サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser最新号です。よろしくお願いします。

Basser最新号です。よろしくお願いします。

Basser編集部=写真と文
01
024 平岩孝典が流れに描く「S」 ジョインテッドクローが愛され続ける理由津留崎健=写真


02
016 日本の独創。WAVE COMES FROM FAR EAST


018 メイド・イン・ジャパンin USA 雨貝健太郎=写真・文
03

038 ワームのコラム① ヤマセンコー
04

032 フリックシェイク 誕生そして世界へ 金澤一嘉=写真・文
05

040 オカッパリで行こう! 第67歩@千葉県・高滝湖 関和学=文
06

046 ベイトフィネススペシャリスト・沢村幸弘が語る時流と必然
07

060  Basser+ 一昼夜漬け 免許仮伝! 沖田護のヘビダン道場
08



ほかにもまだありますが、このようなコンテンツで、日本で独自進化したバスフィッシングをテーマにお届けします!



084~ B.A.S.S. ELITE記事内より「ヤングガンの系譜」
09

072 JB TOP50 TOURNAMENT REPORT
098 フカシンガッツ フカシン応援団=写真
102 バスフィッシングは世界を救う! 森本明人(Electric Eel Shock)=文
103 B級ルアー列伝 Dab=文
103 釣り好き、モノ好き 西義則=写真・文
104  A HARD DAY’S NINJA ニンジャのハードな1日。 センドウタカシ=文
106 メジャクラコンビが西日本を跳ねるWEST WALKER 松本賢治=写真・文
108 復活! 成田紀明のボートバカ一代 成田紀明=写真・文
110 ファイト、ファイト、コジコジ! 小島宏=写真・文
112 イヨケンの今日もアメリカを夢見て。伊豫部健=写真・文
116 NEO田辺道場 Episode39:山梨県/西湖
大森忠明=写真、西義則=写真・文
124 モノの舞台裏 石川正勝=写真
126 Basser Best Buy 石川正勝=写真
128  News , Views & Reviews
130 今月の読者プレゼント。石川正勝=写真
140 Kota’s American Dream
アメリカかぶれ&懲りないオヤジ、アメリカで試合に出る(前編) 西義則=写真・文

147 バサー放課後の部室 金澤一嘉=構成
152 バサー新聞
160 KOTA KIRIYAMAのIf they can do it,I can do it! 桐山孝太郎=文
161 痴虫・松本のチム史 松本光弘=写真・文
161 釣りに行くヒマがあったら読む本 シルチョフ=文
162 すださんの利根川水系オカッパリ生活 須田昭博=写真・文
163 JUN’S JOURNAL 庄司潤=写真・文
164 魚のいる風景 田代俊一郎=写真・文
165 日釣振ニュース
166 旅するロッドプランナー 藤井伸二=文
167 風太郎のW.B.S.おもしろ人物伝 風太郎=文
168 はたらく船長 杉戸繁伸=写真・文
170 山木食堂闇鍋定食 山木一人=文
172 升先生の釣り人環境学 升秀夫・吉田幸二=文
174 早いモノ勝ち! セール&入荷情報
176 B情報局
178 編集後記



よろしくお願いします。

(ホリベ)

134 素人がトーナメントに出たらどうなる?
11

2012/5/24

<< 2012/5 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING