サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser最新号です。 よろしくお願いします!

Basser最新号です。 よろしくお願いします!

Basser編集部=写真と文
トップにいい季節になりました!

取材のタイミングからよく釣れていましたが、

「水温25℃前後の今(この号の発売時期)がトップの最盛期」と

話すアングラーがたくさんいました。

梅雨の素敵な釣りの参考にしてもらえたら幸せです。

1

Basser No.272
2014|8
Cover photograph by Ken Tsurusaki
Art direction by Haruhiko Takemoto


contents
021 Have a nice strike♪ 特集_ベストシーズンのトップウォーターゲーム
津留崎健=写真
022 1尾を1尾以上に昇華させるマジック拝見
荒井謙太が提唱するイマドキトップウォーターゲームの楽しみ方
津留崎健=写真 西義則=文
028 イヨケンのCar Top! Go Top! 第3回
トップウォーターを軸に組み立てるマッディーシャローのポストスポーン攻略法
036 痴虫松本 カラー白熱教室
水中カメラが見た痴虫ルアーでトップ系ルアーの色を考える 金澤一嘉=写真・文
038 ウッチーこと内山幸也さんが小型フロッグと小型バズベイトで本気釣り!in 琵琶湖
金澤一嘉=写真・文
043 アカシブランド明石光正、琵琶湖のトップウォーターゲーム 金澤一嘉=写真・文
048 北大祐 ヒッパレ! ダイスケ!
050 Surface Gamble 勝つためのトップウォーターゲーム
056 米国プロツアーのトップウォーター事情 雨貝健太郎=写真・文
060 ハードベイトオンリー大会・鋼派でトップで釣った人 金澤一嘉=文・写真

062 ヘドンで行こう 編集部員がヘドン&トップウォーター縛りで長門川へ

068 オギタ式。1泊2釣ルアゲーの旅 凸凸旅その53 茨城県霞ヶ浦
074 ヒロ内藤 ザラへの愛を語る 西義則=文
076 ルアービルダーという生き方 三浦修=文 福原毅=写真
078 スモールマウスのトップウォーターゲーム 渡部圭一郎×桧原湖
西義則=写真・文
082 NEO田辺道場 Episode62:山口県/小野湖 大森忠明=写真
092  A HARD DAY’S NINJA センドウタカシ=文
096 キニナルゲンバ 第21回 ルアーのスピードがキニナル
松本賢治=写真・文
098 成田紀明のボートバカ一代 成田紀明=写真・文
099 B級ルアー列伝 Dab=文
099 釣り好き、モノ好き 西義則=写真・文
100 ファイト、ファイト、コジコジ! 小島宏=写真・文
102 素人がトーナメントに出たらどうなる?
104 モノの舞台裏 石川正勝=写真
106 Basser Best Buy 石川正勝=写真
109 今月の読者プレゼント。石川正勝=写真
115 Stay Foolish,Stay FANTASTIC! #04 成田紀明&澳原潤×霞ヶ浦
118 利根川水系徹底攻略Vol.4 夏の霞ヶ浦・流入河川編
霞サマーのド定番ドライブスティック・バックスライドセッティングの威力
石川正勝=写真 風太郎=文
124 フカシンガッツ!
126 BASSMASTER ELITE SERIES 雨貝健太郎=写真・文 斎藤静吾=写真
140 大森貴洋 ON THE ROAD 雨貝健太郎=写真・文 斎藤静吾=写真
142 清水盛三のINTO THE ZONE
148 JB TOP50 TOURNAMENT REPORT
158 W.B.S. TOURNAMENT REPORT
160 TBC TOURNAMENT REPORT

165 バサー放課後の部室 金澤一嘉=構成
170 新連載_村川勇介 目指せリーマンプロの星!
172 小森嗣彦 小森ノート
174 砂浜で生まれるロマンス 釣りコン参加レポート
176 山木食堂闇鍋定食 山木一人=文
178 KOTA KIRIYAMAのIf they can do it,I can do it! 桐山孝太郎=文
179 痴虫・松本のチム史 金澤一嘉=写真、松本光弘=文
179 釣りに行くヒマがあったら読む本 シルチョフ=文
182 旅するロッドプランナー 藤井伸二=文
183 日釣振ニュース
184 升先生の釣り人環境学 升秀夫・吉田幸二=文
186 バサー新聞
190 早いモノ勝ち! セール&入荷情報
192 B情報局
194 編集後記

編集部で“ヘドンのトップ縛り”で長門川(利根川の支流)へ行ってきました。
2
バドでイレグイ!

ダイイングフラッター、クレイジークローラーでも釣れました。

レンタルボートは北総マリンを利用すると長門川が目の前です(というか長門川の最下流に北総マリンがあります)。

時期がいいこともありますが、パッと見でよさ気なところ(川が曲がってるとか、デカいシェードがあるとか、エビや小魚がピチッてるとか)でバドを巻くだけでポン!

夕マヅメの30分で4発も出たりとか、編集部の“一部の人間”はかなりいい釣りができました。

誰が“一部”で、誰が“その他”なのかは誌面で。

(ホリベ)

2014/6/23

<< 2014/6 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…
つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…

最新号 2018年9月号

「自分らしさ」をボックスの中に表現しよう!

ボックスとタックルの整理術を大特集!
ボックスには、アングラーそれぞれのスタイルや考え方が色濃く反映されます。
今号では、ただ「誰のボックスに何が入っているのか」ではなく、そのセレクトの裏側や整理術に焦点を当てました。
巻頭では、国内で数々のタイトルを手にしてきたトップトーナメントアングラーである、青木大介さんと北大祐さんそれぞれのボックスに見るスタイルの違いに迫ります。
折金一樹さんは編集スタッフのボックスを独自の理論をもとに断捨離、そして再構築。釣果につながる方法論が次々飛び出し、Dr.オリキンのオペを受けた患者が直後のH-1で何と……!!
さらに、川村光大郎さんはオカッパリにおけるルアーセレクトと収納術を、伊藤巧さんはレンタルボートのスペースを最大限生かすために突き詰めたセッティングを公開。
プロアングラーだけでなく、霞ヶ浦と亀山湖に通うアングラーのリアルな持ち物を現地特派員がチェック!!
読んでタックル整理を楽しむだけでアラ不思議の釣果アップ!!(※当社比) 異色にして必読の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING