サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

サイトフィッシングの究極バイブル DVD『Final Finesse -ファイナルフィネス-』

青木大介さんが今まで黙っていたすべてを公開

サイト・ビー=まとめ
finalfinesse02
6月、7月は一年のなかでもサイトフィッシングが最も楽しみやすい時期です。
サイトの釣りで上達を目指している方に絶対に見ていただきたいDVDを紹介します。
それは青木大介さん出演の『Final Finesse』。


青木さんを初めて取材したのは10年前のことでした。
以来、何度も取材をさせてもらいましたが、「解説するのはあまり好きではない」という印象がありました。
しかし、今作品のロケでその印象は大きく変わりました。
今まではJB TOP50で勝つことを最優先していたがゆえに、隠したいことが多すぎただけで、実は解説するのは嫌いじゃないのではないか……、と、そう思いました。
自分の釣りをこんなに楽しそうに説明する青木さんを見られる日がくるとは……!

このDVDは二部構成になっています。

第1部は七色貯水池でのサイト解説【ムシとネコがメイン】
第2部は霞ヶ浦でのフィネスとカバー攻略術解説

finalfinesse01
finalfinesse03
第1部で、最初のスポットに向かう際にいきなり金言が飛び出します。
「バスは●ではなく●につく」
編集後のチェックでこの言葉を聞いて鳥肌が立ちました。
これまで理解しきれていなかった青木さんの移動ルートやリズムにすべて説明がつくひと言であり、自分の釣りが大きく変わる言葉だったからです。
見ていただいた方にも感動してもらいたいのでネタバレしないよう伏字にさせていただきました。

そして釣りが始まると「バスの見つけ方」や「サイトで釣れる人と釣れない人の違い」「カベ落とし」などなどなど、超具体的なサイトで釣るための極意を次々としゃべってくれています。

ちなみにファイト中のバスがデカバスに食われそうになる映像や、青木さんの主観映像なども楽しめます。

国内のタイトルを獲りつづけてきた青木さんの強さの秘密がわかる1本になっています。
バスフィッシングの上達を目指している方にはぜひ買っていただきたいDVDです。
絶対に損はさせません!

 
青木大介DVD『Final Finesse -ファイナルフィネス-』


価格:本体3,800円+税
出演者:青木 大介
DVD-155分

2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのような輝かしい好成績を支えていたのが彼の最大の武器といえる繊細なテクニックを駆使した「フィネスフィッシング」だ。 本作は、そんな青木が渡米を機に日本のトーナメントで勝つためにこれまで多くを語らなかったフィネスフィッシングの核となる部分を包み隠さずすべて公開。2013年シーズンからTOP50における彼の戦いすべてを収録した人気シリーズ「シリアス」からの映像を交えつつ、七色貯水池と霞ヶ浦水系で実釣解説する。とくに多くのアングラーが知りたいムシを模したルアーでバスを誘う「ムシパターン」とネコリグの解説では彼の理論を裏付けるように次々とグッドコンディションのバスが宙を舞う! 昨今のタフコンディション化したフィールドでも彼のテクニックを駆使すればバスとの距離がぐっと近づくことは間違いない。




 

表紙をクリックすると試し読みができます

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。






2019/6/5

<< 2019/6 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年10月号

【今月の研究テーマ】
虫・カエル・ネズミ

小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING