サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

DAIWA×CHALLENGERコラボ FIRE CAP & T.D. VIBRATION “V8 FIRE” 販売迫る!

CHALLENGERが挑むバスフィッシングの新たな表現

Basser編集部=写真と文
01
 2021年5月1日(土)、人気アパレルブランド「CHALLENGER」の取扱店にて、スペシャルカラーのT.D.VIBRATION(DAIWA)が付属する限定キャップやコラボレーションフィッシングアイテムが販売開始となる。
 ストリートファッションと釣具メーカーのコラボレーションはどのようにして実現したのか。CHALLENGERのプロダクションマネージャーを務める新谷竜治さんに話を聞いた。


―― まず、チャレンジャーというブランドについて教えてください。

新谷 コンセプトは「アメリカン・ガレージ」。車、バイク、スケボー、楽器など、男が何歳になっても愛情を注ぎ込むガキの遊び道具が眠っているガレージからいくつものカルチャーが生まれ、ヒーローが生まれてきました。デザイナーがそのように捉えた「アメリカン・ガレージ」というものを背景とし、プロダクトに反映させています。

challenger 渋谷区神宮前に店舗を構え、全国43店舗のセレクトショップに商品を展開している

―― ファッションとバスフィッシングとの繋がりはどのようにできていったのでしょうか。

新谷 CHALLENGERとして、バイクやスケートボードに比べるとバスフィッシングはファッションシーンとのリンクが薄く、プロダクトとして表現が難しいと感じていましたが、2019年にCHALLENGERがバスフィッシングにフォーカスしたポップアップイベント「Street Fishermans Store TOKYO」を展開したり、ELECTRICさんやCAPTAINS HELMさんと手を組み、亀山湖へのチャリティー「SAVE LAKE KAMEYAMA」を企画したりして、だんだん風向きが変わってきたんです。過去にはAPEさんとダイワさんのコラボもあり、僕らもそういったバスフィッシングと原宿のストリートシーンの関係を見てきましたから。

dsc_8838 過去にはAPE×DAIWAのコラボも

―― 新谷さんは、バスフィッシングの何に魅力を感じてらっしゃるのですか?

新谷 スケートボードやバイクのように、人それぞれにスタイルがあるのがいちばんおもしろいところです。釣りそのもののスタイルはもちろん、ロッドとリールの組み合わせにもスタイルがある。そんなところが魅力です。格好いい人や魅力のあるスタイルに影響を受けるところも、スケートやバイクのカルチャーと似ているように感じます。

―― そもそも趣味としての親和性は高かったんですね。

新谷 これからも洋服を通してバスフィッシングを表現できればと思っています。釣り具メーカーの努力やテクノロジーの発達で、バスフィッシングギアは日々進化しています。ユーザーが快適に釣りを楽しめるようになった今、僕たちはそこに「遊び心」をプラスした物作りをしたいと考えています。

―― 今回のコラボレーションで発売となるアイテムについて教えてください。

新谷 まもなく発売を開始するファイヤーキャップに、ノベルティーとしてCHALLENGERのロゴにファイヤーパターンのペイントを施したスペシャルカラーのT.D.VIBRATIONが付属します。カラー名は“V8FIRE”。アメリカのモーターカルチャーを象徴するV8エンジンと、燃え上がるエンジンをモチーフに、既存のモノに手を入れてオリジナルのモノに仕上げるという、カスタム文化をルアーで表現しようと思いました。
 ほかにも、DAIWAさんと制作したGORE-TEX INFINIMのジャケットやELECTRICさんと開発した偏光サングラスなども同時に発売予定です。ぜひチャレンジャーの取り扱い店舗でこれらをゲットし、僕らの世界観を感じて貰えたらと思います。

02 02_2-2 FIRE CAP
燃え上がるような刺繡が印象的なコットン100%のキャップ。カラーはブラックのみでフリーサイズ。アジャスター付き。価格は8250円(T.D.バイブレーション込みの金額)


02_2 T.D.VIBRATION 74S “V8ファイヤー”
ブラックベースに「CHALLENGER」の文字とド派手なファイヤーパターンをペイント。※このルアーはキャップのノベルティーとして付属するものです。釣具店や単品での購入はできません


04 05 同時発売予定のアイテム。ジャケット(DAIWA×CHALLENGER)は5万2800円、サングラス(ELECTRIC×CHALLENGER)は3万8500円※表示金額は全て税込

niya s__18636913 CHALLENGER CREWは芦ノ湖や霞ヶ浦や亀山湖を中心にバスフィッシングを楽しんでいる


●問合先
CHALLENGER
住所:東京都渋谷区神宮前2-18-7 #101
℡:03-3423-1919
HP:http://www.challengerworks.com/index.html
INSTAGRAM:@challenger_brigade


Basser2021年6月号、4月26日発売! basser2106 表紙をクリックすると試し読みができます

maxresdefaulta



2021/4/22

<< 2021/4 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 3,960円(税込) DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 3,960円(税込) DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年8月号

【特集】SlowDownGame 必然のスローダウン

今号はスローダウンゲーム特集。冨沢真樹さんは荒天の西湖で表層フィネスゲームを展開。マイクロベイトパターンの提唱者、大津清彰さんは相模湖にて次々とバスの口を使わせます。ハンクル・ジョーダンが釣れる理由を名手たちの証言からひも解く記事では、3者3様の分析が垣間見えます。
また、巻頭記事は小森嗣彦さん、折金一樹さん、馬場孝介さんによる「亀山湖尾数無制限バトル」。エキスパートたちのタフコン対策は必見です。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING