サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

H-1グランプリ

H-1グランプリ

Basser編集部=写真と文
そして日曜はH-1グランプリでした。
(第3戦・新利根川戦)
※鈴木美津男さんが主催するハードベイト限定のトーナメント

編集長が急きょ出られなくなり、

でもエントリーは2人分で出していたので、

「18時に新宿にいなきいけない」と言う

B君に無理を言って一緒に行きました。

車内で聞くと、

「いや、今日、俺告白するんすよ」とのこと。

えーっ。

そ、そ、

それって遅刻絶対不可じゃん……。

てゆーか、そんな極めて重要な1日に、

朝2時30分に起きて、

水質悪めの沼系の川で釣りをさせていいのか?

と一瞬思いましたが、

「まぁ、とりあえずブラック釣ってから考えましょうや」とありがたいお言葉。


で、新利根川に到着。

普段は数釣りが楽しめる場所ですが、

松屋のウェブサイトによると、

稲渋が入り新利根川の水質が著しく悪化。

しばらく厳しい状況が続き、

やっと回復し始めたタイミングでの大会でした。

7時にスタートし、

洲ノ野原の真珠棚で巻いたあと

妙義水道へ。

この日初めてヒットシーンを目撃し、
(バイブレーションで釣ってました)

「ここがガンダーラか!」と近くで

スピナーベイト(Dゾーンフライ・シングルウイロー)をゆっくり巻くと

すぐにキロフィッシュが!!

わたくし、大会に出るのは

弁慶堀の大会以来、人生2度目。

バスをライブウエルに入れたあと、

「まだ10時だし、こ、このサイズが3尾そろえば……、いや、2尾でも……」と

なぜか激しく動揺&緊張し、

落ち着くためにおしっこをすると、

すべてが開けっ放しのタックルボックスに入る始末。
(気づかなかった)

このあと周辺でタコ粘りし、

大きめのバスを1尾バラして意気消沈。

でも帰着間際にスピナーベイトで350gくらいのが釣れて

ハッピー検量。

びっくり5位でした!

そして、B君を無事に送り届け帰宅。

いや~、楽しかった!

ちなみに「成功」だったそうです。

(ササキ)








2011/10/5

<< 2011/10 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING