サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

取材現場で目撃したレッグワームのニュー・スタンダード

1月30日、『Finesse Fishing with Gary Family』発売!!

Basser編集部=写真と文
1a
Finesse Fishing with Gary Family』というムックが1月30日に発売されました。

日本語タイトルは「ゲーリーファミリーと学ぶ8つのリグ」。「読んだら釣れる」と言い切れる内容になっています。

今回は内容の一部を紹介します(目次なども併せてアップしています!)。

取材していて「これは絶対試さねば」と強く感じたのが小森嗣彦さんの新たなレッグワームリグでした。

ダウンショットではなくネコリグです。

「これはレッグワームのダウンショットと同じように、全国的に誰もが釣れるリグになると思います」と小森さん。

komori-1 2.9inレッグワームN・S・Sフックパーフェクション#1/0
挿入シンカーは1/11oz(2.5g)



これは2.5g前後のシンカーを使うカバー特化型のネコリグ。

2.9inレッグワームリグでカバーを撃っていくのですが、(2.5gとは思えないほどスルスル入る!!)レッグワームならではの水蹴りとコンパクトさがカバーネコリグの釣りでもビッグアドバンテージになるようです。

実際、11月末に行なった亀山湖の取材では午前中だけで4尾をキャッチ。1尾は40cmクラスでした。

komori-2 写真中央。バスの尻尾あたりにあるナナメの竹にラインを掛けてロングシェイクした結果だった


動作的にはシンプル。

ピッチングでカバー奥に入れるのですが、ラインを枝や浮き物に掛けてのチョウチンアプローチが基本。

いったんボトムに落してからシェイクでバイトを誘います。

そこからは徐々に水面へ……。

チョウチンすることで、バスがどのレンジにいても寄せられるのが強みです。

komori-3 このキャストでは水面に浮かぶ竹にラインを掛けた


ざっとまとめるとこんな感じなのですが、細かい動作の要点からエリア選択に至るまで、あらゆる段階に小森さんならではのノウハウが詰め込まれていました。

たとえば写真のようなカバーを撃つとき、「どこから撃っていくか」という決定にブレは一切ありませんでした。

「一番いいところから撃つのが絶対」と小森さん。

では一番いいところとはどこなのか、それはほかの要点と合わせてムックで紹介します。

070-073_002
取材を通じて、小森さんが2016年のTOP50においてネコリグで年間2勝を決めた理由がよくわかった次第です。

ササキ

2017/1/30

<< 2017/1 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING