サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

D70のオーバーホール。

D70のオーバーホール。

Basser編集部=写真と文
以前、デジタル一眼カメラの「ザク君」こと、D70を



流水で丸洗い



したようすをアップしたところ

「ワラタ」という反応より、

「オプションで防水仕様にできんの?」という反応のほうが若干多かったのですが、



大丈夫!



オプションなんか付けなくたって、実はあなたのD70も丸洗いできます。

ウソはついてません。洗濯機に放り込むことだってできます。

自己責任でピッカピカにしてあげてください。





























ちなみに、僕はあのザク君といっしょに、

竜宮崎から野尻湖へダイヴしました。

足下がズルっと滑って、手近にあった木(直径30cmくらい)に抱き着いたら、

その根元もズルっと滑って

ハイ、その木もろとも滑落~。



斜度60°くらいでしょうか。

軽く6~7mは転がり落ちて、岩が点在する浅い砂地に頭と左肩から



バシャドゥッ! (着水と着底がほぼ同時)



落ちた場所が悪ければ、着底の瞬間にあの世逝きでした。



が、生きてるとわかると妙に冷静なもので、

下半身が湖水に浸ったまま砂地に正座。

「どこか骨折してたらこの崖は登れないな。

あ~あ、明日の朝7時(野尻湖のレンタルボート営業開始時間)まで

骨ポッキー状態で野宿かな~。

今は興奮状態だから痛みを感じないだけで、そのうちズッキーン! だろうな~」

なんてことを考えながら、四肢が動くのを確認すると、

全身擦過傷&打撲のみで、折れてな~い。

というワケで、えっちらおっちら崖を登って車に戻り、

人目がない(というかすでに真っ暗だった)ので、道端で全裸着替え。

でも、身体は冷え冷え。

ということで、その日の朝にチェックアウトした宿へ行き、

お風呂入れさせてもらったら全身の傷がしみまくった、という経験をしました。







ところで、そもそもなぜ竜宮崎から落っこちたのか。

実は、崖を降りてムシパターンで40cm前後のスモールを5尾釣り、

満足したし、そろそろ暗くなってきたので崖をよじ登り、

もう2、3歩で道路、というところで



ズルッ



あ~



といったのでした。









まだ続きますよ。








ところで、そもそもなぜそんなムチャッパリをしたのか。

実はこの日はJB’04ワールドシリーズ野尻湖戦の最終日でした。

そう、ついさっき表彰式でパターンを聞き、

おまけに3日間、選手がムシパターンで釣るようすをつぶさに観ていて、

なんだこの釣り? 超おもしろい! やってみたい!
(このとき初めてムシパターンを生で目にしたのです)

ということで、即実行に移ったのでした。



けれど、レンタルボート店の営業時間は終わっていたので、

取材メモを見直し、ボート屋並びのショップでムシルアーと遊漁証を買い、

上位入賞者がキッカー場にしていた竜宮崎へGO!

上から下を覗き込んで、

恐ェ~

とは思いましたが、

聞きたてほやほやで、確実に生きているだろうエリアとパターンの誘惑が勝ったのでした。






こんな長文を書くときは、決まってライターさんの原稿を待ってるときです。

今もそうです。

つらつらといつまでも書けそうです。





そうそう、いっしょにダイヴしたザク君は、

落下の途中で我がみぞおちに深くめり込み、

レンズは欠け、ボディーは歪み、とどめに水没して、

修復不能の大ダメージを受けました。

その瞬間、優しい心を持ちながら、激しい怒りに目覚めたザク君は、

同時に死の淵から生還したりもしちゃったものだから

なんだかスーパーな感じで…

いや、ホントに手持ち無沙汰だから書いてる感じになってきました。

が、仕事がきたのでここまでです。

(ヤマガタ)


======================================
並木さんといくアマゾン釣行も随時募集中!!

詳細は、
ブラジル旅行社のホームページ 、いいつりびとドットジェーピーに掲載しています!

トシと行くアマゾンツアー

2009/2/19

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING