サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

川村光大郎さんの優勝劇

2017年グラチャン第3戦を制したキャロのミリ引き

Basser編集部=写真と文
1 2017年6月11日のグランドチャンピオンシップには107名が参加。川村光大郎さんと折金一樹さんがゲスト参戦


さる6月11日、霞ヶ浦でW.B.S.トーナメントが開催されました。

そのW.B.S.会場の土浦新港で同時開催されたのがオカッパリ大会のグランドチャンピオンシップ。エリアは土浦新港内。参加人数は100名超!

今回は川村光大郎さんと折金一樹さんもゲスト参戦。実はこのふたり、若かりしころにグラチャンにずっと参戦し腕を磨いていたのです。

2 出るからには本気! の川村さん。護岸際でマイクロピッチシェイク中

そして! 今回のグラチャンを制したのは川村さんでした。100名以上出てるのに勝っちゃうなんてやっぱり凄すぎる……。

幸いにもヒットシーンを拝めたのでそのようすをお伝えします。

スタートからガチで釣っていた川村さんでしたが、狭いエリアに100名以上がいるのでさすがにバイトは遠く苦戦。残り30分になってもノーバイトでした。

川村さんが最後に選んだのはスロープ。イナッコが溜まっていました。

ルアーはビビビバグ。リグはライトキャロ。スピニングタックルです。

そしてラスト10分。それまで普通の探りを入れていた川村さんでしたが、アタリがないので引き方を変更。「すごく細かいストップ&ゴー」に切り替えました。数センチ引いては止め、の繰り返しで、本人は「ミリ引き」とも表現していました。

3 ラスト10分、かつてのフェバリットスポットだというスロープ角で川村さんが掛けた!

4 浮上してきたバスは余裕の1kgアップ!

5 ビビビバグのライトキャロでキャッチしたのは1335g!

6 結果は優勝!

そして食ってきたのが1300g超のビッグフィッシュ。結果は優勝でした。

川村さんが釣ったスポットには周囲20mに10人近い選手がいました(新港に100名以上ですからこの距離感になります)。それでもビッグフィッシュを反応させたミリ引き。そして土壇場でそのアクションを選んだ川村さん。すべてが凄すぎなヒットシーンでした。

ササキ

7 参加者の子どもに手ほどきする川村さん

8 大会終了後は川村さんと折金さんのトークショーも行なわれた












2017/6/15

<< 2017/6 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING