サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

JB TOP50開幕戦を、澳原潤さんがラバージグで制す。

JB TOP50開幕戦を、澳原潤さんがラバージグで制す。

Basser編集部=写真と文
ラバージグ特集号を編集した直後、
高知県・さめうら湖へJB TOP50開幕戦の取材に行ってきました。

勝ったのは澳原潤さん。

おめでたい初優勝は、
最終日に今大会のマックスウエイト6800g超を持ち込んでの豪快な勝利でした。

で!

そんな澳原さんのメインルアーがラバージグ!

2005年にスタートしたTOP50でラバージグがウイニングルアーになったのは

これが初! のはずです。

いいタイミングでラバージグの特集を組むことができたと思いました。

Basser最新号は間もなく店頭に並びますので、
皆様、ぜひ大きいバスを釣ってくださいね。

01
開幕戦を制した澳原潤さん。桧原湖などで何度も勝っているイメージがありましたが、意外にもこれがJB戦初優勝とのこと。悲願の初優勝を遂げた今大会の冠は、澳原さんのメインスポンサーであるゲーリーインターナショナル。しかも開幕戦ということで、絶好のタイミングでの勝利でした。おめでとうございます!
02
 メインルアーは3/8ozと1/2ozのフットボールジグで、それぞれのトレーラーは4inのシングルテールグラブとダブルテールグラブ(ゲーリーインターナショナル)。水噛みの違うトレーラーをアピール力で使い分けつつ、ジグのウエイトを変えることでフォールスピードなどの使用感を合わせていました。
 上位3名(澳原さん、市村直之さん、福島健さん)に共通する「岩盤帯でのスピーディーなフォール」に加え、澳原さんだけが「岩盤帯でボトムをきった中層スイミング」を挙げていました。だからトレーラーは懐かしの、そして現役バリバリの4inグラブだったんでしょう。このあたりはちゃんと取材して次号に掲載します。


03
3位は福島健さん。「ライトリグには小バスしか食ってこなくて、こんなことしてたらイカンと切れ気味にフットボールジグにローテーション。そのまま押し通しました」ということでした。
04
 メインルアーは3/8ozフットボールジグ+キッカーバグ3.5in(エバーグリーン)。
 福島さんといえばフィネスの達人、みたいなイメージがあったのですが、チャターベイトで勝ったり、3日間元気にクランクベイトを巻いていたりと、最近はパワーゲームで押し通すことが増えてきたような……。で、そこのところを聞いてみたら、本人的には何が変わったわけでもなく、
「釣り方にこだわりはありません。勝てると思うことなら何でもやります」
 とのことでした。勝負師ですねェ。そして、何でもやれてしまうあたりが凄い……。

というわけで、ジグをキーにした簡易レポートでございました。

(ホリベ)

2013/4/25

<< 2013/4 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年11月号

【特集】Spinner Bait

 スピナーベイトを徹底的に深掘りした内容で、このルアーの奥深さと用途の多彩さを知ることができる一冊です。田辺哲男さん、奥村和正さん、清水盛三さんら、ロングセラーになっている国産スピナーベイトの設計者が多数登場します。
 名作スピナーベイトの誕生秘話やパーツごとの機能を解説するコンテンツに加えて、実釣記事も充実。筋金入りのスピナーベイターたちの理論と活用法を知ることで、「スピナーベイトは活性の高いバスを釣るサーチベイト」という、ステレオタイプ的イメージから脱却することができるでしょう。スピナーベイト縛りのトーナメント「the BLADE」の模様も詳報されています。
 B.A.S.S.エリートシリーズで快進撃を続ける伊藤巧さんの戦いぶりをはじめ、アメリカのツアー最前線を詳しく知ることができる専門誌は『Basser』だけ。今号では2戦連続の決勝進出を果たした伊藤巧さんの、シャンプレイン戦の舞台裏を詳しくレポート。また、B.A.S.S.オープンで優勝した“まっつん”こと松下雅幸さんの朗報も、本人による手記が、締め切りギリギリ滑り込みで掲載されています!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING