サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

2018年H-1グランプリ開幕戦in津久井湖は北大祐選手が優勝!

ウイニングルアーはダブルインディアナブレードのスピナーベイト!

Basser編集部=写真と文
s__323895303
昨日はH-1グランプリ開幕戦in津久井湖でした。優勝は北大祐さん。ただひとり4kg超え!

難攻にして不落のイメージが強い津久井湖。水質はクリア気味。試合で選手100人超によるプレッシャー。

アピール控えめなルアーを投げたくなる状況だったと思います。しかし、北さんの選択はスピナーベイト。

それもダブルインディアナタイプの振動強めのモデル。ちなみにブレードは赤。

なぜそうしたのか?
質問責めにあってましたが、すべてに理由がありました。

メインの理由を要約すると「津久井湖はクリアだけど水が柔らかい。だから基本的に強いルアーが効く」というものでした。赤ブレードはリアクションをとるための色調変化をねらってのセレクト。

このあたり、5月末のBasserでのH-1レポートでは掘り下げまくる予定です!

そして、今出ている大森貴洋さん表紙の赤いBasser(2018年5月号p092~)には北さんのスピナベセレクト論と愛用スピナベ一覧が8pと大ボリュームで掲載されています。

s__323895303Basser2018年5月号p092~093

オールスターをスピナベで連覇し、H-1グランプリもスピナベで制した北さんにしか話せないスピナベトークは絶対に読んでもらいたい内容です。

H-1開幕戦は北さんの国宝級スピナーベイティングに触れられて最高でした。帰って興奮して寝られず赤い表紙のBasserの北さん記事読み直しましたが、またしても新しい発見がありさらに興奮した次第。

ちなみにわたくしササキの開幕戦はノーフィッシュ。それでもやっぱり最高なH-1グランプリでした。

ササキ

 
 
表紙をタップすると試し読みができます hyo1

  発売中のBasser5月号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。


2018/4/16

<< 2018/4 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING