サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser最新号もよろしくです

Basser最新号もよろしくです

Basser編集部=写真と文
DVD最新刊の
お知らせから間髪を空けずに
Basser最新号のお知らせです。


00のコピー


特集は
Hard & Soft, Their Best Baits
貫く理由。
それぞれのオンリーワン

01のコピー



状況別に多彩なルアー、リグを効率よく使いこなすのが
この釣りの面白さであることは重々承知していますが、
春に信じて貫けるハードベイトひとつ、ソフトベイトひとつを
あえて教えてもらいました。

なぜ、それを推すのか。
なぜ、それが他と異なるのか。
それぞれのオンリーワンの使い方も実に興味深いですよ。
ちなみに講師の方とロケ地は以下のとおり。

並木敏成 × 相模湖
小野敏郎 × 合川貯水池
北 大祐 × 琵琶湖
関根健太 × 琵琶湖


そのほか今月号でページを割いているのは
やはり東日本大震災に関するものです。
連載陣からも田辺哲男さん、成田紀明さん、関和学さん、小島宏さんなどなど
多くの方々が、この被災に関するメッセージを発信しています。
また、岩手県、宮城県、福島県の東北3県からメッセージも届けられています。
さらに、気になる霞ヶ浦、北浦の現状ルポも見逃せません。
今、私たちにできることはなんなのか。
そのヒントがたくさん詰まっています。
もちろん、それは自粛ではありません。

02のコピー


今月号も春らしい魚たちが目白押しです。
本誌を参考にフィールドに出かけてもらえたら
それ以上の喜びはありません。
(アマノ)

2011/4/25

<< 2011/4 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING