サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser最新号です。よろしくお願いします!

Basser最新号です。よろしくお願いします!

Basser編集部=写真と文
Basser No.294
2016|6
1

contents

022 並木敏成のリザーバー・マネジメント vol.01[後編]

春と冬が拮抗する4月。「魔の13℃」の処方箋
2
津留崎健=写真 水藤友基=文


032 田辺道場 THE TAKE BACK
~スピナーベイトの力とクリスタルSのすべて~[前編]
3
大森忠明=写真 大場未知=文


040 JB TOP 50開幕!!
5


051 国保誠さんが5月の南湖で実践する釣り 金澤一嘉=写真・文

056 関和学のオカッパリで行こう! 第90歩 霞ヶ浦 関和学=文

060 川村光大郎 GWの霞ヶ浦オカッパリ必釣テク 金澤一嘉=写真・文

064 これで釣らなきゃ5月は終われない! ご当地パターン集

068 中田敬太郎 4・5・6月の西湖はデルゼに出るぜ!!
4
水藤友基=写真と文


072 History of Fantasista
岡崎烈=文

078 BASSMASTER ELITE SERIES
6
齋藤静吾、ギャリック・ディクソン、雨貝健太郎=写真 雨貝健太郎=文


098 フカシンガッツ! フカシン応援団=写真

100 W.B.S. TOURNAMENT REPORT 風 太郎=文

102  TBC TOURNAMENT REPORT 金澤一嘉=写真・文

106 モノの舞台裏 石川正勝=写真

112  Basser Best Buy

114 ヒッパレ! ダイスケ! Hit! parade on the water 北大祐=文

118 A HARD DAY’S NINJA センドウタカシ=文 

120 キニナルゲンバ 第40回 風と水面の関係がキニナル 松本賢治=写真・文

122 ボートバカ一代 成田紀明=写真・文

123  B級ルアー列伝 Dab=写真・文

124 ファイト、ファイト、コジコジ! 小島宏=写真・文

126 ラフウォーターを駆けるスキーター・ヤマハ最新モデル 金澤一嘉=写真・文

130 今月の読者プレゼント 石川正勝=写真

131 オールスタークラシック開催決定!!

132 イヨケンの 今日も次の夢を叶えるために

136  H-1グランプリAOY・伊藤巧のアメリカバスフィッシングツアーレポート
 
141 痴虫・松本のチム史 松本光弘=写真・文

142 T.N.S OFFSET HEAVY DUTY (FINA)

147 小森ノート 小森嗣彦=文

150 THE JAPAN ORIGINAL 伊東由樹=文

152 編集部ガチンコバトル
水藤友基=写真・文

158 バサー放課後の部室

163  KOTA KIRIYAMAのIf they can do it, I can do it! 桐山孝太郎=文

164 B情報局

166 山木食堂闇鍋定食 山木一人=文

168 日釣振ニュース

169 旅するロッドプランナー 藤井伸二=文

170 バサー新聞

174 早いモノ勝ち! セール&入荷情報

176 今月のほたるの光 村川勇介=文

177 願い。――熊本地震によせて―― 

178 編集後記

2016/4/22

<< 2016/4 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING