サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser最新号です。 よろしくお願いします!

Basser最新号です。 よろしくお願いします!

Basser編集部=写真と文
トップにいい季節になりました!

取材のタイミングからよく釣れていましたが、

「水温25℃前後の今(この号の発売時期)がトップの最盛期」と

話すアングラーがたくさんいました。

梅雨の素敵な釣りの参考にしてもらえたら幸せです。

1

Basser No.272
2014|8
Cover photograph by Ken Tsurusaki
Art direction by Haruhiko Takemoto


contents
021 Have a nice strike♪ 特集_ベストシーズンのトップウォーターゲーム
津留崎健=写真
022 1尾を1尾以上に昇華させるマジック拝見
荒井謙太が提唱するイマドキトップウォーターゲームの楽しみ方
津留崎健=写真 西義則=文
028 イヨケンのCar Top! Go Top! 第3回
トップウォーターを軸に組み立てるマッディーシャローのポストスポーン攻略法
036 痴虫松本 カラー白熱教室
水中カメラが見た痴虫ルアーでトップ系ルアーの色を考える 金澤一嘉=写真・文
038 ウッチーこと内山幸也さんが小型フロッグと小型バズベイトで本気釣り!in 琵琶湖
金澤一嘉=写真・文
043 アカシブランド明石光正、琵琶湖のトップウォーターゲーム 金澤一嘉=写真・文
048 北大祐 ヒッパレ! ダイスケ!
050 Surface Gamble 勝つためのトップウォーターゲーム
056 米国プロツアーのトップウォーター事情 雨貝健太郎=写真・文
060 ハードベイトオンリー大会・鋼派でトップで釣った人 金澤一嘉=文・写真

062 ヘドンで行こう 編集部員がヘドン&トップウォーター縛りで長門川へ

068 オギタ式。1泊2釣ルアゲーの旅 凸凸旅その53 茨城県霞ヶ浦
074 ヒロ内藤 ザラへの愛を語る 西義則=文
076 ルアービルダーという生き方 三浦修=文 福原毅=写真
078 スモールマウスのトップウォーターゲーム 渡部圭一郎×桧原湖
西義則=写真・文
082 NEO田辺道場 Episode62:山口県/小野湖 大森忠明=写真
092  A HARD DAY’S NINJA センドウタカシ=文
096 キニナルゲンバ 第21回 ルアーのスピードがキニナル
松本賢治=写真・文
098 成田紀明のボートバカ一代 成田紀明=写真・文
099 B級ルアー列伝 Dab=文
099 釣り好き、モノ好き 西義則=写真・文
100 ファイト、ファイト、コジコジ! 小島宏=写真・文
102 素人がトーナメントに出たらどうなる?
104 モノの舞台裏 石川正勝=写真
106 Basser Best Buy 石川正勝=写真
109 今月の読者プレゼント。石川正勝=写真
115 Stay Foolish,Stay FANTASTIC! #04 成田紀明&澳原潤×霞ヶ浦
118 利根川水系徹底攻略Vol.4 夏の霞ヶ浦・流入河川編
霞サマーのド定番ドライブスティック・バックスライドセッティングの威力
石川正勝=写真 風太郎=文
124 フカシンガッツ!
126 BASSMASTER ELITE SERIES 雨貝健太郎=写真・文 斎藤静吾=写真
140 大森貴洋 ON THE ROAD 雨貝健太郎=写真・文 斎藤静吾=写真
142 清水盛三のINTO THE ZONE
148 JB TOP50 TOURNAMENT REPORT
158 W.B.S. TOURNAMENT REPORT
160 TBC TOURNAMENT REPORT

165 バサー放課後の部室 金澤一嘉=構成
170 新連載_村川勇介 目指せリーマンプロの星!
172 小森嗣彦 小森ノート
174 砂浜で生まれるロマンス 釣りコン参加レポート
176 山木食堂闇鍋定食 山木一人=文
178 KOTA KIRIYAMAのIf they can do it,I can do it! 桐山孝太郎=文
179 痴虫・松本のチム史 金澤一嘉=写真、松本光弘=文
179 釣りに行くヒマがあったら読む本 シルチョフ=文
182 旅するロッドプランナー 藤井伸二=文
183 日釣振ニュース
184 升先生の釣り人環境学 升秀夫・吉田幸二=文
186 バサー新聞
190 早いモノ勝ち! セール&入荷情報
192 B情報局
194 編集後記

編集部で“ヘドンのトップ縛り”で長門川(利根川の支流)へ行ってきました。
2
バドでイレグイ!

ダイイングフラッター、クレイジークローラーでも釣れました。

レンタルボートは北総マリンを利用すると長門川が目の前です(というか長門川の最下流に北総マリンがあります)。

時期がいいこともありますが、パッと見でよさ気なところ(川が曲がってるとか、デカいシェードがあるとか、エビや小魚がピチッてるとか)でバドを巻くだけでポン!

夕マヅメの30分で4発も出たりとか、編集部の“一部の人間”はかなりいい釣りができました。

誰が“一部”で、誰が“その他”なのかは誌面で。

(ホリベ)

2014/6/23

<< 2014/6 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING