サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

2017年JB TOP50最終戦、暫定リーダーは関和学選手

青木大介選手は年間暫定首位をキープ!

Basser編集部=文
jbn JB/NBC公式サイトより

JB TOP50最終戦、初日は中止になりましたが、今日は無事競技ができました。

Basser取材班が同船した青木大介選手は苦しい苦しい一日でしたが、なんとかバスを手にし年間暫定首位キープ!

最終戦の暫定リーダーは関和学選手。

明日の競技がどうなるかは未定です。風次第。


 
 

JB TOP50を戦う青木大介選手に完全密着したDVDシリーズ!


SERIOUS 10 2016 JB TOP50参戦記 5th STAGE編

DVD-130分

2016年度JB TOP50最終戦の舞台は霞ヶ浦水系。初日は完全にバスを見失ってしまった青木だったが、2日目以降に怒涛のラッシュを魅せる! 今回は北大祐にも同船。2度目の年間タイトル奪取を目前にした北はプレッシャーを感じつつも試合に集中することだけを考えて本戦に挑む。

 


青木大介 SERIOUS Ⅺ 2017 JB TOP50参戦記 1st & 2nd STAGE編
DVD-165分


2017年初戦の舞台は福岡県遠賀川。青木自身「かなり苦手意識が強い」と言うように今年も大苦戦を強いられる。青木はこの苦境をいかにして乗り切ったのか―。見事優勝した第2戦の舞台は広島県と山口県の県境に位置する弥栄湖。得意の虫パターンで好スタートを切った青木だったが、日を追うごとにパターンに陰りが見え始めていた。2位の三原選手とは約1kg差。決してセーフティーリードとは言えない展開の最終日、青木はどのようにしてバスを手にしていったのか。

 

 

青木大介がタックル2本に限定し、霞ヶ浦、西湖、亀山湖、相模湖、琵琶湖南湖を攻略。2タックルの可能性と限界を解説しながら、創意工夫とアイデアによって釣果を伸ばす方法をリアルに紹介!

 

タックル2本のバスフィッシング

著者:青木 大介

  
 

2017/10/21

<< 2017/10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2021年1月号

【特集】経験を重ねた者たちのバスフィッシング観

 バスフィッシングに長い年月、あるいは密度濃く関わってきた人たちのバスフィッシング観を特集した1冊です。
 幾多の名作を生み出してきたルアービルダー・西根博司さん、ハードベイトを投げ倒してきたプロガイド・佐藤信治さん、そして年間300日以上フィールドに繰り出す藤田京弥さん、青木唯さん、北田朋也さん……。経験を重ねるなかで見えてきた、彼らしか知らないこと。そのエッセンスを、読者の皆さんが実際の釣りに役立てられる形で数多く紹介しています。
 第2特集は「見つめ直すナイロンライン」。
 フロロカーボンが主流となっている近年のバスフィッシングシーンにも確実に存在するナイロンラインの出しどころを、エキスパートたちが解説します。巻きモノやトップウォーターはもちろん、ワーミングでの活用術から伸度別の使い分けまで、ナイロンラインだからこそ獲れるバスがいることがわかる内容です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING