サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

編集部ガチンコバトルin片倉ダム 前日プラの思い出

使用済みシンカーストッパーが活躍!

siteB担当アライ=写真・文
img_4136
こんにちは、siteB担当アライです。

発売中のBasser2019年2月号に掲載されている「編集部ガチンコバトルin片倉ダム」はもう読んでいただけましたでしょうか?

今回のルールはワーム限定バトル。私は2年ぶりに召集されたので、前日プラをしてガチで参戦してきました!


ところで、テキサスリグのシンカーストッパーを使い捨てにしちゃうのってもったいなくないですか?

貧乏性の自分も捨てずに取っておいてあるのですが、今回のプラではこのような形で活用してみました!

img_3954フックを折らなくていいのもうれしいですね

試合に向けてバスを釣らずにバイトだけ取りたかったので、フックポイントにかぶせた状態で釣りをしてました。

実は私がこの方法を知ったのは、2015年のタックルアイランドスーパートーナメントのとき。

ゲスト参加の並木敏成さんがトークショーで話していたのを聞いて以来活用する機会を待っていたのです。

dsc_0843トーナメントのプラクティスの進め方についてトークした並木敏成さん

その結果、プラ当日はこの細工を施したテキサスリグで5バイトを得ました。

試しに何回か本気でアワせてみましたが、やはりフックアップすることはありませんでした。

ただ、バイトしてきたバスのサイズは謎。

この日のバイトはアライ判定では全部1kgクラス。本番に向けて妄想が膨らみ過ぎ……?

img_3955他チームには哀愁漂う画像とともに釣果0尾と報告。高度な情報戦であります

それから、前日プラではこの動画のロケで同湖に来ていたO.S.Pプロスタッフの大塚高志さんにお会いしました。


2日間のロケでHPミノーとドゥルガを駆使して40㎝UPを含む20尾超をキャッチされたということで、この日魚が多かったエリアなど根掘り葉掘り(こっそり)教えていただきました。ありがとうございました。

img_3952 アライ「今日はバイトだけ取ってたんですよ(笑)」
大塚さん「えぇ!? そんなガチなんですか」


ビリにチームには恐ろしいペナルティーがあるのでガチでやってきました。

アライの努力の結果を気にしていただける方はぜひチェックを!

 
第10回オカッパリオールスタークラシック
ザ・キャノンボール/四国の四人編



 前号のBasser Allstar Classicに続き、今号ではスターたちの「オカッパリ」バトルを特集! 10回目の開催を数える今回の舞台は、なんと四国四県! 折金一樹さん、北大祐さん、早野剛史さん、藤田京弥さんら2018年に輝きを放った、いま大注目のアングラーたちがお遍路道を駆け巡ります。

 4名全員が旧吉野川以外のフィールドでオカッパリをするのは初めて。これまで見たこともなかった釣り場がほとんどを占めるなか、たった2日間下見をしただけで、四国各地で引き寄せ合うように出会う選手たち。このメンバーがガチでエリアを見極めるとこうなるのか……。

 ボートを降りてもトッププロ半端ないって! テクニックも、釣果も、節目の第10回大会にふさわしい素晴らしいものに内容になっています。

 「米国ツアー最前線」では、前号に引き続き雨貝健太郎さんが激動のアメリカトーナメントシーンを詳報。B.A.S.S.からの移籍を決意した選手、そして招待を蹴って残留した選手へのインタビューから競技フォーマットまで、26ページの大ボリュームでお届けします! 年末年始にゆっくりできる人にも、できない人にも、とにかく読み応え充分の一冊です。


 

2019/1/11

<< 2019/1 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING