サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser No.231「ワカサギ・プロファイリング」と赤羽修弥さんの「本+DVD」

Basser No.231「ワカサギ・プロファイリング」と赤羽修弥さんの「本+DVD」

Basser編集部=写真と文
最新号です。

1

パターンのキーとして語られることが多い

重要なベイトフィッシュ、ワカサギの特集です。

ワカサギって、意外といろんなところにいます。

昨冬のイヨケンさんの取材では、知多の野池にもいました。

自分は、小学生のころ学校帰りに城跡の堀で晩飯のワカサギを釣るのが日課でした。

その堀ではバスもまあまあ釣れたので、ワカサギパターン的な釣りもあったのかも。



主要なコンテンツです。

●吉田幸二さん、泉和摩さん、川口直人さんのワカサギ鼎談

●山木一人さんのワカサギパターン(実釣/千葉県)

●田中大介さんのジャークベイトパターン(実釣/山口県)

●「ワカサギの視点からバス釣りを考える」文=加藤憲司さん(東京都島しょ農林水産総合センター主任研究員)

●ワカサギルアー八景

 河口湖・西湖=沢村幸弘さん

 相模湖・津久井湖=並木敏成さん

 榛名湖=大塚茂さん

 琵琶湖=市村直之さん

 桧原湖=澳原潤さん

 生野銀山湖=有里拓さん

 亀山湖=小森嗣彦さん

 芹川ダム=内村丈二さん

●田辺哲男さんのワカサギ考

●ワカサギの釣り方3種


よろしくお願いします。



こちらもぜひ!

「本+DVD」形態の

赤羽修弥さんのハウツーもの。

テーマは「シャローカバー」です。

厚さ2cmほどの外箱に入っているので

店頭ではかなり目立ちます。

2


中はこんな感じ。本は52ページ、DVDは約70分で1890円(税込)。

ちょっと高めのルアー1個分ですよ。
3

「自分なら買います!」と言える内容と価格です!
4


釣果があがっているおもなルアーは、

各種テキサスリグとフロッグ。

動作解説やタックルセッティングにも注目ですが

「ルアーの出しどころ」と「ローテーション」も要チェックです。
5

シーズンイン前に読んで、観ておけば

今年は釣果アップ! 釣りの満足度と充実度もアップ!

すると思います。

しかし、ぶっちゃけ安くしすぎたような……。

(ホリベ)

2011/1/24

<< 2011/1 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING