サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

シャッドで2017年の釣り納め

ルアマガ&バサーのスタッフ9名で霞ヶ浦・マルトボートへ

Basser編集部=写真と文
s__277045251
ササキです。29日、霞ヶ浦へ釣り納めに行ってきました。

ここ3年、マルトボートに有志が集い石積みで巻いて釣り納める、というのが恒例になっているのです。

毎年8名くらいが参加し、釣るのは3、4名。1/3から1/2くらいの確率で魚に触れるという絶妙な確率であります!

ちなみに僕は2015年はクワセシャッドで1キロくらいの、去年はデコ。

今年はルアマガ&バサーのスタッフから9名が集まりました。僕はルアマガ編集部のデストロイ福重さんと同船。

今年の釣り納めはジャークベイトかなー、と、2月くらいから決めていたのですが、直前のBasser特集がシャッドだったので、1日シャッドをやることに。

実は特集の一環の検証企画で12月中旬にもマルトに行っていたのですが、そこで面白い結果が出たのでいろいろ試してみたかったんです。これまで、冬のシャッドの引き方は「なんとなくこんな感じ」と自分のなかで決まっていたのですが、それをガラリと変えてみようかと。くわしくはBasserを読んでいただければ嬉しいです! 冬の中層高速引きってどーなのよ? という記事でございます。

出船してマルト前を流して「うっ!」と声が。ワカサギが来てる! 玉がコンスタントに映り、水中ではバスが目の色を変えていることは間違いなく、ルアーの身の安全が危ない感じ。

当然、ドスン! ドスン! とバイトが続きます。正体は性悪なキャットフィッシュ。おそらくはバスと僕のシャッドを奪い合った結果、タッチの差で勝利したと思われます。

とかやってたらバスは釣れぬまま正午。LINEを見るとルアマガ松島さんとライター金澤さんが釣ってる! しかもデカ! ルアーはTDミノーロングビルとログ。かっこええ。

s__277045254
s__277045255
我々は一度は花室川方面の石積みをやったものの、マルト前のワカサギ映像が頭から離れずバック。

朝はシャッドラップ5とスピンムーブ、ポインター65で流したところをギヤを落としてTDシャイナー1051Gに。

んで、沖の杭にポイッと投げてシレーッとただ巻きしたらズドンと来ました。上がってきたバスは立派な45cmクラス。シャッド丸呑み!

s__277045252
このあとはTDシャイナーに刻まれた歯型をうっとり眺めていたら帰着時間になってしまいました。

結局今年は9名中3名がバスをキャッチ。来年もマルトで笑えるよう一年間釣りに仕事に真摯に取り組む所存です!

ササキ


 
表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。
 通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。
 また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。
 不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。
 新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。
 そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。


2017/12/30

<< 2017/12 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING