サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

ビッグバドで4バイト1フィッシュ。さらに釣果を伸ばすには?

siteB担当アライのBasser最新号復習釣行

siteB担当アライ=文
budda
皆さんこんにちは。siteB担当のアライです。

さて、ただいまトップウォーター特集のBasser2018年7月号が発売中です! 

私アライも、今号を参考に千葉県・長門川に釣行してきました。5月26日の釣行から少し遅くなってしまいましたがこのときのようすをレポートします!

今回参考にしたのは北大祐さんによるビッグバド解説記事(75ページ)。北さんは記事のなかで「ブレードが発する音のリズムが一定になるように引き続けるのが大事」という旨を解説してくれています。そのためのコツも解説されていますのでぜひBasserにてご確認いただきたいです。

私もなるべく忠実に実践してみたのですが、4バイト1フィッシュという消化不良の結果に終わってしまいました。

この日を朝から振り返ってみると……

①出船直後にまずワンバイト。この魚はロッドに重みは乗ったものの、ファイト中にフックアウトしてしまいました。

②フックを新品に交換して再キャスト。直後にバイト! これは無事にキャッチすることができました。

buddb buddc 40㎝ジャストでした。時刻は5:50

③朝マヅメのうちにもうワンバイト。バドの後方にモワン!と出るだけのバイトだったため、フックアップしません。

朝7時を過ぎたころから北風が強まり水面が波立ち始めると、バドへの反応はピタリと止まってしまいました。

④なるべく風の当たらないスポットを選んで巻いてみたものの反応はなく、夕方4時ごろになってやっともう1バイト。しかし、これも後方にモワンと出るだけの反応で終わってしまいました。

思い返すと「バドを使うのは水面が静かなとき。波立っていると存在感が消されてしまうため出番ではない」という北さんの解説がピタリとあてはまっていました。大変面白い釣行だったのですが、これだけの反応を得ていながら1フィッシュだけというのはなんとも悔しい。

北さんに訊いてみた!


釣行後、この状況ではどうすればよかったのか、北さんに直接訊いてみました!

◆Q 波が出始めるとバドには反応がなくなってしまいました。どんなルアーにローテーションすればよかったのでしょうか?

北さん「反応がなくなってしまったのは、波によって水面のバドのアピールがかき消されてしまったか、バスの意識が水面に向かなくなってしまったという理由が考えられます。僕だったらシャローロールのようなスピナーベイトで水面直下をゆっくり引くか、水中でバスの興味を引けるフローティングジャークベイトを使うと思います」

◆Q バドの後方にモワン! と出るバイトにはどう対処すればいいですか?

北さん「ありがちですよね(笑)。そういうときは、バスがバドの動きについていけないコンディションなんだと思うんです。なので、たとえばハネモノ系のトップウォーターのような、さらに移動距離を抑えて誘えるルアーにチェンジするのがいいと思います」

お忙しいところアライの個人的な質問に答えていただきありがとうございました!

近々、ジャークベイトとハネモノトップも加えてリベンジしたいと思います!

アライ


 
表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。





2018/6/11

<< 2018/6 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING