!

写真と文=堀部政男
023

クランクのパワーを評価する


 月刊『Basser』に北大祐さんの「Hit!Parade on the waterヒッパレ!ダイスケ!」という連載があります。主要なルアージャンルをひと通り取り扱ってしまったので現在はお休みしていますが、この2ページコラムの編集を担当してきました。

2
 内容は、端的にいえば「北大祐流ルアーセレクト術」。毎回、クランクベイトやスピナーベイト、ジャークベイトといったようにひとつのジャンルのルアーを取り上げ、おもに「パワー」を基準に北さんがどんなルアーをどう使い分けているのかをご本人に寄稿してもらっています。連載がスタートしたのは2014年6月号でした。

dsc_7040
 ここから思いきり私的な話になります。2014年といえば、山木一人さんの「シャッドをフルスピードで巻いて釣る」感覚がなんとなく理解できてきて、少しずつ実体験を重ね始めていたころ。なので、北さんがクランクの適正リーリングスピードについて書く、「そのクランクが、泳ぎが破綻しない範囲で一番速く巻く」や「腕に最も負荷を感じるリーリングスピードが、そのクランクの適正速度」といった内容を割とすんなり理解することができました。

 それ以前も、「巻き抵抗が重いクランク≒パワフルでマッディーウォーター向き」「巻き抵抗が軽いクランク≒食わせ系でクリアウォーター向き」くらいには理解していましたが、同時に「どんなクランクでも、ゆっくりリーリングすれば、巻き抵抗は軽くなるよね?」「速くリーリングすれば、どんなクランクでもそれなりに巻くのがしんどくなるよね?」という疑問を抱えていました。けれど、北さんに評価基準を与えてもらったことで霧が一気に晴れ、クランクの個々のキャラクターが理解でき、意味のあるルアーローテーションが組めるようになりました(なった気がしました)。

たかがシャッドを巻いて筋肉痛に

 クランクのパワーを北さん基準で再評価するため、手持ちのクランクを思いきり、ひたすらフルスピードで巻いてみて、それまでの自己評価が180度覆ったのがシャッドラップSR-7とブリッツでした。ほかにもパワー評価が変わったクランクはいくつもありましたが、自分のなかでパラダイムシフトが起きたのがこのふたつ。とにかく直進性に優れていて、スプール径33mm・ギア比6.4:1のリールで巻くと、泳ぎを破綻させるのはかなり困難。ハンドルをもっと早く回したくても手の回転がついていかず、その速度になると負荷もだいぶ重く、ハンドルを回す右手も、タックルを保持している左上腕の内側も、たかがシャッドラップ、たかがブリッツで筋肉痛に……。どちらもむしろ軽やかに巻ける部類のクランクだと思っていましたが、「対応するリーリングスピードの限界値付近」で比べた場合にかぎっていうと、身体への負担はウイグルワートの比ではありませんでした。

005
 そういうわけで自分のなかでパワー評価が一気に上がったシャッドラップを霞ヶ浦のとある激濁り水路でロッドを立てて全速巻きしてみたら、50cm・2kg級を含む爆釣。サイズが出ない日もありましたが、代わりにそういうときは数が20近くまで伸びたりもしました(ちなみにグラスロッドを使用。高弾性カーボンロッドを使うとキャッチ数は1/2~1/5以下になる感覚です。バレるバレない以前に、そもそもハリ掛かりしてファイトに至る回数がグラスとカーボンとではまるで違いました)。

これはホントの話


「身に着けるだけでモテ期到来アクセサリー」とか「宝くじで高額当選金ゲット!人生変わる数珠」とか、エ〇雑誌の表3、表4広告みたいな話ですが、「ヒッパレ!ダイスケ!」を担当して(読むだけで)実際にこの身に起こったのは、クランキングによるバスモテ期の到来でした。

「クランクでの50cmオーバー」は、それ以前は1尾しか釣ったことがなく、自分にとってはまさに宝くじに当たるような確率のラッキーフィッシュ扱い……、だったのが、当たるわ当たるわ、これまでの自分はクランクでいったい何してたの?というくらいサイズも数も釣れるように。といっても毎年1、2尾ずつなのですが、もともと「クランクによる50cmオーバーは25年間で1尾」だった自分にとって、ヒッパレメソッド・サイザップの釣果へのコミットは本物。2017年10月27日に河口湖で行なった「編集部ガチンコバトル」では、ブリッツとイヴォーク1.2の全速巻きで6尾をキャッチ、内1尾は50cmオーバー。重いほうから5尾で7470gは、我が生涯の自己記録になってしまいそうな予感です。

horibe1

DVD『北大祐THE CRANKER』


 基本的に月イチアングラーの自分が「読んだだけ」でこんなに効果があった「ヒッパレ!ダイスケ!」は、内容をまとめて単行本『バス釣り超思考法』として弊社より刊行されています。また、月刊『Basser』を定期購読していただくと、バックナンバーのデジタル版が読み放題になるので、ルアーの具体例が豊富に掲載されている連載記事をそのままご覧いただくこともできます。

 そして今夏発売になったDVD『北大祐 THE CRANKER』! ヒッパレ理論の実践者のひとりとして、これは心の底からおすすめの一本です。雑誌編集者としては悔しくもあるのですが、やっぱり動画でないと伝わらないことというのはあるなァと。ただ、月刊『Basser』を読んでいただいている方のほうが、間違いなく内容がするする入ってきます。

 最後に……、「趣味のDVDを観るのに、そんなことするの面倒くさい!」とおっしゃらず、どうかメモなぞ取りながらご覧ください。きっと、クランクで大きいバスがたくさん釣れるようになりますので。B

北大祐DVD『THE CRANKER(ザ・クランカー)』好評発売中!

超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論”のすべてをここに公開!

巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。
昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像とは異なる。釣果に直結する使い方や理論を分かりやすく解説する。
これを観たら今までなんとなく選んでいたクランクベイトをシステマチックに使えること間違いなし!

出演:北 大祐
価格:本体3,600円+税
DVD-145分



2019/8/19

<< 2019/8 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING