サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

2017年JB TOP50最終戦、初日は中止が決定

年間レースは波乱の予感……

Basser編集部=文
nbc JB/NBC公式サイトより


本日より3日間、霞ヶ浦にて行なわれる予定だったJB TOP50最終戦、初日は強風の影響を考慮し中止が決定しました。

明日は朝通常どおり集合し、状況を見て競技の可能不可を判断するとのこと。

現時点でさまざまな可能性が考えられます。

3日間とも中止。

2デイ開催。

ワンデイ開催。

ワンデイ、しかも短時間開催。

運営によると、上記のような選択肢が考えられるとのこと。すべては風次第。

重要なのはこれが最終戦であるということ。年間レースに与える影響は甚大です。

現時点で年間首位は青木大介選手。2位今江選手との差は27ポイント。

青木選手が28位以下になった場合、今江選手の順位次第で逆転の可能性があるということです。

たとえば青木選手が35位だとして、今江選手が5位なら逆転。

戦前、青木選手はこう言っていました。「ここまできたら年間タイトルは獲って当たり前」、と。

実際、青木選手が二日間の予選で31位以下になり予選落ちとなることは過去5年で1度しかないことを考えると、逃げ切りの可能性は極めて高いと見ていました。

しかし。

もし最終戦がワンデイや短時間競技となると、波乱が起きる可能性は高まると考えられます。

2日続けて外すことはまずない青木選手ですが、1日は下位に沈むこともあります。

いったいどうなるのか……。

この最終戦、青木選手にはBasser記者と動画班が密着予定。

年間タイトルへの道は一転して荒れたオフロードと化しました。戦いの行方を見届けてきます。


 
 

JB TOP50を戦う青木大介選手に完全密着したDVDシリーズ!


SERIOUS 10 2016 JB TOP50参戦記 5th STAGE編

DVD-130分

2016年度JB TOP50最終戦の舞台は霞ヶ浦水系。初日は完全にバスを見失ってしまった青木だったが、2日目以降に怒涛のラッシュを魅せる! 今回は北大祐にも同船。2度目の年間タイトル奪取を目前にした北はプレッシャーを感じつつも試合に集中することだけを考えて本戦に挑む。

 


青木大介 SERIOUS Ⅺ 2017 JB TOP50参戦記 1st & 2nd STAGE編
DVD-165分


2017年初戦の舞台は福岡県遠賀川。青木自身「かなり苦手意識が強い」と言うように今年も大苦戦を強いられる。青木はこの苦境をいかにして乗り切ったのか―。見事優勝した第2戦の舞台は広島県と山口県の県境に位置する弥栄湖。得意の虫パターンで好スタートを切った青木だったが、日を追うごとにパターンに陰りが見え始めていた。2位の三原選手とは約1kg差。決してセーフティーリードとは言えない展開の最終日、青木はどのようにしてバスを手にしていったのか。

 

 

青木大介がタックル2本に限定し、霞ヶ浦、西湖、亀山湖、相模湖、琵琶湖南湖を攻略。2タックルの可能性と限界を解説しながら、創意工夫とアイデアによって釣果を伸ばす方法をリアルに紹介!

 

タックル2本のバスフィッシング

著者:青木 大介

  
 

2017/10/20

<< 2017/10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING