サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

6月7日、芦ノ湖で「編集部ガチンコバトル」やります!

えっ、山木さん出るの!?

siteB担当アライ=文
img_4767
 皆さんこんにちは。siteB担当のアライです。

 Basser誌面の企画「編集部ガチンコバトル」に半年ぶりにお呼ばれしました。Basser関係者がチームに分かれて争いを繰り広げる、あの記事です。

 今回舞台は芦ノ湖で、チーム分けはこう!


・山木一人さん&編集長ホリベ
・カメラマン・オオモリ&編集部タニガワ
・ライター・スイトウ&デザイナー・イシカワ
・営業部ジミー&アライ


 この機会に社外の編集スタッフを紹介させてもらいますと……

 オオモリさんは「NEO田辺道場」などを担当していただいているカメラマン。釣りは超上手い。どれくらい上手いのか過去の「編集部ガチンコバトル」の原稿を引用すると「草野球にメジャーリーガーが紛れ込んでる」くらい。

 スイトウさんはプロアングラーの技術をわかりやすく原稿にまとめてくれるライターさん。Basser2018年9月号でオリキン先生を取材した直後のH-1グランプリで3位入賞するなど、取材内容をスポンジのように吸収する恐ろしい選手。

 イシカワさんはBasser誌面のチーフデザイナー。原稿や写真を読みやすく且つオシャレにレイアウトして誌面をデザインしてくれる方です。普段は北海道在住なこともありヘラブナ釣りがメイン。ひと月に100尾くらい釣りまくっているとのことで釣りのセンスはピカイチ。

 そして。山木一人さん。なんでこの方が紛れ込んでるんですか……。芦ノ湖で生まれ育ち芦ノ湖とともに生きてきたスーパープロフェッショナル。ホリベさんチーム明らかにチートですよね。

 ちなみに私アライはバスフィッシングの経験値はほぼ牛久沼で積みました。芦ノ湖へは先週末プラで行ったのが初めて。こんなにクリアな水も初めて。

img_4763
 幸い、プラでは同行してくれたジミーさんがいい魚を4尾キャッチしてくれたので、なんとかふたりでしがみついていきたいと思います。

62076778_2076112929181031_763904197526552576_n
 自分としてはジミーさんにまかせっきりになってしまうのも悔しいので、青木大介さんの新作DVD『Final Finesse -ファイナルフィネス-』を見てイメトレしたり、テイルウォークの中村宗彦さん(芦ノ湖ロコ)にアドバイスをもらったり。おかげで自分にも釣れる気になっております。


 今回は米国BPTの形式にならって、リミットなしのキャッチ&ウェイ&リリース方式のルールです(検量対象は500g以上)。このフォーマットで一般人(とプロ)が試合をするとどうなるのかもちょっと面白そうです。
 
 明日はBasser公式Twitterで釣果の一部を紹介してみようと思います。

 結果は6月26日発売予定のBasser2019年8月号に掲載予定です。よろしくお願いします!

 アライ


表紙をクリックすると試し読みができます

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。









2019/6/6

<< 2019/6 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年10月号

【今月の研究テーマ】
虫・カエル・ネズミ

小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING