サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser No.233(2011年05月号)

Basser No.233(2011年05月号)

Basser編集部=写真と文
26日発売の最新号です。よろしくお願いします。

01
バスマスタークラシックの同船取材記事が充実しています!

スキート・リース
テリー・スクロギンス(ただいまエリート好調!)
ゲーリー・クライン
トミー・ビッフル

そして

清水盛三さん!! フロム・ジャパン・オオサカ!!
02
03
アメリカでも、日本とまるで同じようにファンに愛されているモリゾーさんも印象的でした。



第2特集は春のハードベイト
04

関和 学さん
庄司 潤さん
森田哲広さん
小森嗣彦さん

このなかにひとり、取材時の状況とハマったパターンが
クラシックでのKVDに近い方がいます!
ロケーションが同じではないにしても、キーとなる言葉はまるで同じだったりして
ドキリとしましたよ。作ってるほうとしては。

道場はワカサギパターンがテーマ。
先生はオリキンちゃんこと折金一樹さんです。
05


(ホリベ)

2011/3/24

<< 2011/3 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年4月号

REEL
いま、ここにある愛機

 大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バ スフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。
 特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて 発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、 青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリー ルの左右巻きを選択しているのかが明かに。
 さらに 国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。
 この一冊が 今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING