サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser最新号「特集:バスロッド/ひと振りの提案」、よろしくお願いします。

Basser最新号「特集:バスロッド/ひと振りの提案」、よろしくお願いします。

Basser編集部=写真と文
1

020[特集]バスロッド
ひと振りの提案


021 手仕事にっぽん
下町ロッド工場
2


028  THE TAKE BACK 田辺道場
“バスフィッシング”を求めて
~バスロッドにおけるバランスセッティングの重要性~


036 北 大祐「ショートレングス・コンセプト」と活用術
3


042 深江真一/リアルチョイス
4


046 藤田浩之/フェンウィック×Budd & Joey コラボモデルを語る
5


048 フェンウィック・ゴールデンウイングがフルモデルチェンジ

052 蘇れ、オレのサオ/ガイド交換編
6


056 レジン再考察
058 川村光大郎「1本のプロトタイプ」による勝利
7


060 アングラーの意志を託されたロッドたち
五十嵐誠のネコリグロッド
奥村哲史のジグヘッドロッド
木村建太のフロッグロッド
中村哲也のビッグベイトロッド
赤羽修弥のジャークベイトロッド
福島健のテキサスリグ&リーダーレスダウンショットロッド
吉田秀雄のディープクランクベイトロッド

074 スピラド・ブラッカートS63 FORTは
「冬の月曜日」に作られる

076 編集部対談:こんなグラスロッドが使ってみたい

080 スピナーベイトロッドについて9人に訊きました

084 編集スタッフが知りたい
ロッドのアレコレ訊いてきました
レツ:今年はパワースピンのムーブメントがくる!!
8
ホリベ:時代と「フィネスの定義」が変えてきたフィネススピンとバーサタイルスピンの在り方
ニシ:ソリッドティップチューンってどうなの?


カナザワ:ゲーリー・ルーミスさん謹製ブランクのノースフォークコンポジットとは?
9


ササキ:ロッドの“タッチ感”について教わりたい!
アライ:村川さん、6ft8inで統一しているのはなぜ?

100 オカッパリで行こう! 発進! B-TRUE
  エバーグリーンが手掛けるオカッパリブランド

104  Basser Best Buy

106 ファイト、ファイト、コジコジ!

108 ボートバカ一代

109  B級ルアー列伝

109 釣り好き、モノ好き

110 キニナルゲンバ 第37回 オカッパリのメタルジグがキニナル

112 A HARD DAY’S NINJA

118 ストームライダーはここがいい/高橋洋一の場合

120 モノの舞台裏

124 バスマスタークラシックへの知られざる道
JAPAN B.A.S.S. NATIONという夢の懸け橋

126  BASSMASTER ELITE SERIES
10


146 今月の読者プレゼント

150 升先生の釣り人環境学

152 山木食堂闇鍋定食

154  THE JAPAN ORIGINAL

156 小森ノート

158  バサー放課後の部室

163  KOTA KIRIYAMAのIf they can do it, I can do it!

164 B情報局

166 バスボートブランド“Bass Cat”が愛される理由。

168 痴虫・松本のチム史

169 旅するロッドプランナー

170 バサー新聞

174 早いモノ勝ち! セール&入荷情報

176 釣りに行くヒマがあったら読む本

176 日釣振ニュース

177 今月のほたるの光

178 編集後記

2016/1/25

<< 2016/1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING