サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

JB TOP50開幕戦を、澳原潤さんがラバージグで制す。

JB TOP50開幕戦を、澳原潤さんがラバージグで制す。

Basser編集部=写真と文
ラバージグ特集号を編集した直後、
高知県・さめうら湖へJB TOP50開幕戦の取材に行ってきました。

勝ったのは澳原潤さん。

おめでたい初優勝は、
最終日に今大会のマックスウエイト6800g超を持ち込んでの豪快な勝利でした。

で!

そんな澳原さんのメインルアーがラバージグ!

2005年にスタートしたTOP50でラバージグがウイニングルアーになったのは

これが初! のはずです。

いいタイミングでラバージグの特集を組むことができたと思いました。

Basser最新号は間もなく店頭に並びますので、
皆様、ぜひ大きいバスを釣ってくださいね。

01
開幕戦を制した澳原潤さん。桧原湖などで何度も勝っているイメージがありましたが、意外にもこれがJB戦初優勝とのこと。悲願の初優勝を遂げた今大会の冠は、澳原さんのメインスポンサーであるゲーリーインターナショナル。しかも開幕戦ということで、絶好のタイミングでの勝利でした。おめでとうございます!
02
 メインルアーは3/8ozと1/2ozのフットボールジグで、それぞれのトレーラーは4inのシングルテールグラブとダブルテールグラブ(ゲーリーインターナショナル)。水噛みの違うトレーラーをアピール力で使い分けつつ、ジグのウエイトを変えることでフォールスピードなどの使用感を合わせていました。
 上位3名(澳原さん、市村直之さん、福島健さん)に共通する「岩盤帯でのスピーディーなフォール」に加え、澳原さんだけが「岩盤帯でボトムをきった中層スイミング」を挙げていました。だからトレーラーは懐かしの、そして現役バリバリの4inグラブだったんでしょう。このあたりはちゃんと取材して次号に掲載します。


03
3位は福島健さん。「ライトリグには小バスしか食ってこなくて、こんなことしてたらイカンと切れ気味にフットボールジグにローテーション。そのまま押し通しました」ということでした。
04
 メインルアーは3/8ozフットボールジグ+キッカーバグ3.5in(エバーグリーン)。
 福島さんといえばフィネスの達人、みたいなイメージがあったのですが、チャターベイトで勝ったり、3日間元気にクランクベイトを巻いていたりと、最近はパワーゲームで押し通すことが増えてきたような……。で、そこのところを聞いてみたら、本人的には何が変わったわけでもなく、
「釣り方にこだわりはありません。勝てると思うことなら何でもやります」
 とのことでした。勝負師ですねェ。そして、何でもやれてしまうあたりが凄い……。

というわけで、ジグをキーにした簡易レポートでございました。

(ホリベ)

2013/4/25

<< 2013/4 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING