サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

2017年JB TOP50最終戦、初日は中止が決定

年間レースは波乱の予感……

Basser編集部=文
nbc JB/NBC公式サイトより


本日より3日間、霞ヶ浦にて行なわれる予定だったJB TOP50最終戦、初日は強風の影響を考慮し中止が決定しました。

明日は朝通常どおり集合し、状況を見て競技の可能不可を判断するとのこと。

現時点でさまざまな可能性が考えられます。

3日間とも中止。

2デイ開催。

ワンデイ開催。

ワンデイ、しかも短時間開催。

運営によると、上記のような選択肢が考えられるとのこと。すべては風次第。

重要なのはこれが最終戦であるということ。年間レースに与える影響は甚大です。

現時点で年間首位は青木大介選手。2位今江選手との差は27ポイント。

青木選手が28位以下になった場合、今江選手の順位次第で逆転の可能性があるということです。

たとえば青木選手が35位だとして、今江選手が5位なら逆転。

戦前、青木選手はこう言っていました。「ここまできたら年間タイトルは獲って当たり前」、と。

実際、青木選手が二日間の予選で31位以下になり予選落ちとなることは過去5年で1度しかないことを考えると、逃げ切りの可能性は極めて高いと見ていました。

しかし。

もし最終戦がワンデイや短時間競技となると、波乱が起きる可能性は高まると考えられます。

2日続けて外すことはまずない青木選手ですが、1日は下位に沈むこともあります。

いったいどうなるのか……。

この最終戦、青木選手にはBasser記者と動画班が密着予定。

年間タイトルへの道は一転して荒れたオフロードと化しました。戦いの行方を見届けてきます。


 
 

JB TOP50を戦う青木大介選手に完全密着したDVDシリーズ!


SERIOUS 10 2016 JB TOP50参戦記 5th STAGE編

DVD-130分

2016年度JB TOP50最終戦の舞台は霞ヶ浦水系。初日は完全にバスを見失ってしまった青木だったが、2日目以降に怒涛のラッシュを魅せる! 今回は北大祐にも同船。2度目の年間タイトル奪取を目前にした北はプレッシャーを感じつつも試合に集中することだけを考えて本戦に挑む。

 


青木大介 SERIOUS Ⅺ 2017 JB TOP50参戦記 1st & 2nd STAGE編
DVD-165分


2017年初戦の舞台は福岡県遠賀川。青木自身「かなり苦手意識が強い」と言うように今年も大苦戦を強いられる。青木はこの苦境をいかにして乗り切ったのか―。見事優勝した第2戦の舞台は広島県と山口県の県境に位置する弥栄湖。得意の虫パターンで好スタートを切った青木だったが、日を追うごとにパターンに陰りが見え始めていた。2位の三原選手とは約1kg差。決してセーフティーリードとは言えない展開の最終日、青木はどのようにしてバスを手にしていったのか。

 

 

青木大介がタックル2本に限定し、霞ヶ浦、西湖、亀山湖、相模湖、琵琶湖南湖を攻略。2タックルの可能性と限界を解説しながら、創意工夫とアイデアによって釣果を伸ばす方法をリアルに紹介!

 

タックル2本のバスフィッシング

著者:青木 大介

  
 

2017/10/20

<< 2017/10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2021年1月号

【特集】ワカサギとニッポンのバス釣り

今号では、日本のバスフィッシングを語るうえで欠かせないベイトフィッシュ、「ワカサギ」を特集しています。
その実態に迫るべく、各地で実釣取材を敢行。霞ヶ浦や琵琶湖などのビッグレイクから、亀山湖や津久井湖などの関東メジャーリザーバー、はてはワカサギフィールドとしては未知の池原貯水池まで、それぞれのフィールドのエキスパートによる個性的かつ有効なワカサギパターンが紹介されています。
さらに、ワカサギの増殖に関わる方や漁師への取材を通してその生態にも迫っており、より多角的にワカサギについての理解を深めることができる一冊になっています。
そのほか、大森貴洋さんや伊藤巧さんらが活躍するアメリカのトーナメントレポートや、「1尾釣ったら即、取材終了」のドキュメンタリー新企画「THE FIRST FISH」なども見逃せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING