サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser No.230 Deeeeeeeeep impact!!!

Basser No.230 Deeeeeeeeep impact!!!

Basser編集部=写真と文



最新号です。よろしくお願いします。



230

魚探の基本的な見方から取り上げました。

想像力をたくましくしてディープレンジを探ってみてください。

そのための妄想力のオカズになりそうなネタが満載です。



ところで表紙の奥村さんの「引き」って、どんだけ強ェ~のでしょうか。

単独ロケは一昨年の「ロクマルトゥルー」以来でしたが

また、ですよ、また。

スキルがあることは疑う余地もありません。

にしたって、……ハァ。ため息が漏れます。



「食ってきたその1尾」がなぜ特大なのか。

55cmとか56cmとか57cmとか58cmとか59cmではなく

なぜ「超えてしまう」のか。



以前、ご本人にそのことについて尋ねたら

「自分でも、そういう星のもとに生まれてきたとしか説明できん」

とおっしゃってました。



言う人を非常に選ぶセリフだと思うのですが

奥村さんが言うと、「そうなんスね。生まれてきちゃったんですね」

と納得してしまいます。



(ホリベ)

2010/12/25

<< 2010/12 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING