サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

JB TOP50開催予定時期&場所

JB TOP50開催予定時期&場所

Basser編集部=写真と文
以下のように発表されています。

第1戦 3月26日~ 野村ダム(愛媛県)

第2戦 6月4日~  霞ヶ浦水系(茨城県)

第3戦 7月2日~  桧原湖(福島県)

第4戦 9月3日~ 旧吉野川(徳島県)  

第5戦 10月1日~ 早明浦ダム(高知県)



最終戦の早明浦ダムは行ったことがありませんが、ほかは何度か行ったことありです。

●野村ダムは、夏に「オカッパリで行こう!」で取材して、
関和さんがめちゃくちゃ釣ってました。

春はどうなんでしょうか…
規模が大きい湖ではありませんし、
春はイイ場所とツレナイ場所がハッキリしてる時期なので
フライト順の「引き」がかなり重要な気がします。

と書きつつ、そういうことで勝負が決まるのもツマラナイので
試合中に釣れるレンジやエリアがガンガン変わっていってほしい。
それもまた春らしい試合だと思いますし。



●霞ヶ浦は…、またアフターメインの開催時期なんですね。
この時期のJBとNBCは、石積護岸やジャカゴのインサイドはスポーニングに配慮してNG。
いつものことながら、非常に難しい設定での試合になります。

そろそろ事実上の北浦戦や常陸利根川戦ではなく、
霞ヶ浦での決着が観たい…、けど、釣れる保証がない本湖まで長時間走るのは…
なんて考えてプラをしても、当日の風でプランがすべてパー
みたいなことも起こる、戦るほうも観るほうも予想不能な試合です。



●出ました、7月頭の桧原湖ですよ。
昔(12~9年前)は、サイズを問わなきゃ
シャローで1日100尾とか釣れた時期(6月中・下旬から7月上・中旬)の開催です。
キャロでもダウンショットでもノーシンカーでも、5inカットテールが釣れに釣れて、
けど、4inはあまり釣れない…ということを、3シーズンで計10回ほど経験しました。
フックはがまかつのワーム314♯1/0で、食いが深いときはバーブレスにしてました。
このパターンって生きてるのでしょうか?
まぁ、釣っても釣っても20cm台、たま~に30cmが混じって
40cmクラスは1日で0~2尾という程度でしたけど。

なので個人的には、5尾で2kgを超えた選手は神! です。


●旧吉野川。昨夏の試合では、青木大介さんと江口俊介さんの釣りが凄かったです。
ふたりとも「釣り脳」と「試合脳」の働きっぷりがトンデモナイな、と。
けど、それぞれがかなり理詰めのパターンだったので、
表面的にならマネてしまえそうで…
青木さんと江口さんは、昨年のマンマの展開では厳しくなるでしょう。

そうそう。旧吉野川は、2005年が河辺裕和さん、2008年が江口さん、2009年が青木さん、と
ここのところずっとゲーリーファミリーが勝っている川です。
この牙城を崩す他チームの選手が現われるのかどうかにも注目です。

(ヤマガタ)

2010/1/25

<< 2010/1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING